« 2014/11/18 Tue *トラブルなど / Muddy Waters | トップページ | 2014/11/20 Thu *専念できれば / Steve Marriott »

2014/11/19 Wed *ハートが / Herman's Hermits

Introducinghermanshermits


この。
胸が。
心臓が。
ハートが。
震えているのは。

いくら。
抑えようとしても。
抑えきれない。
未だ。
早いのに。時間はあるのに。

ワクワク。
ドキドキ。
ソワソワ。
毎度のことながら。
呆れるほどに。

仕方ないよな。
いつものこととは言え。
嬉しくて。
楽しくて。
待ちきれなくて。

この。
胸が。
心臓が。
ハートが。
震えている。

『Introducing Herman's Hermits』'65年リリース。
ブリティッシュ・インベンションの一角を担ったハーマンズ・ハーミッツ。
米国での1stアルバムにタイトルとジャケットは同一ながら。
日本独自の選曲で14曲を収録した日本での1stアルバム。
'64年の秋に英国でデビューを果たすとビートルズの後を追う様に米国へ上陸。
ヴォーカルのピーター・ヌーンのアイドル的人気もあって。
デイヴ・クラーク・ファイヴと並んで米国でのビートルズのライバルとなりました。
ストーンズやアニマルズ、フー等が米国で売れたのは少し遅れてからだったんですよね)
「Mrs. Brown You've Got A Lovely Daughter」や「I'm Henry The Eighth , I Am」
「I'm Into Something Good」そして「Can't You Hear My Heartbeat (ハートがドキドキ)」と。
続けざまにポップでキャッチーなヒット曲を連発して。ビートルズに迫る勢いだったとか。
確かに。いま針を落としてもワクワクする様な楽しいナンバーが多いんですよね。
サム・クックのカヴァー、「Wonderful World」もポップなナンバーに見事に変身しています。
まぁ、結局そのポップだけが売りで。新しい展開を見出せなかった為か。
その後、急速に人気を失ってしまうことになるんですけどね。またその儚さが。
妙にこう、胸を締め付ける結果となって。時々無性に聴きたくなるんですけどね。
日本のGSもカヴァーしていて。特にザ・タイガーズによるカヴァーが印象的なんですが。
アイドル路線を狙わせたプロダクションの方針だったのか。それともメンバーが好きだったのかな。

この。
胸の。
心臓の。
ハートの。
昂っているのは。

いくら。
隠そうとしても。
隠しきれない。
未だ。
その時じゃないのに。時間じゃないのに。

ワクワク。
ドキドキ。
ソワソワ。
いつものことながら。
馬鹿みたいに。

仕方ないよな。
いつものことだろうとも。
嬉しくて。
楽しくて。
待ち遠しくて。

この。
胸が。
心臓が。
ハートが。
昂っている。

ハートがドキドキ。
ハートがワクワク。
ハートがソワソワ。
抑えきれない。
隠しきれない。

早く。
一分、一秒でも。
早く。
その時が来いと。
願いながら。

ハートがドキドキ。
ハートがワクワク。
ハートがソワソワ。
抑えきれない。
隠しきれない。

これじゃ。
その時まで。
胸が。
心臓が。
ハートが持たない。

でも。
この。
ハートのドキドキ。
している間。
その時を待っている時間。

それも。
また。
それで。
楽しくは。
あったりもして。

ハートが・・・



web拍手 by FC2

|

« 2014/11/18 Tue *トラブルなど / Muddy Waters | トップページ | 2014/11/20 Thu *専念できれば / Steve Marriott »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/60702342

この記事へのトラックバック一覧です: 2014/11/19 Wed *ハートが / Herman's Hermits:

« 2014/11/18 Tue *トラブルなど / Muddy Waters | トップページ | 2014/11/20 Thu *専念できれば / Steve Marriott »