« 2015/02/11 Wed *時は・・・ / Fenton Robinson | トップページ | 2015/02/13 Fri *狂わずにはいられない / John Lee Hooker »

2015/02/12 Thu *もう少し・・・ / Etta James

20150212comealittlecloser


もう少し。
あと、もう少し。
近ければ。
その一歩を。
踏み出せるものを。

もう少し。
あと、もう少し。
手の届く範囲であれば。
何としても。
手に入れるものを。

もう少し。
その少しが。
とてつもなく。
遠く感じられて。
踏ん切りがつかない。

もう少し。
その少しが。
実感できなくて。
実現するイメージが。
具体的にならない。

もう少し。

『Come A Little Closer』'74年リリース。
永らくチェスの女帝として君臨し続けたエタ・ジェイムス。
その倒産まで在籍し続けたエタにとってチェスでの最後から2枚目のアルバム。
そしてR&Bチャートの上位に食い込んだ最後のアルバム。
映画『Cadillac Records』で誇張して描かれて。故に大衆の知るところとなった様に。
その活動の初期から薬物中毒に苦しめられてもいたエタ。
チェスに入社して直ぐにヒットを放ちスターとなるも、その活動は安定せずに。
それでも、チェスはエタを見捨てることなく。マッスル・ショールズに送り込んで。
あの傑作『Tell Mama』を制作したりと。如何にその才能、魅力を買ったいたかが窺われます。
このアルバムでも腕達者な面子を配していて。ローウェル・ジョージやボビー・キーズの名前も。
故に。ロックに寄り過ぎとの批評もある様ですが。しかしながらそこはエタです。
ステッペンウルフのカヴァーをやっても。そのブルージーでファンキーな様は。
明らかに、エタのブルース、R&Bならではの迫力に満ちた世界に仕上げていて。
その懐の深さを見せつけています。そう。若き日の情熱だけで勝負するエタでは無く。
その歌声の味わい深さ、表現力で聴く者を踊らせるだけでなく、抱きしめるエタがここにはいるのです。
確かにね。これがブルースかR&Bかと言われれば。はみ出てる部分もあるとは思いますが。
それも含めて。エタの世界、魅力なのです。そして。力強いのにどこか淋しげなところもね、エタなのです。

もう少し。
あと、もう少し。
傍に寄れれば。
その肩を。
抱き寄せられるものを。

もう少し。
あと、もう少し。
心の届く範囲であれば。
何としても。
触れてみせるものを。

もう少し。
その少しが。
とてつもなく。
永く感じられて。
冗談まじりで誤魔化している。

もう少し。
その少しが。
体感できなくて。
漂う空気が、匂いが。
姿を現さない。

もう少し。

それでも。
近づくのか。
留まるのか。
相反する心を抱えて。
葛藤している間は。

未だ。
何処かに。
何かに。
可能性を。
夢を見ている。

心は。
道は。
そちらを指している。
ただ。
引き留めるものも断ち切れない。

もう少し・・・

時間なのか。
決断なのか。
心の行き先、落ち着き先。
そいつを。
見定めていたい。

もう少し・・・
近くで。傍らで。



web拍手 by FC2

|

« 2015/02/11 Wed *時は・・・ / Fenton Robinson | トップページ | 2015/02/13 Fri *狂わずにはいられない / John Lee Hooker »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/61133709

この記事へのトラックバック一覧です: 2015/02/12 Thu *もう少し・・・ / Etta James:

« 2015/02/11 Wed *時は・・・ / Fenton Robinson | トップページ | 2015/02/13 Fri *狂わずにはいられない / John Lee Hooker »