« 2015/03/20 Fri *ポケットの中に / O. V. Wright | トップページ | 2015/03/24 Tue *平等とは言え / B.B. King »

2015/03/23 Mon *逃れられない / Lightning Hopkins

20140323lightninghopkinsearlyrecord


消せない。
消えない。
忘れない。
忘れてくれない。
そう。逃れられない。

どこかで。
断ち切ったつもりでも。
どこかで。
繋がっていやがる。
何度断ち切ってもな。

どこかで。
変わったつもりでも。
どこかに。
残ってやがる。
何度変わろうとしてもな。

結局。
原点となる。
体験や記憶。
そんなものからは。
逃れられない。

ずっと。
ついて回りやがる。
まぁ。
いまじゃ。慣れちまって。
またか。しかたねぇなと。

しかし。逃れれらない。

『Early Recordings』'69年リリース。
ライトニン・ホプキンスの再発見前、初期の録音から編集されたアルバム。
'12年生まれのホプキンス。極貧生活を送り、ギャング紛いの生活をしていて。
'30年代には刑務所暮らしも体験していたとか。同時に'30年からブルースにも接していて。
早くから地元テキサスでは結構名の知られた存在だったとか。
刑務所暮らしの影響もあってか初めて録音したのが'46年、34歳の時と遅咲きのデビュー。
再発見前のの全盛期は'40年代半ばから後半と言われていて。
このアルバムは'47年~'49年の録音から選曲されているので。まさに旬なライトニンだと。
アコギにピックアップをつけて弾き語るライトニン。そのギター、その歌声。
その渋さ、そのダーティな雰囲気。再発見後に比較するとフェイクも無くストレートなだけに。
余計にその渋く、そして本物のダーティさが聴く者にもストレートに伝わってくるのです。
ギターと歌声の絡みがなんともいい按配で。いぶし銀的な味わいもあるのですが。
それ以上に。そこに秘められれたライトニンの感情、思いが何とも言えず。迫ってきます。
自分の見たもの、経験したことを歌うことを生涯そのブルースの原点としていたと言うライトニン。
生まれた時から貧しくて。父親もミュージシャンだったもののギャンブル好きでもあったらしく。
ライトニンが6歳の時に射殺され、8歳からギターを手にするものの、学校へも行けず。
何をやっても上手くいかず、ついにはギャングになって刑務所暮らしと。
そんな生れ落ちてからの体験を常に忘れずにブルースにしていたと言うことになります。
逃れようと思ったこともあると思うのですが。「Goin' Back And Talk To Mama」なるナンバーもあって。
それでも生まれ故郷のテキサスを、そこでの生活を終生思い続けたのだなと。うん。考えさせらるかな。

消せない。
消したいんだけどな。
忘れない。
忘れたいんだけどな。
そう。逃れられない。

総てを。
断ち切ったつもりでも。
何かで。
繋がっていやがる。
面倒だったらありゃしない。

完全に。
変わったつもりでも。
どこかに。
宿ってやがる。
しつこいったらsりゃしない。

結局。
原点となる。
風景や空気。
そんなものからは。
逃れられない。

ずっと。
ついて回りやがる。
まぁ。
いまじゃ。半ば諦めて。
またか。いつものことさと。

しかし。逃れれらない。

本当に。
消したいんだ。
忘れたいんだ。
とっとと。
逃れたいんだ。

真面目に。
断ち切りたいんだ。
変わりたいんだ。
とっとと。
逃れたいんだ。

なのに。
逃れられない。
そんな。
ものが。
ついて回りやがる。

あぁ。
そうさ。
わかってるよ。
奴等が。
ついて回ってるから。

他の。
誰でもなく。
俺は。
俺なんだろう。
そいつは承知なんだが。

それでもな。
しんどい時もあれば。
堪らん時もあるんだよ。
だから。
出来れば。そうなんだ。

逃れたい。



web拍手 by FC2

|

« 2015/03/20 Fri *ポケットの中に / O. V. Wright | トップページ | 2015/03/24 Tue *平等とは言え / B.B. King »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/61338124

この記事へのトラックバック一覧です: 2015/03/23 Mon *逃れられない / Lightning Hopkins:

« 2015/03/20 Fri *ポケットの中に / O. V. Wright | トップページ | 2015/03/24 Tue *平等とは言え / B.B. King »