« 2014/10/13 Mon *結界の中に / Bobby Womack | トップページ | 2014/10/15 Wed *錆を落として / Jr. Walker & The All Stars »

2014/10/14 Tue *おや、ここにあった出会い / Johnnie Taylor

20141014wantedonesoulsinger


実は。
半ば。
失業状態(?)で。
どこかに。
いい話はないかなと。

密かに。
色々と。
探してはいたし。
色々と。
探ってもらってもいたし。

そんなに。
難しい話だとは。
思わないんだけど。
ところが。
どっこい。

時代がね。
変わったのかな。
なかなかね。
環境が整わなくて。
出会いが無くて。

『Wanted One Soul Singer』’67年リリース。
ジョニー・テイラーのスタックス移籍第一弾アルバム。
ソウル・シンガー求む・・・の求人広告を読んでるジョニー。
ここらのスタックスのジャケットの微妙なセンスが何とも言えません。
(裏ジャケにはご丁寧にもテイラーの履歴書が載っています・・・)
ジョニーはサム・クックの後任でソウル・スタラーズのリードを務めた程なので。
そのゴスペルを基本としたブルージィーな歌唱力には素晴らしいものがあります。
が、故にか。サムの影とか。ゴスペルの魂とか。どうにもその辺りから脱け出せなかった様で。
ソロに転向はしたものの。スタックス以前はどうしても個性を確立できずに。
一説によれば。あのリトル・ジョニー・テイラーの名前を騙って南部でライヴやったりしてたそうで・・・
まぁ、したたかっちゃ言えばしたたかで。サニー・ボーイ・ウィリアムソンⅡ世みたいなもんですかね(笑)。
しかし実力は本物ですから。見込みがあるんじゃないかとスカウトしたのがスタックスだったと。
熱いテイラーの歌声を。ブッカー・T&MGズとメンフィス・ホーンズががっちりと受け止めていると。
受け止められる相手を得て。テイラーの歌が輝きを放っていると。
要は今まではバンドが受け止められなかった、役不足だったってことですね。
時にはかなりラフになるテイラーの歌声。それを骨太でいながらタイトに受けてみせるMGズ。
いままで無かった出会いが、出会った瞬間に御機嫌なソウル・シンガーがまた一人生まれたと。
それも。'67年ですからね。オーティス・レディングが亡くなる年の新たな出会いだったんですね・・・

実は。
半ば。
失業状態(?)に。
どこかで。
慣れてしまっていて。

密かに。
細々と。
探してはいたし。
細々と。
話も聞いてもらってはいたし。

それでも。
難しいかなとは。
思い始めていたんだけど。
ところが。
どっこい。

時代がね。
変わっても。流れても。
しつこくね。
環境を創りだそうって。
人もいたりするもので。

あぁ。
そうか。
なるほどねと。
そうか。
ここにあったかと。

お互いに。
何となく。
探してはいて。
はたと。
気づくこともあるのかと。

今、ここに。
ないかなと。
思ってた出会いが。
おや、ここに。
あったじゃないかと。

なにより。
必要条件で。
十分条件で。
必須な。
楽しそうな予感があるもんな。

面白くなるかもね!



web拍手 by FC2

|

« 2014/10/13 Mon *結界の中に / Bobby Womack | トップページ | 2014/10/15 Wed *錆を落として / Jr. Walker & The All Stars »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/60490093

この記事へのトラックバック一覧です: 2014/10/14 Tue *おや、ここにあった出会い / Johnnie Taylor:

« 2014/10/13 Mon *結界の中に / Bobby Womack | トップページ | 2014/10/15 Wed *錆を落として / Jr. Walker & The All Stars »