« 2015/05/14 Thu *禍根の日に / Otis Spann | トップページ | 2015/05/16 Sat *飴と鞭 / Candi Staton »

2015/05/15 Fri *悩ましいのは / Albert King

20150515thepinch


悩ましいのは。
悩まされるのは。
そいつは。
結局のところ。
幾つになっても同じ。

そら。
まぁ。
色々と悩みの種は。
尽きないけれど。
突き詰めれば。

原因は。
大元は。
総て。
根っ子は同じ。
そんなものなのか。

いいのかね。
それで。
だってさ。
意識して。目覚めて。
もう云十年。

そろそろ。
悟りを開いて。
多少の揺さぶりには。
動じもしない。
そうなっても・・・

否、そうなったら。
不思議か。
そうなってしまったら。
終りだな。
悩まされ続ける。それでいいんだな。

『The Pinch』'77年リリース。
再興されたスタックスからのアルバート・キングのアルバム。
録音は'74年~'75年に行われていたもので。
その当時にリリースされなかったのはスタックスの経営が行詰っていた為とか。
もう既にスタックスのメンバーも変わり。MGズも全員が参加はしていませんが。
時代ゆえか、ぐっとソウルに接近したサウンドの中。リラックスしつつも。
アルバートは、あくまでアルバートなので。そのギターと歌声は変わらず。
若干、優しくなったかなと感じさせつつも。好調に弾きまくっています。
メジャーなナンバーではより勢いとファンキーさが増して痺れさせてくれますし。
マイナーなナンバーでも徐々に加速しながら乗せてくれますし。流石はアルバートです。
ただリリースに至った経緯も関係しているのか結構フェード・アウトするナンバーが多くて。
えっ、ここで終わっちゃうの。もっと聴かせてよ。満足できないよとの悩ましさはあるかな。
「Oh, Pretty Woman」の16ビートでの再演とか、インストの「King Of Kings」なんてね。
実にファンキーでカッコいいんですけどね。よし、ここからもう一発ってところでね。
あれ、終わっちゃうのと。それが残念かなぁ。いい感じでアルバートも弾いてるんだからさぁと。
この16ビートの「Oh, Pretty Woman」と「King Of Kings」の続きなんて凄くいい流れなんで。
もう少し丁寧に編集されてたらねと。それだけが。何回、針を落としても悩ましいかなぁ。
そうそう。CDではアルバム・タイトルが変更され。この素晴らしいジャケットも変更されてます。問題だよなぁ(笑)。

悩ましいのは。
悩まされるのは。
そいつは。
結局のところ。
年が変わっても。歳を重ねても同じ。

そら。
まぁ。
色々と悩みの種は。
あれやこれやとあるけれど。
突き詰めれば。

原因は。
大元は。
総て。
根っ子は同じ。
昨年も。一昨年も。何歳であろうと。

いいのかね。
それで。
だってさ。
覚えて。始めて。
もう云十年。

そろそろ。
悟りを開いて。
多少の事では。
感じもしない。
そうなっても・・・

否、そうなったら。
駄目なんだよな。
そうなってしまったら。
本当の終りだな。
悩まされ続ける。それでいいんだな。

いいか。
どうかは。
まぁ。
色々と考え方も。
あるんだろうけど。

だけどなぁ。
どう考えても。
未だに。
悩ましいのは。
同じだしなぁ。

悩まされるのも。
何だか。
以前と。
変わってないし。
同じなんだよなぁ。

悩みの種は。
悩ましいのは・・・
まぁ、いいか。
ここまで悩まされてきたんだ。
どうせだ。この先も。

大いに。
悩ませてもらうかな。
気温も上がって。
街の風景も。
そう。変わっていくからな(笑)。



web拍手 by FC2

|

« 2015/05/14 Thu *禍根の日に / Otis Spann | トップページ | 2015/05/16 Sat *飴と鞭 / Candi Staton »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/61600593

この記事へのトラックバック一覧です: 2015/05/15 Fri *悩ましいのは / Albert King:

« 2015/05/14 Thu *禍根の日に / Otis Spann | トップページ | 2015/05/16 Sat *飴と鞭 / Candi Staton »