« 2014/06/26 Thu *待たないのであれば / The Rolling Stones | トップページ | 2014/06/28 Sat *待ちながら / Van Morrison »

2014/06/27 Fri *ドンと構えて / Jess Roden

20140627jessroden


ドンと構えて。

慌てず。
騒がず。
やがて来る。
報せを。
待てばそれでいい。

どんな結果でも。
どっちに転んでも。
受け止めて。
対応できる。
それだけのものは持っている。

そうだろう。
それだけの。
経験は。
修羅場は。
してきた。くぐってきた。

その実。
少しは不安でも。
素知らぬ顔して。
大丈夫って思ってりゃいい。
それでいい。

ドンと構えて。

『Jess Roden』'74年リリース。
ブリティッシュ・ブルー・アイド・ソウル・シンガー、ジェス・ローデン。
フランキー・ミラーやロバート・パーマーと並び称された。
ポール・コゾフやポール・ロジャースからも愛された。そんなローデンの1stソロ・アルバム。
バッツ・バンドとか、何とか。バンドを組んだり、加入したり。でもどれも商業的成功には至らず。
ついに満を持してソロとして活動を開始したと。で、ニューオーリンズへ渡って録音してと。
プロデューサーはご存じアラン・トゥーサンで。おやおやと。ミラーもパーマーも同じことやってたなと。
まぁ、音楽的志向が似てれば。目指すところ、やるところも自然と似通ってくるってとこですかね。
ローデンって。実はあまりブルースの匂いはしない人で。本当にソウルがすきなんだろうなってのが。
その歌声からも伝わってくるのですが。そこがね。その洗練されてもいるところが。
日本なんかでは受けなかった理由かも。日本人はブルースっぽい黒さがある歌声が好きだからねぇ。
ニューオーリンズの水があったのか、トゥーサンとの相性が良かったのか。実にいい感じで。
トゥーサン配下のバックのサウンドとも実に息の合ったところを聴かせてくれるローデンです。
ところが何故かA面だけニューオリンズ録音で。B面は英国録音なんですよね。
ローデンの意向だったのか、レコード会社の指示だったのか。ちょっと勿体ないなって気もします。
否、B面の英国録音も悪くは無くて。不思議なもんで。ローデンの歌声にも英国の香りが漂っていて。
それはそれでまた魅力的なんですけどね。ニューオリンズ録音で1枚通しても面白かったのになと。
まぁ、そんなこと関係ないぜと、俺は俺だと。ドンと構えてる、ジャケットのローデンの面構えも好きですけど。

ドンと構えて。

焦らず。
急かさず。
やがて来る。
報せを。
聞けばそれでいい。

どんな結論でも。
どっちになっても。
引き受けて。
対処する。
それだけのものは持っている。

そうだろう。
それだけの。
変遷を。
回り道を。
経てきた。してきた。

その実。
かなり不安でも。
顔には微塵も出さずに。
大丈夫と思わせておけばいい。
それでいい。

ドンと構えて。

その実。
報せの遅さに。
少しだけ。
胸が騒いでも。
素知らぬ顔で。

まぁ。
どっちでも。
いいんじゃんと。
少しだけ掌に力を込めて。
膝の震えを抑えこめばいい。

転がってきた。
蹲っても。
その度に。
何とか。
しがみついてでも立ち上がってきた。

その。
景観を。
その。
修羅場を。
思えば。

俺は俺で。
最後は何とかなる。
何とかする。
関係ないぜと。
嘯いてればいい。

ドンと構えて。

それにしても。報せは未だかいな(苦笑)。



web拍手 by FC2

|

« 2014/06/26 Thu *待たないのであれば / The Rolling Stones | トップページ | 2014/06/28 Sat *待ちながら / Van Morrison »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/59903428

この記事へのトラックバック一覧です: 2014/06/27 Fri *ドンと構えて / Jess Roden:

« 2014/06/26 Thu *待たないのであれば / The Rolling Stones | トップページ | 2014/06/28 Sat *待ちながら / Van Morrison »