« 2014/08/24 Sun *万華鏡 / T.Rex | トップページ | 2014/08/26 Tue *毒にも薬にも / Roxy Music »

2014/08/25 Mon *駄菓子屋の誘惑 / The Sweet

20140825sweetsixteen


駄菓子屋の誘惑。

ガキの頃。
寄り道して。
道草食って。
駄菓子屋に寄るのが。
楽しみだった。

限られた。
お小遣いを。
握りしめて。
買えるものなど。
たかが知れてるのに。

飽きもせず。
通って。
あれや。これや。
散々眺めて、いじって。
怒られて。やっと何か買って。

十円とか。二十円とか。
それで。それなりの。
夢の世界を見せてくれた。
夢の世界の入り口だった。

『Sweet 16 It's It's....Sweet Hits』'84年リリース。
スウィートのアルバム・タイトル通り16曲入りのベスト・アルバム。
スウィートってのは。まぁ、よくわからないバンドと言うか。
その出会って時期、聴いていた時期によって。
人によって大きく印象の異なるバンドなんだろうなと。
グラム・ロックの範疇で語られることが一番多いんだろうけど。それだけじゃないと。
元々はバブル・ガム・ポップなナンバーを演奏してアイドル的人気を博して。
その後、時流に乗って段々と派手になっていってグラム・ロックの一角を占めて。
更にサウンドがハードになって。ブリティッシュ・ハード・ロックのバンドとしても数えられると。
基本的に年代順に曲が並んでるこのアルバムではその辺りの変化がわかって面白いかな。
自分なんかは。「Fox On The Run」とか「Action」から入ったので。ハードな印象が強いんですが。
初期の曲は。もうキャッチャーとかポップを通り越して。甘ったるいですからね。
人工甘味料と着色料たっぷりみたいな。まさにバンド名に偽りなしってとこですかね。
この人工的な甘さって。グラムになろうがハード・ロックやろうが見え隠れしてるんですよね。
べとつきそうで。体に悪そうで。でも癖になって止められない。うん駄菓子屋バンドなんだな(笑)。
面白いのは初期のあてがわれた曲だけでなくて。中期以降オリジナルになっても基本は変わらないところ。
一度覚えてしまった味ってのは、そう簡単には忘れられないってことですかね。
今となってはどこか懐かしさを許容しないと楽しめないのですが。その甘さ、懐かしさ。嫌いじゃないんだな。

駄菓子屋の誘惑。

ガキの頃。
寄り道して。
道草食って。
寄ってた駄菓子屋。
懐かしい思いで。

限られた。
お小遣いを。
握りしめて。
掌に汗かいて。
真剣に悩んで。

毎日の様に。
覗いて。
あれや。これや。
散々眺めて、いじって。
怒られて。言い返したり。

十円とか。二十円とか。
それで。それなりの。
夢の世界を見せてくれた。
夢の世界の入り口だった。

その夢が。
作りものであること。
多くが紛いものでること。
体に悪いであろうこと。
そんなことは。たぶん。分かっていたんだ。

だって。
あんなに。
甘くて。しょっぱくて。
そんなもの。
他では売ってなかったから。

だって。
偶に連れてってもらえる。
デパートに売ってる玩具とは。
明らかに。
輝きが異なっていたから。

それでも。
あも。
薄暗い。
何があるか。何が出てくるか。
わからない。

そんな。
駄菓子屋で。
他の誰も知らない。
自分だけの宝物を。
見つける喜びもあったんだ。

人工甘味料。
着色料。使い放題。
著作権も。肖像権も。
いい加減で。正体不明。
その怪しさが好きだったんだ。

駄菓子屋の誘惑。

それを知ってるから。
それが身に沁みてるから。
今も。
レコード屋の誘惑。
そいつには逆らえないんだろうなぁ(笑)。



web拍手 by FC2

|

« 2014/08/24 Sun *万華鏡 / T.Rex | トップページ | 2014/08/26 Tue *毒にも薬にも / Roxy Music »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/60226742

この記事へのトラックバック一覧です: 2014/08/25 Mon *駄菓子屋の誘惑 / The Sweet:

« 2014/08/24 Sun *万華鏡 / T.Rex | トップページ | 2014/08/26 Tue *毒にも薬にも / Roxy Music »