« 2014/11/19 Wed *ハートが / Herman's Hermits | トップページ | 2014/11/21 Fri *その色に / Derek & The Dominos »

2014/11/20 Thu *専念できれば / Steve Marriott

20141120marriot


どっち。
どっちなんだ。
どうするんだ。
行くのか。
退くのか。

行くなら。
行くで。
どう。
進めるんだ。
形をつけるんだ。

そもそも。
今の状態は。
今の関係は。
望んだものなのか。
そうじゃないにしても。

その過程にあるのか。
その先はあるのか。
微かでも光はあるのか。
望むのなら。
選ぶしかないんだよな。

『Marriott』'76年リリース。
スティーヴ・マリオットの初のソロ・アルバム。
確かハンブル・パイとしての契約が残ってて制作したのかな。
当初はマリオットの意向が尊重されて。
望んだメンバーで、本国である英国で録音されたんだけど。
その結果にレコード会社が首を縦に振らなくて。
米国に呼び寄せて、レコード会社が集めたメンバーと再録音。
マリオットとレコード会社の折り合いは最後までつかなくて。
結局ジャケットにも表れてる様に。A面が英国録音、B面が米国録音と。
実に何と言うか。複雑な運命を背負わされたアルバムになってしまったと。
マリオットが思ってるほどにはレコード会社には信用されて無かったってことなのかな。
「Lookin' For A Love」のカヴァーや「Wam Bam Thank You Ma' am」のセルフ・カヴァーを含むA面は。
まんま。ハンブル・パイの延長線で。マリオットのシャウトとバンドの息もぴったりで。
昂揚させられるのですが。B面は、ちょっとコーラス隊とか、シンセとかなんとか装飾過剰で。
どちらが市場が望む音かと言われれば微妙なんですけど。マリオットが輝いてるのはA面なんだよなぁ。
尤もマリオットのシャウト、歌声は魅力に溢れてるので。完全にプロダクションの問題。
ここら辺の立ち回りの悪さ。自己プロデュース能力の欠如。それがマリオットのアキレス健。
例えば自分の要望を全面的に押して、他の会社と交渉する道もあったろうに。
A面とB面のサウンドの格差。そして左右されないマリオットの歌声を聴いてるとね・・・
仕方ないか。マリオットは歌うことが大好きで。それに専念できればそれで良かったんだもんな、きっと。

どっち。
どっちなんだ。
どうするんだ。
進むのか。
立ち止るのか。

進むなら。
進むで。
どう。
歩いていくんだ。
落とし前をつけるんだ。

そもそも。
今の状態でも。
今の関係でも。
ある程度は。
望んだものになってるんじゃないのか。

それを捨てまで。
その先を望んでも。
総てを失う覚悟はあるのか。
望むのなら。
腹を括るしかないんだよな。

恐らく。
心の中では。
答えは出てる。
そうしたいと思ってる。
そうなんだ。

その思いに。
その望むままに。
選んだままに。
進むことに。
専念できれば。

そうすれば。
結果はともかくとして。
自分で望んだ。
自分で選んだと。
納得できるんだけど。

選んでしまえば。
専念してしまえば。
いい。
ただ。
それだけのことなんだけど。

専念できれば・・・

意気地が足りないんだな。お前はな。



web拍手 by FC2

|

« 2014/11/19 Wed *ハートが / Herman's Hermits | トップページ | 2014/11/21 Fri *その色に / Derek & The Dominos »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/60702838

この記事へのトラックバック一覧です: 2014/11/20 Thu *専念できれば / Steve Marriott:

« 2014/11/19 Wed *ハートが / Herman's Hermits | トップページ | 2014/11/21 Fri *その色に / Derek & The Dominos »