« 2014/11/01 Sat *伝統 / The Rolling Stones | トップページ | 2014/11/03 Mon *夫々の・・・ / Elvis Costello & The Attractions »

2014/11/02 Sun *第一に / Dr. Feelgood

20141102primo


第一に。
大切な事は。
無きゃいけないものが。
遺さなきゃいけないものが。
あるか。遺るか。

それさえ。
あれば。
遺っていれば。
例え。
それが残り香だとしても。

無きゃいけないもの。
そこに在ってしかるべきもの。
それさえ崩れなければ。
後は。どうにでもなる。
そう。どうにでもできる。

だから。
然るべき場所に。
然るべきものを。
遺す事は。
本当に大切なんだよと。

『Primo』'91年リリース。
歴代5人目のギタリスト、スティーヴ・ウォルウィンを迎えたドクター・フィールグッド。
前作にあたるライヴ・アルバムから加入したスティーヴが遺憾なく実力を発揮して。
久々にフィールグッズに活気と言うか、生気を呼び戻したアルバムかなと。
まぁ、フィールグッズのギターと言えばウィルコ・ジョンソン。そしてジッピー・メイヨー。
それ以外は正直名前が直ぐには出てこないんですけどね。だけど皆、実力者。
そしてそれぞれに個性があって。スティーヴは歴代の中では一番ハードかな。
そのハードさが。加入前にだれ気味で妙に甘ったるくなりかけたフィールグッズに喝を入れたと。
なによりも。恐らくはリー・ブリローのハートに再び火をつけたってことになるのかな。
やっぱりね。フィールグッズの核はブリローの濁声と胡散臭さですからね。
それがあってこそR&Bやブルースへの愛情も表現できるわけで。ちょっと萎えかかってたブリローが。
スティーヴの加入によって。再び本気になって。本来の味を取り戻した。それに尽きるかな。
ニック・ロウやミッキー・ジャップと言った盟友のナンバーを取り上げて。
他のカヴァー・ナンバーも気合十分。フィールグッズならではの味わいで聴かせると。
こうなれば。もう。誰にも文句を言わせないフィールグッズの世界、ブリローの独壇場になると。
第一に考えなきゃいけないもの、本当に大切にしなきゃいけないものに気づいたんだよな。
そりゃ、ウィルコ時代の切れ味とか、ジッピー時代の弾む感じとか。失われたものもありますが。
御機嫌なギターとリズム隊をしたがえてブリローが歌い、ハープを吹けばフィールグッズなのです。

何よりも。
大切な事は。
無きゃいけないものが。
消しちゃいけないないものが。
あるか。遺せるか。

それさえ。
あれば。
遺せさえすれば。
例え。
それが思い込みだとしても。

無きゃいけないもの。
そこに在ってしかるべきもの。
それさえ消え去らなければ。
他は。どうにでもなる。
そう。どうにでもできる。

だから。
然るべき場所に。
然るべきものを。
遺そうとする思いは。
本当に大切なんだよと。

形は。
変わってもいい。
姿は。
変えてもいい。
必要なら仕方がない。

細かい。
仕切りとか。
つまらない。
拘りとか。
どうでもいい。

要らないものは。
捨てればいい。
余計なものは。
処分してもいい。
それは構わない。

でも。
残り香でも。
思い込みでも。
そこに在ってしかるべきもの。
核となっているもの。

それを。
第一に。
考えないと。
思わないと。
いけないんだ。

じゃないと。
気づいたら。
総てが崩れて。
大切なものを失って。
途方に暮れる事になるんじゃないかな・・・



web拍手 by FC2

|

« 2014/11/01 Sat *伝統 / The Rolling Stones | トップページ | 2014/11/03 Mon *夫々の・・・ / Elvis Costello & The Attractions »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/60620705

この記事へのトラックバック一覧です: 2014/11/02 Sun *第一に / Dr. Feelgood:

« 2014/11/01 Sat *伝統 / The Rolling Stones | トップページ | 2014/11/03 Mon *夫々の・・・ / Elvis Costello & The Attractions »