« 2015/05/17 Sun *それでも生がいい / Wilson Pickett | トップページ | 2015/05/19 Tue *そろそろ / Margie Joseph »

2015/05/18 Mon *魂、燃やして焦がして / Sam & Dave

20150518soulmenusorg


また。
きやがった。
月曜日だ。
週の始まりだ。
なんてこった。

まぁ。
そりゃ毎度だけど。
そんなに律儀に。
こなくても。
いいんじゃないかと。

偶には。
月曜日も。
サボれば。
いいんじゃねぇのと。
本気で思うのだが。

どうも。
奴には。
そんな気は。
さらさら無いらしい。
今週も元気でございますか。

抵抗は諦めて。
対抗するには。
こっちも。
燃やして。焦がして。
魂で相手するしかないらしい。

まったく。
月曜日から。
疲れる話だが。
仕方ねぇ。
舞台に上がってやりますか。

『Soul Men』'67年リリース。
ダヴル・ダイナマイト、サム&デイヴのスタックスでの3rdアルバム。
汗と唾飛び散る、魂の男達サムとデイヴです。
あのオーティス・レディングもライヴでの共演は嫌がったと言う。
魂、燃やして、焦がして。全身全霊でソウルするサムとデイヴです。
アップ・テンポのナンバーでは聴く者の胸倉を掴んで高揚させ。
スロー・バラードでは胸の奥の柔らかいところに優しく触れ泣かせる。
その両方を見事なコンビネーションでこなしてみせるサムとデイヴです。
なんか、もう。サムとデイヴ。その名前を呟くだけで魂が震えるのです。
まぁ、何と言ってもアイザック・ヘイズとデヴィッド・ポーターによる普及の傑作である、そう。
「Soul Man」がね。とにかく素晴らしくて。この1曲だけで勝負ありってところですが。
まだまだこんなもんじゃないよと。硬軟織り交ぜての全11曲。
その総てが魂の結晶なんですよねぇ。バックも黄金のスタックス・サウンドですからね。
アップ・テンポはファンキーに、スロー・バラードはブルージィーにと。
決して派手になり過ぎない、甘くなり過ぎない。その加減も絶妙で。
スタックスのアルバムとしても指折りの傑作に数えられていいんじゃないかと思います。
どんなジャンルでも。歌に対しては真摯に向き合い、魂込めなきゃいけないんだと。
そんなことを改めて教えられ。聴いてるこちらの魂も燃え上がり、焦がすのです。

また。
きやがった。
月曜日だ。
週の始まりだ。
よしわかった。

まぁ。
そりゃ毎度毎度。
律儀なもんだと。
感心するけど。
いい様にはさせないぞと。

偶には。
月曜日を。
サボりたいなと。
思わせてやろうじゃねぇかと。
本気になって。

どうにも。
そんな気は。
さらさら無いって。
その面に。鼻の頭に。
先制攻撃でも食らわしてやるかと。

抵抗じゃないぞ。
対抗なんだぞと。
こっちも。
燃やして。焦がして。
魂で相手してやる、やるんだ。

まったく。
月曜日から。
疲れる話だが。
仕方ねぇ。
リングに上がってやりますか。

おっ。
笑ったな。
舐めんじゃないよ。
俺だって。
その気になればな。

月曜日からだって。
月曜日の朝からだって。
全力で。
走れるし。戦えるし。
恋だってしちゃうんだからな。

ちょっと。
待て。
そうは言っても。
心にも。魂にも。
準備は必要なんだよ。

いきなり本気になるなよ。
未だ幕も上がってないし。
ゴングだって鳴って無いだろ。
焦るんじゃないよ。
何事にも準備とか加減があるんだよ。

俺の。
魂が。
燃えるまで。
焦げるまで。
そうだな、一時間くらい待ってくれないかな。

魂、燃やして焦がして。



web拍手 by FC2

|

« 2015/05/17 Sun *それでも生がいい / Wilson Pickett | トップページ | 2015/05/19 Tue *そろそろ / Margie Joseph »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/61619497

この記事へのトラックバック一覧です: 2015/05/18 Mon *魂、燃やして焦がして / Sam & Dave:

« 2015/05/17 Sun *それでも生がいい / Wilson Pickett | トップページ | 2015/05/19 Tue *そろそろ / Margie Joseph »