« 2014/08/19 Tue *呼んでる、呼んでる、呼んでる / Freddy King | トップページ | 2014/08/21 Thu *何が出るかな / Chuck Berry »

2014/08/20 Wed *過ぎ去りしも / B.B. King

20140820completelywell


ある程度。
そう。
一週間も。
経てば。
その間に。

その。
甘い。
時間も。
思いも。
薄れゆき。

その。
切なさも。
疼きも。
それなりに。
過ぎ去る。

その程度には。
日常があり。
その程度には。
抑制も効き。
過去のことだと。

では。あるけれど。

『Completely Well』’69年リリース。
B.B.キング、起死回生の一撃となったアルバム。
ABC、ブルースウェイ移籍後はなかなか大ヒットを生み出せなかったB.B.です。
遂に前作にあたる『Live And Well』ではニューヨークのスタジオミュージシャンをバックに。
ロック的な、ファンクなアプローチにも踏み出したと。かなりの批判もあったのでしょうが。
B.B.とプロデューサーのビル・シムジクにはかなりの確信、勝算が生まれた様で。
その『Live And Well』のスタジオ・セッションの延長として展開、発展させて。
B.B.の大きな転回点をもたらすこのアルバムを制作して。見事に勝負に勝ったと。
いち早く新しい時代、'70年代のブルースの進むべき指針の一つを示して見せた。
このことによって。B.B,は以後もブルースの王様として君臨することになった訳ですからね。
このジャケットの会心の笑みを見ても。相当な確信、自信、達成感があったんでしょうね。
その象徴とも言えるのが「The Thrill Is Gone」の誕生で。オリジナルは'50年代のブルースらしいですが。
このアルバムでのB.B,のヴァージョンがあまりに素晴らしく。あっという間にその代名詞となって。
B.B.曰く、その後のライヴでは一回も欠かさずに演奏してるとのことです。
確かになぁ、「Everyday I Have The Blues」と共にB.B.を語る上では外せない名曲、名演です。
自分にとっては時に大味に感じるですけどね。B.B.って。ここぞって時にこういう繊細さを出してくるんだよなぁ。
そいつにやられちゃうんですよね。やっぱり並じゃないよな。これでもかと盛り上げつつ琴線を震わせるからな。
因みに。“スリル”が何を指すのか。人種差別に関わるものか、男女のそれか。諸説あるみたいですね。

ある程度。
そう。
一週間も。
経てば。
それだけの時があれば。

あの。
美しい。
時間も。
思いも。
残り香となり。

あの。
切なさも。
疼きも。
それなりに。
過ぎ去っていく。

その程度には。
日々の営みがあり。
その程度には。
勧化なきゃならないこともある。
終わったことだと。

では。あるけれど。

過ぎ去りしも。

その。
甘さ。
その。
美しさ。
残り香がある限り。

消え去りはせず。
ふとした瞬間に。
胸を掠める。
脳裏を過ぎる。
立ち止り。呟いている。

過ぎ去りしも。

その。
切なさ。
その。
疼き。
傷跡がある限り。

消え去りはせず。
油断を衝いて。
胸を抉る。
脳裏に蘇る。
立ち止り。胸に手を当てる。

過ぎ去りしも。
消え去りはしない。
そんなものが。
確かに。胸の内に。
存在するのだ。



web拍手 by FC2

|

« 2014/08/19 Tue *呼んでる、呼んでる、呼んでる / Freddy King | トップページ | 2014/08/21 Thu *何が出るかな / Chuck Berry »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/60200101

この記事へのトラックバック一覧です: 2014/08/20 Wed *過ぎ去りしも / B.B. King:

« 2014/08/19 Tue *呼んでる、呼んでる、呼んでる / Freddy King | トップページ | 2014/08/21 Thu *何が出るかな / Chuck Berry »