« 2015/05/18 Mon *魂、燃やして焦がして / Sam & Dave | トップページ | 2015/05/20 Wed *フィクションとノンフィクション / Original Sound Truck »

2015/05/19 Tue *そろそろ / Margie Joseph

20150519phasetwo


さて。
いよいよ。
そろそろ。
次の段階へ。
その準備を。

始めるかなと。
焦るつもりも。
慌てる必要も。
無いのだけれど。
想定通りに。

いるもの。
いらないもの。
やりたいこと。
やりたくないこと。
時間をかけて。

見極めてきた。
成果が。
出てきたかなと。
残すものは残して。
切るものは切って。

ゆっくりと。
しかし。
間に合う様に。
スタートラインに。
向いましょうかと。

まだ少し。
肩に力が。
心に迷いが。
そいつも心の赴くままに。
任せておけばいい。

『Phase Ⅱ』'72年リリース。
ミシシッピ出身のマージー・ジョゼフ。
ニューオーリーンズの大学を卒業、カウンセラーの仕事を経て。
そして。ソウル・シンガーを目指したと言う異色の経歴を持つ才媛。
そんなマージーのスタックス傘下、ヴォルトでの2ndアルバム。
デビュー時から、その歌声やスタイルがアレサ・フランクリンと比較されたと。
そんな才能の持ち主であるマージーです。その歌声の深さと味わいは絶品で。
バックを務めるバーケイズの好演もあって。このアルバムもディープなソウルが堪能できます。
シュープリームスのカヴァーも歌っていますが。まるで別のナンバーの様な味わいがあります。
カウンセラーと言う職業を捨ててまで選んだ第二の道、ソウル・シンガーとしても成功したと。
但し。ヴォルト時代のマージーは商業的な面では苦戦を強いられて。
諸説ありますが。一つにはやはりアレサに似すぎていて。二番煎じと見られたとか。
そもそも。ヴォルト自体にそこまでの営業力が無かったって話もあったりとか。
兎に角。その才能、歌声に見合うだけのセールスは上げられなかったと。
本当に内容的には素晴らしいだけに。マージーにも忸怩たる思いがあったのではないかと思いますが。
それでも。前を向いて、次を見据えて歌い続けたマージー。やがてアトランティックに移籍して。
大輪の花を咲かせることになります。それも地道に歌い続けたマージーの努力と。
アレサとの仕事で名を馳せていたアリフ・マーディンを口説き落とした戦略が成功したんだろうなと。
そんなマージーの“そろそろ”が感じられるアルバムでもあるのです。

さて。
いよいよ。
そろそろ。
次の章の幕開けの。
その準備を。

始めるかなと。
焦らずに。
慌てもせずに。
計画してきた。
想定通りの道程で。

白も。黒も。
見えてきたので。
漠然でもいい。
曖昧にはさせないと。
時間をかけて。

辿り着いた。
答えが。
見えてきたかなと。
放したくないものは放さずに。
そうでもないものは放っておいて。

ゆっくりと。
しかし。
その時には。
スタートラインに。
立っていましょうかと。

まだ少し。
膝に震えが。
心にしこりが。
そいつも心の赴くままに。
任せておけばいい。

そろそろ。
いらないものを。
切り捨てて。
必要なものだけ。
携えて。

そろそろ。
焦らず。
慌てず。
次の段階へ。
次の章へ。

そろそろ。
先へと。
次へと。
更なる先、更なる次。
その道へと。

そろそろ。



web拍手 by FC2

|

« 2015/05/18 Mon *魂、燃やして焦がして / Sam & Dave | トップページ | 2015/05/20 Wed *フィクションとノンフィクション / Original Sound Truck »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/61626810

この記事へのトラックバック一覧です: 2015/05/19 Tue *そろそろ / Margie Joseph:

« 2015/05/18 Mon *魂、燃やして焦がして / Sam & Dave | トップページ | 2015/05/20 Wed *フィクションとノンフィクション / Original Sound Truck »