« 2015/01/08 Thu *突発的なれど / Jimi Hendrix | トップページ | 2015/01/10 Sat *ポニーテールとタータン・チェック / Bay City Rollers »

2015/01/09 Fri *枯れてられるか / Eric Burdon

20150109tillyourriverrunsdry


正直。
もうさ。
色々と。
ガタがきててさ。
辛いんだよな。

目は霞むし。
耳は遠くなるし。
髪は細くなるし。
腰は軋むし。
腕は上がらないし。

頭は回らないし。
三歩、歩けば忘れるし。
舌は縺れるし。
言ったことも。聞いたことも。
曖昧になるし。

見た目は。
実年齢より。
若く見えるらしいけど。
辛いもんは。
辛いんだよ。

だけどさ。

『'Til Your River Runs Dry』'13年リリース。
エリック・バードン、70歳を越えての最新アルバム。
アニマルズ、ウォー、そしてソロと歌い続けるバードン。
華やかな栄光に包まれた時期もあれば。迷走した時期もあり。
新たな試みに挑戦し続けて。理解されない傾向があったりもして。
それでも。歌い続けてきた、歌い続けているバードンなのです。
アニマルズですからね。キャリアとしてはストーンズ並になるんですよね。
その割には未だに初期アニマルズでの活動以外は知られてないなと。
かって。ブライアン・ジョーンズをして英国最強のヴォーカリストと言わしめたバードンです。
その黒く、熱く、魂のこもった野獣の如き歌声は。何とも魅力的でした。
流石に。このアルバムでは声量は落ち、声も嗄れてきているものの。
歌に向かう真摯な姿勢、歌声の熱さは些かも変わっていないのに驚かされます。
なんでも敬愛するボ・ディドリーが亡くなったのをきっかけに。久々に腰を上げて。
ファッ・ドミノと録音する為にニューオーリンズに向かったんだとか。結局その話は流れたみたいですが。
ニューオーリンズでの録音も含まれて、ブルージーでハードなサウンドと対峙して。
時に激しく、時に渋く歌うバードン。ボに捧げるナンバーもあって。改めての生涯現役宣言かもねと。
声は多少嗄れても。決して枯れはしないぞと。渋すぎるジャケットの力強い視線も語っているかで。
もう20年以上前に観たその雄姿を思い浮かべながら、こっちも枯れてはいられないなとね。

正直。
もうさ。
そこらじゅう。
サビてきててさ。
難しいんだよな。

遠近両用だし。
補聴器はまだ先だろうけど。
抜け毛は多いし。
サポーターとか。
マッサージとか欠かせないし。

回転遅くて。記憶力低下して。
外付けの。
ハードディスクとか。
メモリーとか。
増設できるものなら増設したいし。

見た目だけは。
実年齢より。
若く見えるのも何だしな。
難しいもんは。
難しいんだよ。

だけどさ。

まだ。
まだまだ。
辛くても。
難しくても。

立てるうちは。
歩けるうちは。
走れるうちは。
考えられるうちは。
言葉にできるうちは。

立たないとな。
歩かないとな。
走らないとな。
考えないとな。
言葉にしないとな。

頑固。
頭が固い。
依怙地。
融通がきかない。
何と言われようと。

このままにして。
見ざる。聞かざる。言わざるで。
大切な。何かが。
失われていく。涸れてしまう。
それを放置はできんよな。

枯れてられるか。



web拍手 by FC2

|

« 2015/01/08 Thu *突発的なれど / Jimi Hendrix | トップページ | 2015/01/10 Sat *ポニーテールとタータン・チェック / Bay City Rollers »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/60954195

この記事へのトラックバック一覧です: 2015/01/09 Fri *枯れてられるか / Eric Burdon:

« 2015/01/08 Thu *突発的なれど / Jimi Hendrix | トップページ | 2015/01/10 Sat *ポニーテールとタータン・チェック / Bay City Rollers »