« 2014/10/21 Tue *鳴り止まぬ限り / Led Zeppelin | トップページ | 2014/10/23 Thu *雑然、混沌 / Aerosmith »

2014/10/22 Wed *潜りながら / Van Halen

20141022diverdown


飛び込んじゃって。
潜水中。
行けるとこまで行ったら。
何が見えてくるのか。
ゆっくりと。深く。深く。

水面から。
姿を隠して。
見えるのは。
気泡だけ。
光も届かない。

ならば。
地上でも。
海上でも。
儘ならなかった。
何かをを試してみるのも悪くない。

泳ぎも。
潜りも。
不得手だけど。
見えてないなら。
ちょいと他人を見倣ったりもして。

『Diver Down』'82年リリース。
ヴァン・ヘイレンの5枚目のアルバム。
シンプルってか簡素なジャケット。
これは潜水夫が潜水してることを表す旗なんだとか。
なんでも契約上、短期間で制作する必要に迫られて。
結構、曲作りや録音もやっつけ仕事だったんだとか。
結果的にそれが何と言うか、弾けた勢いのあるアルバムになったと。
全12曲中5曲がカヴァー。オリジナルの内、インストが2曲と。
普通だったら単なるやっつけのアルバムで片づけられそうなところですが。
そうはならないのが。この頃の、デヴィッド・リー・ロスを擁していた頃のヴァン・ヘイレン。
単なるカヴァーで終わらずに。自分達のものにして陽気に派手にぶちかましちゃうと。
キンクスの「Where Have All The Good Times Gone !」をアルバムの頭にもってきて。
B面1曲目はマーサ&ヴァンデラスの「Dancing In The Street」と。
ブリテッィシュ・ビートも。モータウン・サウンドも。ヴァン・ヘイレンならではのハード・ロックになってて。
そして。ロイ・オービソンの「(Oh !) Pretty Woman」の楽しさときたらもう。
確か。この頃って。いま一つブレイクしきれなかった頃の筈で。だったら。もう。別に何でもありだろうと。
ヴァン・ヘイレンらしく陽気に賑やかに演っちまおうと。そんな吹っ切れたものがあったんだろうな。
エディ・ヴァン・ヘイレンの速弾きは生かしつつも。デヴィッドの個性を前面に押し出して突き抜けると。
やっぱりね。ヴァン・ヘイレンはね。この面子が最高ですね。何も考えずに楽しめるもんなぁ。
あと、今回久し振りに聴いて思ったのが。意外とねコーラスを決めてキャッチーだったりするんだよなぁ。

飛び込んじゃって。
潜水中。
何処まで行けるのか。
行きついたら何を感じるのか。
ゆっくりと。下へ。下へ。

水面から。
遠く離れて。
見えるのは。
自分の影だけ。
光も消えて。

ならば。
地上でも。
海上でも。
儘ならなかった。
何かをを試してみるのは今しかない。

泳ぎも。
潜りも。
不得手だけど。
見えてないなら。
不格好でも何でも構わない。

深く。深く。
下へ。下へ。
潜りながら。
光のない世界で。
漂い。腰を下ろして。

光も届かない。
音も聞こえない。
ただ。自分の気配だけ。
ただ。自分の意識だけ。
そんな世界へ潜りながら。

ふと。
笑ってみる。
弾む様に。
陽気に。
声にはならずとも。

潜りながら。
届かない何か。
見えない何か。
感じれらない何か。
そこで吹っ切れればと。

潜りながら・・・
還るか。
還るまいか。
それすらも。
忘れてしまいそうになりながら。



web拍手 by FC2

|

« 2014/10/21 Tue *鳴り止まぬ限り / Led Zeppelin | トップページ | 2014/10/23 Thu *雑然、混沌 / Aerosmith »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/60547203

この記事へのトラックバック一覧です: 2014/10/22 Wed *潜りながら / Van Halen:

« 2014/10/21 Tue *鳴り止まぬ限り / Led Zeppelin | トップページ | 2014/10/23 Thu *雑然、混沌 / Aerosmith »