« 2014/12/15 Mon *金縛り / The Street Sliders | トップページ | 2014/12/19 Fri *ならず者になっても / The Rolling Stones »

2014/12/18 Thu *生き残れ / Keith Richards

20141218toneandfrayed


キースの旦那。
おう、お前か。
お久し振りで。
うん、一年振りか。
そうですねぇ。

で、なんでぃ。
なんでぃじゃないでしょ。
だから、なんなんでぃ。
やだなぁ、ぼけちゃったんですかい旦那。
馬鹿野郎。ぼけとはなんだ。ぼけとは。

今日は旦那のお誕生日でしょうが。
おっ、そういや、そうだったな。
何回目か覚えてやすかい。
馬鹿にするんじゃないよ。えっとな・・・
七十一ですよ。七十一。

へぇ。そうかい。もう。そんなになんのかい。
どうです。七十一ってのは。
まぁ、その。なんだよ。
へぃ。
六十くらいまでは覚えてたけどな。

後は、ぼけて覚えてないと。
馬鹿野郎。そういうんじゃねぇんだよ。
すいやせん。で、どうなんですか。
ここまでくるとな。もう年齢なんてな。関係ないんだよ。
そんなもんですかねぇ。

『Torn & Frayed』'88年(?)リリース。
'76年~'79年のソロ音源を集めたキース・リチャーズのブートレッグ。
まぁ、ブートですからね。クレジットなんてあってない様なものですから。
どこまで。信じていいのかは疑問ですが。一応、全11曲キースが歌ってる筈ですが。
中には「Far Away Eyes」の歌声はなぁ、どう聴いてもミックに聴こえるんだよなぁ(苦笑)。
くどいけどブートですからね。細かいことは気にしないと言うことで。いいことにして。
「We Had It All」とか「Somewhere Over The Rainbow」とか「Whole Lotta Shakin' Going On」とか。
「Let's Go Steady」とかキースの趣味が垣間見えるナンバーをキースがボソボソッと口ずさんでる。
もう。それだけでね。キース・ファンとしては満足なんですよね。どんだけ音がこもっていようがね(笑)。
それにしても。この手のブート、いったいどんだけ世の中に溢れてるんですかね。
同じ音源を手を変え品を変えで。それこそ数えきれない程あるんだろうなぁ。
かく言う我家にも恐らく5枚以上は同じ様なブツが眠ってる気がするな。まぁ、いいけど。
このアルバムのいいところはジャケットのキースの表情がね。何とも言えず可愛らしいと言うか。
いっちゃってんだか、とぼけてるのか。なかなか、こんな表情は出来るもんじゃないなと。
で、アルバム・タイトルが『Torn & Frayed』って。因みにストーンズの同名曲は収録されてませんが。
困惑して、擦り減ってて。そんなタイトルつけるかよと。不思議とキースらしくはありますけどね。
不思議と言えば。こうやって。キースの歌声だけ(1曲疑問符付き)を続けて聴いてると。
何だかしらんけど。明るくなって、陽気になって。鼻歌のひとつも口ずさもうって。そんな気にさせられることで。
そこら辺りが。どんだけ地獄に近づこうが、地獄を見ようが生き残ってきた秘密なのかもしれないなと。

ところで旦那。
おう、なんでぇ。
ボビーの旦那は残念でしたね。
あぁ、流石に堪えたな。
そうですよねぇ。

マックも、な。
続けて逝かれちゃいましたもんね。
あいつぁ、なんたっけな、あのバンド。
スモール・フェイセスですかい。
そう。あの頃からな、いい腕してたんだよ。

ニュー・バーバリアンズってのもありやしたね。
おっ、そうそう、そうだったな。
思いでも色々あるんじゃないですかい。
ボビーはな、サンドイッチにまでキャビア詰めて食う様な野郎でなぁ・・・
旦那、もう一献いきますか。

あれほど。テキサンって言葉が似合う奴はいなかったよ。
そうですね。あっしも大ファンだったんですぜ。
なんだよ。お前、いい奴だな。
恐れいりやす。
ほれ。お前も飲りねぇ。おーい、冷もう一本な。

マックの旦那のピアノも御機嫌でしたね。
そうよ。'81のツアーなんかあいつの弾む鍵盤がなぁ・・・
淋しくなりましたね。でも、旦那はまだまだ転がるんでやしょう。
当りめぇだろう。もうここまできたら。関係ないんだよ。
いけるところまで、いくと。

もう、続けるとか。止めるとかじゃないんだ。
そうなんですかい。
おうよ。ここまで来たんだからよ。なんだよ。
へぃ。
使命みたいなもんもな、あんじゃねぇか。

使命ですかい。
渡してかなきゃいけねぇしだな。
渡して。
繋いでいかなきゃいけねぇだろうし。
繋いで。
そうだよ。ここで終わらせちゃ面白くねぇだろう。

しかし。なんですね。
なんだよ。
そうすると。旦那は当分死ねませんぜ。
馬鹿野郎。俺は死なねぇんだよ。
不死身なんですかい。

おう。全身の血液を入替えたからな。
あっ、あれやっぱり本当だったんですね。
それに、歯もまた生えてきやがった。
ほんとうだ。もはや物の怪ですねぇ。
馬鹿野郎。人を怪物扱いするんじゃねぇよ。

それにしても。どうしたら・・・
前を見るんだよ。
へっ。
どんだけ。こんがらがろうが。
へぃ。
どんだけ。雑巾の様な気分になろうが。
前を見ろと。
そうよ。前だけ見てりゃいいんだよ。
そいつがねぇ。なかなかねぇ。
馬鹿野郎、顔を上げねぇか。
顔をですかい。
下を向いてたって幸運なんか落ちちゃいねぇんだよ。
だから。顔を上げて。
そうよ。幸運の女神って奴を見つけるんだよ。
幸運の女神を。
逃すなよ。女神にゃな後ろ髪はねぇからな。
それで。生き残れと。

そうよ。わかったかい。
へぃ。
声が小さい!
へい!
よし。ほら飲むぞ。

へい。いただきやす。
おっ、なんでぇ、元気が出てきたじゃねぇか。
恐れいりやす。
じゃぁ、ほら、肴にあれだよ。なんだ。いつものやつな。
へい!お姉さん、炙った烏賊、こちらの旦那にね!

Happy Birthday ! Keef Riff Hard !



web拍手 by FC2

|

« 2014/12/15 Mon *金縛り / The Street Sliders | トップページ | 2014/12/19 Fri *ならず者になっても / The Rolling Stones »

001 British Rock」カテゴリの記事

008 The Rolling Stones」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/60831412

この記事へのトラックバック一覧です: 2014/12/18 Thu *生き残れ / Keith Richards:

« 2014/12/15 Mon *金縛り / The Street Sliders | トップページ | 2014/12/19 Fri *ならず者になっても / The Rolling Stones »