« 2014/08/13 Wed *天にも昇る / The Allman Brothers Band | トップページ | 2014/08/15 Fri *うたかたの日々 / Savoy Brown »

2014/08/14 Thu *眠れぬ夜の理由など / Gram Parsons

20140814sleeplessnights


眠れない。
夜が。
眠れぬ。
夜が。
続く。

その理由など。
それこそ。
星の数ほども。
あるもので。
嬉しい時も。悲しい時も。

ほんの。
ささやかな事でも。
些細な事でも。
眠れぬ。
理由にはなるもので。

今日も。
昨日も。
明日も。
空が白み始めるまで。
眠れぬままに。そのままに。

『Sleepless Nights』'76年リリース。
グラム・パーソンズの未発表音源による編集アルバム。
幻に終わったフライング・ブリトー・ブラザースの3枚目のアルバム用のセッションと。
グラムの遺作となった『Grievous Angel』のアウト・テイクから構成されています。
なので。フライング・ブリトー・ブラザースとグラムのソロ、そのミッシング・リンクでもあるのかな。
『Grievous Angel』のアウト・テイクでは当然ながらエミルー・ハリスとのデユエットも聴かれて。
これが。何でボツなんだよってなくらいの美しさなんですよね。まぁ、何か拘りがあったのかな。
フライング・ブリトー・ブラザースのセッションも。いい感じに仕上がってるんだよなぁ。
グラムが脱退しなかったら。間違いなくバンドの歴史もロックの歴史も変わってたんだろうなぁ。
グラムと言えば。キース・リチャーズとの親交と、その影響の大きさがしばしば語られますが。
このアルバムを聴いてるとね。暫し『ならず者』辺りのストーンズを聴いてる様な気にもなりますが。
ストーンズのカントリーへの傾倒、開眼にグラムが果たした役割って。想像以上に大きかったんだろうなと。
グラムはストーンズに加入するつもりで。キースは賛成したけど他のメンバーが反対したとか。
キース自身も己以上のグラムの薬物への耽溺振りから加入には反対だったとか諸説ありますが。
どの道。それは無かったろうなと。加入してたら影響どころじゃ無いですからね。
「Honky Tonk Women」なんか完全にグラムの色に染め上げられて、グラムの歌になってますから。
それくらいに。グラムはグラムでしか無いんですよね。特にその歌声は唯一無二で。
甘ったるくないのに、この上なく甘美で。これは駄目だよな。ミック以上に女殺しだもん(笑)。
おそらくはその繊細さと危うさが綯交ぜになって。それが独特な切ない甘美さを生み出してるんだろうな。
それにしても。エミルーとの「Sleepless Nights」「The Angels Rejoiced Last Night」の美しさよ・・・

眠れない。
夜が。
眠れぬ。
夜が。
明けやらない。

その理由など。
それこそ。
星の数でも。
足りなくて。
嬉しい時も。悲しい時も。

ほんの。
ささやかな喜びも。
些細な痛みも。
眠れぬ。
理由になってしまえば。

今日も。
昨日も。
明日も。
夜が明けやらぬまま。
眠れぬままに。そのままに。

眠れぬ夜の理由など。

それこそ。
幾らでも。
あるもので。
眠ろうにも。
眠れない。

暗闇に。
取り残されて。
行き先も見えなくて。
眠れない。
そんな夜もあれば。

暗闇に。
一筋の灯りを見つけて。
辿り着こうと必死で。
眠れない。
そんな夜もある。

そして。

天使が。
祝福してくれた様な。
昨夜を思いだし。
眠れない。
そんな夜もある。

どんなに。
祝福されても。
満たされずに。
呟きを漏らし、眠れない。
そんな夜もある。

眠れぬ夜の理由など。

幾らでもあるものだ。



web拍手 by FC2

|

« 2014/08/13 Wed *天にも昇る / The Allman Brothers Band | トップページ | 2014/08/15 Fri *うたかたの日々 / Savoy Brown »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/60167752

この記事へのトラックバック一覧です: 2014/08/14 Thu *眠れぬ夜の理由など / Gram Parsons:

« 2014/08/13 Wed *天にも昇る / The Allman Brothers Band | トップページ | 2014/08/15 Fri *うたかたの日々 / Savoy Brown »