« 2014/07/17 Thu *足が向くのは / Marianne Faithfull | トップページ | 2014/07/19 Sat *力、働く / Ann Cole »

2014/07/18 Fri *チャンスがある限り / John Lennon

20140718shavedfishukorg


戦況は。
圧倒的に。
不利。
打開策など。
無いに等しく思える。

思える。
それでも。
蟻の這い出る隙間でも。
何でも。
見つけられるものであれば。

諦めるわけにも。
いかないいんだよな。
諦めたら。
そこで終わりだかんな。
そいつはちと流儀に反するかな。

勝てる見込みなど。
万に一つもありゃしねぇけど。
百万に一つでもあるんであれば。
そいつに賭けずに。
白旗上げるってのはなぁ、許されないんだよな。

チャンスがある限り。

『Shaved Fish』'75年リリース。
ジョン・レノンの初めてのベスト・アルバム。
亡くなってから。一時期はそれこそ雨後の竹の子の様に。
何だか。どんだけってくらいにベスト・アルバムが編集されて。
ジョンの歌が世の中に知られる、広がってくのはいいんだけど。
どこのどいつがその利権を貪ってんだよと。だんだん食傷気味になったっけな。
このアルバムが唯一、ジョンの生前に編集されたジョン自身が関わったベスト・アルバム。
全12曲と曲数も少ないので。今はあまり顧みられないのだろうけど。
ジョンが、自分で関わった。この事実は重いんだな。他のベスト・アルバムとは意味が違うんだな。
A面頭とB面の最後に「Give Peace A Chance」が配されてる。ジョンが時代をどう捉えていたか。
このアルバムの後、主夫として沈黙の季節に入ったジョン。そのまま引退してしまう可能性もあったし。
復帰後のインタビューで。'70年代は酷い時代だった'80年代は良い時代、人々の時代にしていこうみたいな。
そんなことを語った直後に殺されちまったジョン。そんなジョンが選曲し編集したアルバムが。
そのジョンが「Give Peace A Chance」で始まり、「Give Peace A Chance」で終わってる事実。
このアルバムが遺された意味を。いま、この時代に生きる者として。考えずにはいられないんだよな。
一部の。ジョンを愛と平和の使者みたいに祀り上げてる奴等は大嫌いなので。
そんな連中には「Cold Turkey」や「Mother」を耳の穴をかっぽじってよく聴けよと言ってやりたいけどね。
まぁ。いい。ジョンの歌声を聴いてきたんだろ。ジョンと共に歩んできたんだろ。ジョンに背中蹴飛ばされたんだろ。
だったら。そうなんだよ。黙ってるわけには。諦めちまうわけにはいかないんだな。ジョンを聴いちまったんだから。

戦局は。
絶望的に。
不利。
打開策など。
何処にもありゃしない。

ありゃしない。
それでも。
水滴の漏れる穴でも。
何でも。
何が何でも見つけなきゃならない。

諦めるわけには。
いかないいんだよな。
諦めたら。
そこで終わりだかんな。
そいつはちと矜持に反するかな。

勝てる見込みなど。
99.9999999999%ありゃしねぇけど。
100%でないのであれば。
そこに賭けもせずに。
撤退して逃げ出すってのはなぁ、許してくれないんだよな。

チャンスがある限り。

何でもいい。
どんな手でも。
どんなやり方でも。
いいから。
やれること。やらねぇと。

顔向けができねぇ。
面を出すことができねぇ。
否、違うな。
まだ今のままじゃ。
面を出しにいけねぇんだな。恥ずかしくて。

何を聴いてたんだ。
誰と歩んできたんだ。
誰が蹴飛ばしてやったんだ。
そんなこと言われたくねぇもんな。
そいつはロックンロールじゃねぇじゃん。

ブレーキの壊れたダンプカー。
暴走して。衝突して。爆発して。
それで終わり。終りかもしれねぇが。
だとしたら。タイヤにしがみつくくらい。
だとしても。荷台に飛び乗ってひっくり返すくらい。

チャンスがある限り。
ほんの僅かでも。
ほんとうに。本当に。僅かでも。
可能性に賭けてからでなけりゃ。
面もだせねぇんだよなぁ。カッコ悪くて。

ジョン・レノンを聴くってのは。
ジョン・レノンを好きだって言うのは。
それくらい。
それほどに。
覚悟がいるんだぜ。わかってんのかなぁ・・・

チャンスがある限り。



web拍手 by FC2

|

« 2014/07/17 Thu *足が向くのは / Marianne Faithfull | トップページ | 2014/07/19 Sat *力、働く / Ann Cole »

001 British Rock」カテゴリの記事

009 The Beatles」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/60023106

この記事へのトラックバック一覧です: 2014/07/18 Fri *チャンスがある限り / John Lennon:

« 2014/07/17 Thu *足が向くのは / Marianne Faithfull | トップページ | 2014/07/19 Sat *力、働く / Ann Cole »