« 2014/07/31 Thu *歌を忘れた / Otis Redding | トップページ | 2014/08/02 Sat *微睡み / Blue Magic »

2014/08/01 Fri *他人の褌 / Percy Sledge

20140801thepercysledgeway


まぁ。
偶には。
拘らずに。
他人の言うことに。
耳を傾けて。

他人の。
やり方を。
色んな。
やり方を。
試してみるのも。

いいのかな。
何かが見えれば。
何かに気づかされれば。
儲けもんだし。
そうでなくても。

気分転換。
いい暇潰し。
その程度に。
なるだけでも。
悪くは無いのかもしれないな。

『The Percy Sledge Way』'67年リリース。
パーシー・スレッジの3枚目となるアルバム。
「When A Man Loves A Woman」の大ヒットで華々しくデビューしたスレッジ。
ところが。その後はなかなかヒット曲に恵まれなくて。
苦肉の策だったのか。3枚目にして全曲他人のカヴァーに挑戦しています。
本人の意思か、レコード会社の策略か。後者だろうなぁ。
スレッジって。なんかとても純朴で優しい人みたいなので。あぁ、いいですよみたいな。
それでも意地もあったんだろうけど。そこはグッと堪えたのかな。
また選曲が「You Send Me」とか「I've Been Loving You Too Long (To Stop Now)」とか。
「Tell L It Like It Is」とか「Just Out Of Reach」とか。有名曲ばかりで。
それをスレッジの色に染め変えられているかと言うと。そこまで灰汁は強くないので。
なんかね。あぁ、どこかで聴いたなぁ、いい曲だなぁで終わってしまいかねない・・・
実際にね。そんな感じで捉えられちゃったんじゃないかなと思うんですけどね。
スレッジって。とにかく歌声が温かくて優しくて。そこがなんとも魅力的なんですけど。
押しの強さとかは無い人なので。一発で強烈なインパクトを残すタイプじゃなくて。こう、じわっとねくるんです。
そうそう。なんかリズム感もいま一つなのか。アップ・テンポのナンバーが弱いってのもあるし。
で、実は。このアルバムにはアップ・テンポのナンバーが1曲も入って無いんですよね。
だからね。他人の褌で相撲を取ってみて。あぁ、やっぱり。自分には自分の闘い方、歌い方があるんだと。
恐らくは多少の焦りや迷いもあったスレッジがそれを吹っ切ったアルバム。そう考えるとね。味わい深いかな。

まぁ。
時には。
片意地張らずに。
他人の言うことも。
聞いてみて。

他人の。
考え方を。
色んな。
考え方を。
なぞってみるのも。

いいのかな。
何かが感じられば。
何かに触れられれば。
儲けもんだし。
そうでなくても。

気分転換。
いい暇潰し。
その程度で。
試してみるのも。
悪くは無いのかもしれないな。

他人の褌。
今更。
それを締めたところで。
馴染む訳も無い。
そうなんだ。

それは。
百も承知だけど。
出稽古ついでに。
ちょいと拝借。
そんな程度で。

一旦。
自分から。
拘りから。片意地から。
離れてみるのも。
悪くは無いのかもしれないな。

まぁ。
それでも。
結局。
戻ってきてしまうことは。
予想がつく・・・確実なんだけど。

他人の褌。
試すだけでも。
試してみるか。
気分転換。
いいい暇つぶしにはなるだろうしね。



web拍手 by FC2

|

« 2014/07/31 Thu *歌を忘れた / Otis Redding | トップページ | 2014/08/02 Sat *微睡み / Blue Magic »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/60092058

この記事へのトラックバック一覧です: 2014/08/01 Fri *他人の褌 / Percy Sledge:

« 2014/07/31 Thu *歌を忘れた / Otis Redding | トップページ | 2014/08/02 Sat *微睡み / Blue Magic »