« 2014/10/18 Sat *何度目かの朝 / Uriah Heep | トップページ | 2014/10/20 Mon *思考停止 / Deep Purple »

2014/10/19 Sun *ささやかな巡礼 / Wishbone Ash

20141019pilgrimage


三年。
三年経ったんですね。
早いなぁ。
でも。そうなんだな。
じゃぁ、そうだな。

勝手に。
ささやかに。
四回忌でも。
させてもらいますか。
構わんですよね。

お花を買って。
お義母さんを迎えに行って。
お線香貰って。
お水を汲んで。
お墓へと。

今日も。
いい天気ですね。
今日は。
揃って来てみましたよ。
偶にはいいでしょう。

見上げるタワーの。
大きさがお義父さんの大きさ。
見下ろすタワーの。
優しさがお義父さんの優しさ。
いいとこで。眠ってますね。

『Pilgrimage』'71年リリース。
ウィッシュボーン・アッシュの2ndアルバム。
衝撃的だったデビュー作と傑作『Argus』に挟まれて。
あまり語れることも無い地味な存在だったりします。
まぁ、ジャケットも印象的なんだけど。地味ですしね。
更には7曲中4曲がインストだと言う。これはなかなかね。
そのインストにはジャズ的なアプローチが垣間見えて。
それがこの時期のウィッシュボーン・アッシュの方向性だったのか。
はたまた方向性を模索してる道程を曝け出したものか。
そこは何とも。言い難いんですけどね。あくまでジャズ的であってジャズでは無いし。
時代的にはテン・イヤーズ・アフターも同じ様なアプローチやってたし。流行だったのかな。
で、何故か最後の1曲がライヴでブギーなナンバーやってて。やっぱり模索中のアルバム・・・
なんですけど。そのライヴの前の実質的なラスト・ナンバー「Valediction」が。こいつが。
『Argus』で聴かれるウィッシュボーン・アッシュの世界に通じるナンバーなんですよね。
これ。この1曲。メンバーとしても手応えがあったんじゃないかな。これだよ、これと。
だから。もう後はライヴから1曲入れて。早く次のアルバムの制作に入ろうぜなんてね。
ハッキリ言うと。この「Valediction」と他のナンバーに差があり過ぎるアルバムなんですけど。
「Valediction」を生み出した、『Argus』に繋がる順路を見つけた。
それだけで。ウィッシュボーン・アッシュの巡礼(Pilgrimage)には大いに意味があったのだと思います。

三年。
三年経ったんですね。
重いなぁ。
そう。そうなんですよ。
いてくれたらなぁ、その思いがね。

まぁ、ともかく。
ささやかに。
四回忌を口実に。
飲ませてもらいますけど。
構わんですよね。

タクシーに乗って。
お義母さんと一緒に。
馴染の街へ。
お義父さんも暖簾を潜ったであろう。
お店へと。

店は新しくなったけど。
雰囲気はそのままですかね。
今日は。
揃って来てみましたよ。
偶にはいいでしょう。

冷酒で献杯。
日本酒はねお義父さんのお酒。
煮凝りもたのみましょうか。
お義父さ好きでしたよね。
変わらずに。美味しいですよ。

お義父さんの命日に。
お義母さんを連れ出して。
お墓参りして。
久し振りに共に外食して。
そして。この家に戻って。

お義父さんの。
匂いの。気配の残る。
部屋の畳に寝転がって。
耳を澄ませて。
語りかけて。

ささやかな巡礼。



web拍手 by FC2

|

« 2014/10/18 Sat *何度目かの朝 / Uriah Heep | トップページ | 2014/10/20 Mon *思考停止 / Deep Purple »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/60523969

この記事へのトラックバック一覧です: 2014/10/19 Sun *ささやかな巡礼 / Wishbone Ash:

« 2014/10/18 Sat *何度目かの朝 / Uriah Heep | トップページ | 2014/10/20 Mon *思考停止 / Deep Purple »