« 2014/10/06 Mon *理由にならない / The Proffesionals | トップページ | 2014/10/08 Wed *乗り換えてみる / Jimmy Cliff »

2014/10/07 Tue *取り急ぎ / Stiff Little Fingers

20141007hanx


取敢えず。
取り急ぎ。
これだけは。
伝えておこう。
遺しておこう。

まぁ。
この先。
どうなるかは。
知らないが。
知ったこっちゃないが。

とにかく。
此処までは。
今日までは。
何とかかんとか。
転がってこれた。

それは。
まぁ。
その。何だ。
節目節目で。
場合によってはもっと頻繁に。

誰かの。
手があった。
誰かの。
思いがあった。
誰かがいた。

取り急ぎ。

『Hanx !』'80年リリース。
北アイルランド出身のスティッフ・リトル・フィンガーズ。
その3枚目にして初めてとなるライヴ・アルバム。
'80年7月の2回の公演にて収録されていて。
全11曲が総て1st、2ndのナンバーで構成されています。
いよいよ活動を米国にまで広げようとしていたスティッフ・リトル・フィンガーズ。
その前に。熱狂的に支持してくれた英国のファンへのプレゼントと言った意味もあったのかな。
その攻撃的で硬派な演奏の熱さと、それに応じる観客の熱さが。その相乗効果の凄まじさ。
このハードでエッジの効いたギターと、性急なリズムこそが自分にとってはパンクだったりして。
特にこの3枚目のアルバムまでは。一時期、本当によく針を落としてました。
そして未だ見ぬロンドンに憧れてたんですよね。こんなに熱く、爆発してる奴等も世界にはいるんだとね。
当時、日本ではマスコミこそ騒いでたけど。実質的に売れてたのなんてピストルズとクラッシュくらいかな。
スティッフ・リトル・フィンガーズのアルバム探して。わざわざ県庁所在地のレコ屋まで行ったもんな。
今でも。今針を落としても。この熱さには身も心も震えますからね。恥ずかしながら。
アルバム・タイトルの『Hanx !』ってのはThanxのスラング(訛り?)らしく。
やはり英国のファンへのスティッフ・リトル・フィンガーズの並々ならぬ愛情が感じられます。

取敢えず。
取り急ぎ。
これだけは。
呟いておこう。
聞えなくとも。

まぁ。
この先。
何処へ行くかは。
知らないが。
知ったこっちゃないが。

とにかく。
此処までは。
今日までは。
何とかかんとか。
転がり続けてこれた。

それは。
まぁ。
その。何だ。
節目節目に。
それ以外にも見えないところで。

誰かの。
手を握った。
誰かの。
思いに抱きしめられた。
誰かが笑ってた。

取り急ぎ。

サンクス!

まぁ。
この先。
どうなるかも。
何処へ行くかも。
未だに知ったこっちゃないが。

この先と。
思えるのも。
呟けるのも。
今。
ここにいるからだからな。

しつこいけれど。
この先は。
知ったこっちゃない。
わからない。
だから。取敢えず。

取り急ぎ。

今。サンクス!



web拍手 by FC2

|

« 2014/10/06 Mon *理由にならない / The Proffesionals | トップページ | 2014/10/08 Wed *乗り換えてみる / Jimmy Cliff »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/60447144

この記事へのトラックバック一覧です: 2014/10/07 Tue *取り急ぎ / Stiff Little Fingers:

« 2014/10/06 Mon *理由にならない / The Proffesionals | トップページ | 2014/10/08 Wed *乗り換えてみる / Jimmy Cliff »