« 2014/06/02 Mon *去りゆくもの / T. Rex | トップページ | 2014/06/04 Wed *騙し騙され / Mott The Hoople »

2014/06/03 Tue *狂気に囚われているのは / David Bowie

20140603aladdinsaneukorg


狂っているのは。
歪んでいるのは。
どっちなんだろうね。
俺か。
社会か。

狂って見えるのは。
歪んで見えるのは。
どっちなんだろうね。
俺なんだろうな。
社会からすればね。

正しいとも。
まともだとも。
思いはしないが。
狂っているのなら。
歪んでいるのなら。

それはそれで。
構いもしないのだが。
そもそも。
狂気とはなんなんだ。
測れるものなのか。

『Aladdin Sane』'73年リリース。
デヴィッド・ボウイの6枚目のアルバム。
このボウイのメイクはナショナルの炊飯器のマークがヒントだとか。
こんな毒々しいマークが炊飯器にとも思いますが。当然手は加えてるんだろうな。
バックはミック・ロンソンを始めとするスパイダース・フロム・マースが引き続き務めていて。
キーボードのマイク・ガーソンが参加したのはこのアルバムからだったっけな。
アルバム・タイトルは“A Land Insane”つまりは“狂気の国”のもじりだと思ってたんですが。
他にも色々候補があって。なんだかんだで。このタイトルに決まったらしいですね。
どうなんだろう。それなりにコンセプトはあったんでしょうが。『Ziggy Stardust』ほどキッチリはしてなくて。
そのぶん。それぞれのナンバーがそれぞれの色を持っていて。その多彩さが面白いかなと。
「Panic In Detroit」とか「Time」とか「The Jean Genie」とか。好きなんですよねぇ。
そう言えば。このアルバムの制作中に解散状態だったモット・ザ・フープルに手を差し伸べたのかな。
それで最初は「The Jean Genie」を提供しようとしたら断わられて(おいおい助けて貰う側だろうに・・・)。
で、「All The Young Dudes」を提供したのかな。今となっては「The Jean Genie」抜きには考えられませんが。
後ね。「Let's Spend The Night Together」のカヴァーね。これがまたね。
なんか歪んで揺らめくイントロからしてカッコいいんですよね。ボウイのセンスの勝利だよなぁ。
常に境界線に立って。その上を歩んで。そこから問いかけを発している様なボウイ。
見えてるもの、聴こえてるもの、感じているもの。それはどちら側なんだいってね。その挑発が好きなのかな。

狂っているのは。
歪んでいるのは。
お互い様なんだろうね。
俺も。
社会も。

狂って見えるけどね。
歪んで見えるけどね。
俺からすればね。
あなた方がご大層に仰る。
社会とやらも相当にね。

正しくありたいとも。
まともでありたいとも。
誰かに決められるくらいなら。
狂っていたいかな。
歪んでいたいかな。

それはきっと。
赦されはしないのだろうが。
そもそも。
狂気とはなんなんだ。
測れるものなのか。

狂ってる。
歪んでる。
狂気。
誰が決めるんだ。
誰かに決められるのか。

そんなことを。
思ってる。
考えてる。
その段階で。
狂気に囚われているのかもね。

だとしたら。
その狂気の中にいるほうが。
よっぽど。
心地良いな。
まともでいられるな。

俺の目に映る。
俺の耳に聴こえる。
俺の肌が感じる。
社会とやらは。
世界とやらは・・・

狂気に囚われているのは。

どっちなんだろうね。



web拍手 by FC2

|

« 2014/06/02 Mon *去りゆくもの / T. Rex | トップページ | 2014/06/04 Wed *騙し騙され / Mott The Hoople »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/59766971

この記事へのトラックバック一覧です: 2014/06/03 Tue *狂気に囚われているのは / David Bowie:

« 2014/06/02 Mon *去りゆくもの / T. Rex | トップページ | 2014/06/04 Wed *騙し騙され / Mott The Hoople »