« 2015/01/11 Sun *必要なんだろ / James Carr | トップページ | 2015/01/13 Tue *白日夢 / Martha And The Vandellas »

2015/01/12 Mon *この道 / Otis Clay

20150112theonlywayisup


まぁ。
なんだよ。
その。
やっぱり。
ここなんだよ。

この空気。
この匂い。
ここに。
身を置いていたいんだ。
片隅で構わないから。

他にも。
好きなもの。
安らぐもの。
ありはするけれど。
ありはしても。

ここ。
この空気。
この匂い。
だから。
この道を歩むしかないんだよ。

『The Only Way Is Up』'82年リリース。
来日記念盤として日本独自に編集されたオーティス・クレイのアルバム。
日本のソウル・ファンの心の故郷となった'79年の来日以来。
日本では絶対的な人気を博していたクレイですが。何故かはわかりませんが。
クレイって日本以外での評価って低いんですよね。人気もいまひとつだったんですよね。
こんなにソウルフル、黒くて熱くて胸を揺さぶる素晴らしい歌声なのにね。
てなことで。米国ではシングル盤でしかリリースされなかったり、お蔵入りになってたナンバー。
それを10曲集めてアルバムにしたのが日本のビクターだったと。偉いなぁ、素晴らしいなぁ。
ただ、日本のみのリリースだからってこのジャケはねぇ。売れない演歌歌手じゃないんだから・・・
録音された年代は'75年~'81年までと幅があって。当然バックのサウンドも変化していて。
後年になるほど。ちょっとクレイに歌わせるには軽いんじゃないのとの不満もあるのですが。
そんな時でも。どんな時でも。クレイの歌声は変わることなく。黒くて熱くて。胸を揺さぶります。
この胸に迫ってくる感じ。そうか。それが。どこか演歌を思わせるところもあるから人気があるのかな。
しかもね。歌詞がね。一途に思いを伝えてるのに届かないとか。恋に破れる男の歌が多いんだよなぁ。
それがまたクレイの歌声にはあってるし。いかつい風貌も逆にね、一途さに通じるものがあるのかな。
兎にも角にも。これだけの素晴らしいソウル・シンガーに支持が集まる日本ってのはいい国だなと。
だからね。世界的にももっと評価されて欲しいんだけどなぁ。そりゃ、確かに。
俺はこの歌い方しかしねぇ、この道しかいかねぇって一本調子なところはあるけどね。いいじゃんと。
あの傑作ライヴ・アルバムしか聴かれてない傾向もありますが。是非、このアルバムもね聴いて下さいませ。

まぁ。
なんだな。
そう。
やっぱり。
この道なんだよ。

この加減。
この塩梅。
ここを。
歩き続けていきたいんだ。
片隅で構わないから。

他にも。
好きなもの。
安らぐもの。
無いではないけれど。
なくてもさ。

ここ。
この加減。
この塩梅。
だから。
この道を行くしかないんだよ。

熱くなれる。
痺れる。
震える。
胸に沁み込む。
そんなものが感じられる。

楽しくなれる。
伝わる。
揺さぶられる。
胸に突き刺さる。
そんなものが存在する。

ここに。
いたいんだ。
この道を。
行きたいんだ。
例え片隅だとしても。

この道しかないんだよ。



web拍手 by FC2

|

« 2015/01/11 Sun *必要なんだろ / James Carr | トップページ | 2015/01/13 Tue *白日夢 / Martha And The Vandellas »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/60970934

この記事へのトラックバック一覧です: 2015/01/12 Mon *この道 / Otis Clay:

« 2015/01/11 Sun *必要なんだろ / James Carr | トップページ | 2015/01/13 Tue *白日夢 / Martha And The Vandellas »