« 2015/05/22 Fri *憧憬が俺を殺す / Elton John | トップページ | 2015/05/24 Sun *葛藤最高潮 / The Rolling Stones »

2015/05/23 Sat *スポットライトなど / Rod Stewart

20150523atlanticcrossing


いい天気だな。
それにしても。
退屈だよな。
校庭から掛け声が聞える。
窓の外を見下ろしてみる。

体育でランニングね。
この暑いのに。
ご苦労さんなこって。
どこのクラスだろうね。
あれ?あの後姿は。

ポニーテールが揺れている。
なんだ。あいつのクラスかよ。
相変わらず。手抜いて走ってんな。
相変わらず・・・いい脚してるよな。
あぁ、あんなに汗かいちゃって。

なんだって。
違うクラスになったんだろうね。
なかなか話もできないじゃん。
まったくな。つまんねぇな。
しかし。遠くから見てもいい女だねぇ。

おい。おい。
ん?誰のことだよ。
俺?俺か。なんなんだよ。
この質問に答えろってか。
○△×です。

黙っちまいやがんの。
座っていいですよね。
あんたの考えてることなんかお見通し。
それよりもと・・・いたいた。
あの娘の胸の内が見通せたらなぁ。

『Atlantic Crossing』'75年リリース。
ロッド・スチュワートの移籍第一弾にして初の米国録音となったアルバム。
アルバム・タイトル通りに、大西洋を超えてアメリカへと渡ったロッド。
未だフェイセズに在籍はしていたものの。既に次を見据えていたのは確かかな。
ロッド自身よりも。レコード会社や周囲が独立させてしかたななかったんだろうな。
確かにこのアルバムからロック・スター、としての雰囲気が漂い始めたのは確かかな。
英国時代はフェイセズのメンバーを中心とした身内とも言える面子中心に録音していたのが。
マッスル・ショールズでも録音されたこのアルバムではその面子は参加せず。
マッスル・シヨールズの手練れ達に、スティーブ・クロッパー、ドナルド・“ダック”・ダン、アル・ジャクソン。
そしてジェシ・エド・デイヴィスまでが参加して。新たなロッドの船出を手助けしています。
プロデューサーのトム・ダウドの狙いがあったのか。豪華だけど味のある面子。流石はダウドです。
その期待に応えて。支えられて。あの歌声でソウルフルに歌い上げるロッド。ロッドはロッドだと。
このアルバム。A面がFast Sideとしてロックンローラーとして、B面がSlow Sideとしてバラーディアーとして。
ロッドの持つ二つの顔の魅力を際立たせている構成も何とも憎いところで。
憎いと言えば相変わらずカヴァーの選曲も見事で。「Drift Away」「I Don't Want To Talk About It」ときて。
「It's Not The Spotlight」「This Old Heart Of Mine」そして「Sailing」だもんな。反則でしょうと。
でも。それを歌いこなせる、自分の歌に出来る自信と実力があってこそできることですからね。
その解釈力と表現力の豊かさ。'70年代半ばなまでのロッドは本当に歌に真摯に向き合ってたんだなと。
英国時代の哀感や情感は保たれてるものの。ややオーバー・プロデュース気味なのが惜しいけど。
一般的には「I Don't Want To Talk About It」や「Sailing」がよく知られるところなのでしょうが。
「It's Not The Spotlight」、日本でも浅川マキ、カルメン・マキ、夏木マリと錚々たる顔ぶれが歌っている。
このナンバーがね。歳を重ねる毎に沁みる様になってくるんですよねぇ。
以前から針を落とすと。ある時間、瞬間の匂いや思いが一瞬にして蘇るアルバムでしたが。
なんだかね。また新たに。自分にとっては新しく思いが宿るアルバムにもなりつつあるかな。多分ね。

やっと終わりかよ。
ホームルームね。
退屈だよな。
そっと席を立って。
後ろの扉から失礼します。

さてと。
暑くて堪んないし。
茶店にでも寄ってくか。
今日はどの店にしますかね。
あれ?あの後姿は。

ポニーテールが揺れている。
なんだ。あいつもサボりかよ。
相変わらず。悪い娘してんじゃん。
相変わらず・・・いいケツしてるよな。
あれ、何だか汗かいてきたな。

そうだよな。
違うクラスになってから。
殆ど話もしてないからな。
まったくな。切っ掛けが見つからないだろ。
しかし。いつ見てもいい女だねぇ。

お、おい。
ん?
な、なんだよ。早退かよ。
そっちこそ。
まぁ、偶にはな。

笑ってやがんの。
な、なんだよ。横に並んでみる。
相変わらずだと思ってさ。
なにがだよ・・・胸、大きくなったよな。
なに?どこ見てるのかな?

いや、別に。おい赤くなるなよ。
あの先生が気に入らないんでしょ。
え、なんだっけ。
だから。早退、サボりの理由。
まぁ、そうかな。

だから。相変わらずなんだって。
そうか、俺だって少しは・・・
あいつ依怙贔屓酷いもんね。
あぁ、そうなんだよ。
そういうの。許せないもんね。

えっ?
去年もそれで怒って喰ってかかって。
そうだったっけ。
差別された子に謝るまで許さないって。
そうか。それで休んでやったんだったな。

馬鹿だよね。自分の成績下がるのに。
しょうがねぇだろ。気づいたらさ・・・
それがいいとこなんだけどね。皆に平等に接するし。
そんなことねぇよ・・・お前は特別だぜ。
気をつけないと損するよ。私は好きだけど。

えっ?い、いまなんて・・・
じゃ、ここで。彼氏待ってるからさ。
はっ?い、いまなんて・・・
サボりなん似合わないよ。期待してるから。
なにを期待してるんだよ。

ポニーテールが揺れている。
廊下を小走りに遠ざかっていく。
白い脹脛を呆然と見送る。
あぁ、なんだかな。
勝手に期待だけするんじゃねぇよ・・・

あの頃も。
今も。
好きなものは。
女の娘と。
ロックンロール。

それに。
ジャックとギネスと。
多少、加わったものもあるけれど。
基本的には。
なんにも変っちゃいないんだよな。

あの娘の。
期待には。
応えられてないよな。
どう考えてもな。
スポットライトなんか浴びたこともないし。

でも。
いいか。
折り返しを過ぎて。
もう。
恐いものもあまりないしな。

この先に。
なにか。
新しいことや。
やりのこしたこと。
気付いたら。

やれるだけやって。
それで。
終れれば。
それはそれで。
いいんだよな。そうだよな。

スポットライトなど。
最期に見送られる時に目にできればいいさ。



web拍手 by FC2

|

« 2015/05/22 Fri *憧憬が俺を殺す / Elton John | トップページ | 2015/05/24 Sun *葛藤最高潮 / The Rolling Stones »

001 British Rock」カテゴリの記事

010 Faces」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/61649927

この記事へのトラックバック一覧です: 2015/05/23 Sat *スポットライトなど / Rod Stewart:

« 2015/05/22 Fri *憧憬が俺を殺す / Elton John | トップページ | 2015/05/24 Sun *葛藤最高潮 / The Rolling Stones »