« 2014/12/13 Sat *タイムマシンは / サディスティック・ミカ・バンド | トップページ | 2014/12/15 Mon *金縛り / The Street Sliders »

2014/12/14 Sun *たたき割ったら / ザ・ルースターズ

20141214theroosters


人間なんて。
ひと皮剥けば。
皆、同じなんだと。
どこかの旦那が。
言ってたな。

そうだよな。
特に。
男なんて。
野郎なんて。
単純だからな。

脳天を。
たたき割ったら。
皆、同じ。
同じことしか。
考えちゃいないよな。

綺麗なお姉ちゃんと。
美味い酒と。
御機嫌なロックンロール。
それ以外に。
何も無い。

何も無いから。
最高の仲間になれるのさ。

『The Roosters』'80年リリース。
ルースターズの衝撃の1stアルバム。
何が衝撃って。御機嫌なロックンロール。それ以外何も無し。
突っ走るビート、やりたいだけと叫び続ける歌詞。最高以外の何ものでもない。
大江慎也、花田裕之、井上富雄、池畑潤二の4人。
4人の沸点が一致した奇跡的なアルバム。そうだよな。そうでなきゃ爆発しないだろ。
極論すると。ルースターズは最初の3枚までだと思ってる、そんな単純な人間ですが。
その3枚の中でも。このアルバムが一番好きなのは、間違いなく爆発していて。
その爆発が、飛び火して。こっちも最高に熱くなっちまう。それに尽きるんだよな。
ただただ、ロックンロールを演りたいだけ。その衝動がマグマの如く沸騰して。
沸点に達して、絶頂に達して、爆発して衝撃波と共に一気に突っ走る、叫んでる。
さかりのついたガキどもに、野郎どもにとって。これ以上のものなんか必要ないからな。
否、男達にとって。これ以上のものは一生無いんだよな。だからこそ。
このアルバムは今でも愛され続けてるんだよな。いま、針を落としてもね。あっと言う間に。
あの頃に引き戻されるし。ガンガン燃えてくるしな。疼くしな。まったくとんでもない。
実は暫く。その大好きな初期のルースターズと距離をとってた時期があったんだけど。
そうでもしないとさ。このままいったら。まともな人間になれないんじゃないかって、怖くてさ。
でも。なんだかんだ転がってきて。何だよ、皆、同じじゃんってか。他人がどうのこうのでなく。
俺は変わり様も無いし、変える必要も無いんだと気づいてさ。そうしたらね。もう。
このアルバムに、ルースターズに脳天をたたき割ってもらって。突っ走るしかないもんな!

人間なんて。
ひと皮剥けば。
皆、同じなんだと。
どこかの旦那の。
指輪が教えてくれた。

そうだよな。
特に。
男なんて。
野郎なんて。
馬鹿だからな。

脳天を。
たたき割ったら。
皆、一緒。
一緒のこととしか。
脳味噌に詰まってない。

可愛いあの娘と。
勇気をくれる酒と。
火をつけてくれるロックンロール。
それ以外に。
何もありゃしない。

何もありゃしないから。
最高の仲間でいられるのさ。

他に。
何か。
あったっけ。
詰まってたっけ。
思い浮かばねぇなぁ。

綺麗なお姉さんは。
大好きで。
可愛いあの娘も。
勿論、大好きで。
なんとか。どうにかと。

胸の、体の。
疼くのを。
抑えようと。
酒をかっくらえば。
訳の解らん勇気が出てきてさ。

ロックンロールが。
鳴り響いた日にゃ。
火がついて。
熱くなって。突っ走って。
爆発して・・・自爆に終わって。

また。
酒でも飲んで。
ロックンロール聴きながら。
また。
誰かを思ってる。

男なんて。
野郎なんて。
単純だからな。
馬鹿だからな。
そんなもの。

でも。それがいい。
だけど。それでいい。
脳天を。
たたき割ったら。
皆、そんなもの。

そんなものだから。
最高の仲間でいられるのさ。

それで、いいじゃん!



web拍手 by FC2

|

« 2014/12/13 Sat *タイムマシンは / サディスティック・ミカ・バンド | トップページ | 2014/12/15 Mon *金縛り / The Street Sliders »

005 Japanese」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2014/12/14 Sun *たたき割ったら / ザ・ルースターズ:

« 2014/12/13 Sat *タイムマシンは / サディスティック・ミカ・バンド | トップページ | 2014/12/15 Mon *金縛り / The Street Sliders »