« 2014/05/10 Sat *穴だらけ / John Lee Hooker | トップページ | 2014/05/12 Mon *蒼い影 / Junior Wells »

2014/05/11 Sun *前へ・・・かな / Bo Diddley

20140511gobodiddley


なんか。
ふと。
話したくなって。
来てみたんだ。
みたんだけど。

なんか。
そうだな。
話さなくても。
いいのかな。
いいんだろうな。

会いたかった。
ただ。
それだけ。
確かめたかった。
そう。それだけのこと。

笑顔を。
思い浮かべれば。
声を。
思いだせば。
答えなんて必要ない。

『Go Bo Diddley』'59年リリース。
ジャングル・ビートの王者、ボ・ディドリーの2ndアルバム。
まぁ、この時代はシングル盤用の録音が主体で。
ヒット曲が出て。録音が溜まったらアルバムとして世に出してたと。
そういう意味では1stの『Bo Diddley』に続く2枚目のベスト・アルバムってとこでしょうか。
それにしてもこのチェックの上着に蝶ネクタイ。赤いギターがなんともいいなぁ。
A面1曲目がストーンズもカヴァーした「Crackin' Up」って時点で。もう御機嫌そのもの。
あの独特のビートに乗りまくったインストもあったりして。いやぁ、堪りません。
このアルバム(に限りませんが)に針を落として。踊りたくならない人なんて存在するのかな。
ほんとに。このボってのも。ワン・アンド・オンリーな存在なんだなと思わされます。
(一説には。ジョン・リー・フッカーを観て。この世界に入ったなんて話もあるみたいですが)
で、とことん陽気に踊らせてくれるボではありますが。特にこのアルバムとかを聴くと。
そのベースには当然と言えば当然ですがブルースがあって。その色濃さに驚いたりもします。
完璧なシカゴ・ブルース・スタイルのナンバーもあって。これがまたいいんですよねぇ。
どうしても忘れちゃうし。敢えてボもそうしてたんだろうけど。心にはいつもブルースがあって。
その上で。唯一無二の存在になる為に。前に進む為に。進み続ける為に。
ジャングル・ビートで皆を踊らせて、自分も踊ってたんだろうなと。しかし凄いよな。
これだけのブルースがやれるのに。忘れさせちゃうんだからな。大好きだなぁ。ボ・ディドリー!

なんか。
ふと。
尋ねたくなって。
来てみたんだ。
みたんだけど。

なんか。
そうだな。
来れただけでも。
いいのかな。
いいんだろうな。

来たかった。
ただ。
それだけ。
決めたかった。
そう。それだけのこと。

笑顔を。
思い浮かべれば。
声を。
思いだせば。
答は最初から一つだけ。

どんな。
形でも。
どんな。
道でも。
そう思うなら。

どんな。
やり方でも。
どんな。
歩き方でも。
そう感じるなら。

他人と。
異なろうが。
他人が。
どうしようが。
そう決めたなら。

前へ・・・かな。

えっ?
なに?
あぁ。
そうだね。
そうだったね。

前へ・・・だね!



web拍手 by FC2

|

« 2014/05/10 Sat *穴だらけ / John Lee Hooker | トップページ | 2014/05/12 Mon *蒼い影 / Junior Wells »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/59644883

この記事へのトラックバック一覧です: 2014/05/11 Sun *前へ・・・かな / Bo Diddley:

« 2014/05/10 Sat *穴だらけ / John Lee Hooker | トップページ | 2014/05/12 Mon *蒼い影 / Junior Wells »