« 2014/08/26 Tue *毒にも薬にも / Roxy Music | トップページ | 2014/10/07 Tue *取り急ぎ / Stiff Little Fingers »

2014/10/06 Mon *理由にならない / The Proffesionals

20141006ididntseeitcoming


理由にならない。
そう。
理由になんかならない。
結果が見えていても。
それがどんな結果でも。

上らなきゃならない時は。
リングに上がるしかない。
拳が震えていようが。
膝が折れそうだろうが。
魂が挫けそうだろうが。

後は。
もう。
やるしかない。
突っ込もうが。
守ろうが。

相手の策も読めなきゃ。
手の出どころも見えやしない。
それでも。
立ち向かわなくていい。
理由にはならないんだよな。

『I Did't See It Coming』'81年リリース。
セックス・ピストルズの残党、ポール・ジョーンズとスティーヴ・クック。
伝説の列車強盗まで引っ張り出してピストルズの延命を謀ったジョーンズとクック。
散々、往生際の悪さを見せつけたところで解散。
まぁ、マルコム・マクラレーンに仕立て上げられたバンドだった訳で。
よく頑張ったんじゃないのってところではありますが。一度舞台に、リングに上がっちゃったら。
そう簡単には引っこめるかよとの意地もあったのか。その後も色々と画策を重ねて。
4人組のバンド、プロフェッショナルズとして再度闘いの場に戻ってきました。
マクラレーンとか、ジョニー・ロットンとか、シド・ヴィシャスとかの強烈な個性を失って。
でも故に。その分。ようやく自分達のやりたいようにやれるんだとの解放感に溢れています。
で、それがまた身も蓋も無いロックンロールなところがねぇ、なんともねぇ。そうだったんだなと。
何の仕掛けもハッタリもなしに。こいつで勝負したかったんだろうなとね。
恐らくですが。ジョーンズもクックも。これで勝負になるとは、売れるとは思ってなかったんじゃないかと。
あまりにも。真っ向勝負で。しかも少し解雇主義的でもあったりして。でもこれが、これこそが。
ジョーンズとクックのやり方で、闘い方で。やらない理由にはならなかったんでしょうね。
案の定、大した話題にもならず。このアルバム1枚で解散しちゃってるんですけど。いいんじゃないのと。
関ヶ原の大谷刑部みたいにね。負けると解っていたって死力を尽くして闘わなきゃならん時もあるのです。
それに。このジャケット。これがいいじゃないですか。これだけでご飯三杯はいけるかな!

理由にならない。
そう。
理由になんかならない。
結果が見えていても。
それがどんな結果でも。

上らると決めたからには。
ファイティング・ポーズをとって。
拳の震えも。俺かけてる膝も。
それこそ。
挫けそうな魂も曝け出して。

後は。
もう。
やるしかない。
当るまいが。
当てられようが。

策も。技術も。魂も。
総て相手が上まっていようが。
それでも。
棄権する。不戦敗を選ぶ。
理由にはならないんだよな。

読み切られて。
かわされて。
弄ばれて。
当てられようが。
喰らわされようが。

手を出さなきゃ。
手数を出さなきゃ。
めくら滅法。
振り回して。
猪武者の如くに。

それで。
一発も掠らずに。
一発で仕留められたとしても。
そんな光景が目に見えていたとしても。
闘わない理由になんかならない。

そう。
自分が。
何かを。
諦める。
捨てる。

そこには。
それには。
誰も。
誰であっても。
自分以外は。

理由にはならない。



web拍手 by FC2

|

« 2014/08/26 Tue *毒にも薬にも / Roxy Music | トップページ | 2014/10/07 Tue *取り急ぎ / Stiff Little Fingers »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/60441998

この記事へのトラックバック一覧です: 2014/10/06 Mon *理由にならない / The Proffesionals:

« 2014/08/26 Tue *毒にも薬にも / Roxy Music | トップページ | 2014/10/07 Tue *取り急ぎ / Stiff Little Fingers »