« 2015/03/25 Wed *真夜中午前三時過ぎ / Clarence Gatemouth Brown | トップページ | 2015/03/27 Fri *男は黙って / Shakey Horton »

2015/03/26 Thu *裏通り / Little Milton

20150326walkinthebackstreets


表通りは。
好きじゃ無い。
どうも気が退ける。
似合わないんじゃないかと。
どうしても。そう感じる。

別に。
前科があるじゃなし。
まぁ。
ばれたら。脛に傷の一つや二つ。
できない訳じゃ無いけどさ。

堂々と。
歩きゃいいんだけど。
なんかさ。
緊張するんだよな。
陽の当たる道ってのはさ。

だから。
ついつい。
裏通りを選んで。
歩くんだよな。
もう習性になってるんだよな。

でも。
まぁ。
裏通りだと安心して。
軽やかに。
あっちへ。こっちへ。

フラフラ。
出来るんだから。
裏通りで。
いいんじゃないのと。
思うんだけどね。

『Walkin' The Back Streets』'81年リリース。
チェス(チェッカー)からスタックスに移籍してもブルース界の大スターだったリトル・ミルトン。
数々の名作、傑作をものにして。ヒットも連発しましたがオリジナル・アルバムは2枚のみで。
特にスタックスでのミルトンの最高傑作とも言える「Walking The Back Streets And Crying」さえも。
アルバム化されることは無く。長らくシングル盤を手に入れるしかない状況だったのですが。
この'72年~’74年の音源を編集したアルバムに収録されて。ようやく気軽に聴ける状態になったのでした。
しかも残る8曲は未発表曲だったりもしたので。大いに歓迎されたアルバムだったとか。
さて。ミルトンと言うと。ブルース先進国(?)の日本でもいま一つ人気が無かったと言う。
その原因には諸説ありますが。ミルトンってギタリストでありヴォーカリストなんですけどね。
何故かアルバムのジャケットではギターを持ってる姿が殆ど使われてなくて。
それがギター偏重主義(?)の日本では受けなかった、聴かれなかった理由だとか言われています。
(なんてって。初来日のステージでミルトンがギターを持って出てきたら客席がどよめいたとも・・・)
そんなに日本の事情に配慮した訳でも無いでしょうが。ミルトン、満を持してギターを抱えています。
改めて聴いてみると。ミルトンのギターって攻撃的でも無ければ、瞬発力や粘着力で勝負でも無くて。
溜めと言うか、間と言うか。ここぞと言う時にビシッとサラッと決めてみせる。そんなタイプかなと。
言ってみれば弾かないところを聴かせてるんですよね。それがブルージーでありながら軽快な。
そのヴォーカルと絶妙なバランスを保って。ミルトンならではのモダンなブルースになっていると。
これやっぱり。サザン・ソウルのメッカでもあった。スタックスでの制作だってのも大きいですよね。
何事にも過剰になり過ぎない。泥臭くも無いけど、スタイリッシュなだけじゃない。クールなサウンド。
アルバート・キングと並んでミルトンもスタックスの恩恵を大いに受けたブルース・マンだった訳です。
女に振られて泣きながら裏通りを歩いてるんだ、耐えられないんだ。そんなブルースを。
まるで肩で風を切るように奏でられる、歌えるブルース・マンってのも他にはいないんじゃないかなぁ。

表通りは。
好きになれない。
どうも気が合わない。
自分の歩く道じゃないと。
どうしても。そう感じる。

別に。
後ろ暗いことがあるじゃなし。
まぁ。
ばれたら。刺される様なことに。
覚えがない訳じゃ無いけどさ。

洋々と。
歩きゃいいんだけど。
なんかさ。
躊躇するんだよな。
陽を照り返してる道ってのはさ。

だから。
ついつい。
裏通りから裏通りへと。
歩くんだよな。
もう染みついてるんだよな。

でも。
まぁ。
裏通りだと気を許せてて。
心地良く。
あっちへ。こっちへ。

フラフラ。
出来るんだから。
裏通りも。
悪くないんじゃないのと。
思うんだけどね。

大体さ。
皆が認める。
表とかさ。
いっぱいいるから。
表だとかさ。

そっちのが。
なんか。
嘘くさくないか。
明るすぎるってのは。
信用できなくないか。

陽も射さず。
黴臭く。
人通りもまばらで。
でも。
体温の感じられる。

そんな。
裏通り。
そいつがさ。
居心地がいいんだよ。
信用できるんだよ。

それに。
裏通りなら。
少しぐらい。
涙零れてしまっても。
誰も好奇の目なんか寄せないし。

言葉にしない。
優しさが。
触れない。
優しさが。
落ちてたり、通り過ぎたり。

裏通り。
好きなんだよなぁ。



web拍手 by FC2

|

« 2015/03/25 Wed *真夜中午前三時過ぎ / Clarence Gatemouth Brown | トップページ | 2015/03/27 Fri *男は黙って / Shakey Horton »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/61353064

この記事へのトラックバック一覧です: 2015/03/26 Thu *裏通り / Little Milton:

« 2015/03/25 Wed *真夜中午前三時過ぎ / Clarence Gatemouth Brown | トップページ | 2015/03/27 Fri *男は黙って / Shakey Horton »