« 2014/10/15 Wed *錆を落として / Jr. Walker & The All Stars | トップページ | 2014/10/19 Sun *ささやかな巡礼 / Wishbone Ash »

2014/10/18 Sat *何度目かの朝 / Uriah Heep

20141018besttofuriahheep


何度か。
何度も。
こんな朝を。
迎えて。
積重ねて。

この。
空気を。
匂いを。
築きあげて。
きたんだろうな。

それだけの。
思い。
重み。
この扉が。
受け止めてきたと。

それぞれの。
思い。
それぞれの。
重み。
胸の中に秘めて。

『Best Of Uriah Heep』'74年リリース。
ブリティシュ・ハード・ロック・バンド、ユーライア・ヒープ。
デビュー以来のオリジナル・アルバムから12曲を収めたの本独自編集のベスト・アルバム。
オリジナル・アルバムに未収録だった2曲と。3曲のシングル・テイクの収録。
それを目玉に。前年の来日で増えたであろうファンをターゲットに発売されたのかな。
(チャーは武道館に観に行って。あまりの下手さにがっかりしたと言ってましたが・・・)
ユーライア・ヒープなる奇妙なバンド名はディケンズの小説の登場人物から採ったんだとか。
そんな逸話もあってか。ブリティッシュ・ハードの様式美に徹したバンドの代表の如く言われて。
確かにこの時期までは。世間がイメージするブリティッシュ・ハードそのもののサウンドを聴かせています。
実はデビュー以前のメンバーはそれぞれの活動で結構ポップなこともやってたりして。
器用にシーンやブームに合わせたサウンドを演りながら生き延びていたらしく。
意外な感じもありますが。なるほどなとも。起用だからこそブリティッシュ・ロックの様式美にも対応できたと。
で、器用過ぎちゃって。その後のシーンの変化にも対応しちゃって失速しちゃったと。そんなとこかな。
いま針を落とすと古臭さは否めませんが。そのサウンドの迫力と美しさの魅力の一端は垣間見えて。
特に代表曲、「Look At Yourself」と「July Morning」の2曲。まぁ、結局この2曲に尽きるんですけどね。
「Look At Yourself」の緊張感と美しさ、「July Morning」の壮大さと抒情性。これは堪らないかな。
「Look At Yourself」が「対自核」、「July Morning」が「七月の朝」と。その邦題がまた懐かしいんだよなぁ・・・

何度か。
何度も。
様々な夜を。
過ごして。
積重ねて。

この。
雰囲気が。
匂いが。
築きあげられて。
きたんだろうな。

それだけの。
思い。
重み。
このカウンターが。
受け止めてきたと。

それぞれの。
思い。
それぞれの。
重み。
自らと対話して。

そんな。
思い。
重み。
黙って。
受け止め続けて。

幾つもの夜と。
幾つもの朝と。
過ごせる。
迎えられる。
場所を創り上げてきて。

これからも。
変わらず。
自然体で。
寡黙に。緩く。
守っていてくれるのだろう。

そこで。
何度目かの朝。
迎えられれて。
これからも。
迎えられること。

記念すべき朝にも。
共にいられたことを。
嬉しいな。有難いなと。
何とも良い心地で。
じゃぁ、またねと。扉を閉める。

何度目かの朝。



web拍手 by FC2

|

« 2014/10/15 Wed *錆を落として / Jr. Walker & The All Stars | トップページ | 2014/10/19 Sun *ささやかな巡礼 / Wishbone Ash »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/60520249

この記事へのトラックバック一覧です: 2014/10/18 Sat *何度目かの朝 / Uriah Heep:

« 2014/10/15 Wed *錆を落として / Jr. Walker & The All Stars | トップページ | 2014/10/19 Sun *ささやかな巡礼 / Wishbone Ash »