« 2015/05/26 Tue *泣かない人は・・・ / Bob Marley & The Wailers | トップページ | 2015/05/30 Sat *いつか笑える日まで / 瀬川洋 »

2015/05/27 Wed *感じること、それが総て / Rita Marley

20150527whofeelsitknowsit


どうせ。
馬鹿な頭で。
あれこれと。
考えたところで。
わかりはしない。

所詮。
限られてる知識で。
あれやこれやと。
推測したところで。
当るはずもない。

それよりも。
心が。
体が。
いま何を感じているか。
いまどう感じているか。

その。
感じに。
素直に。
従うこと。
信じること。

それが。
己が。
本音に。
真実に。
辿り着く最良の道程。

なにも。
考えず。
推測せず。
感じること。
それが総て。

『Who Feels It Knows It』'81年リリース。
ボブ・マーリー夫人として、アイ・スリーズの一員として知られるリタ・マーリー。
'60年代から活躍していたリタはアイ・スリーズ加入後、ソロ活動は休止。
このアルバムが実質的な初めてのソロ・アルバムだったのではないかと思われます。
この米国盤には明記されてませんがボブがプロデュースに加わっている曲もあるそうで。
恐らくはボブの生前から録音は始まっていたんじゃないかと。
原盤はジャマイカのタフ・ゴングからで。この米国盤は曲の差し替えも行われているとのこと。
ジャケットでの笑みがなんとも印象的なリタ。大らかな母性を感じさせますが。
ボブ亡き後のタフ・ゴングの社長を務めたりと実業家としての一面も持っています。
さて。オリジナルや、ボブとの共作、そしてボブの手による曲を。
穏かでいながら凛とした歌声で聴かせてくれるリタです。針を落とした瞬間に心が和みます。
バックにはウェイラーズのメンバーも参加している為か、そのサウンドにも親しみを感じられて。
その歌声を聴いているだけ、その歌声に抱かれてるだけで。それだけで。
心も体も解きほぐされて、いい加減で脱力していく様な。そんな心持ちで漂ってしまう。
その感じ、リタの歌声とサウンドを聴いて感じたもの。それを信じて揺れていればいいかなと。
解き放たれた心と体で感じること。それが総て。それでいいと。何とも穏やかな心持ちになれるのです。
ラスタの神を信じていようと、他の何を信じていようと、何も信じていなかろうと。
それは問題ではないと。ただただ感じること、それが世の理や自然に近づくことなどそんな気持ちになるのです。

どうせ。
無い頭を。
どれだけ。
使ったところで。
わかりはしない。

所詮。
乏しい知識で。
あれだこれだと。
憶測したところで。
当るはずもない。

それよりも。
心が。
体が。
いま感じている何か。
いま感じているもの。

何か。
感じたものに。
素直に。
なること。
受け容れること。

それが。
己が。
本質に。
核に。
辿り着く最良の旅路。

無駄に。
使わず。
億青くせず。
感じること。
それが総て。

目を閉じて。
耳を澄ませて。
聴こえてくるものに。
響いてくるものに。
己を委ねて。

揺れながら。
漂いながら。
そうすれば。
やがて。
自ずと。
感じられるもの。

それを。
感じたこと。
そう。
感じたこと。
それが総てなのだと。

そうすれば。
自然に。
自分にも。
誰かにも。
近くなれる。

そうすれば。
自然と。
自分にも。
誰かにも。
寄り添える。

そんなもんじゃないかなと。
考える・・・
じゃなかった。
感じるのですが。
どうでしょうかね。



web拍手 by FC2

|

« 2015/05/26 Tue *泣かない人は・・・ / Bob Marley & The Wailers | トップページ | 2015/05/30 Sat *いつか笑える日まで / 瀬川洋 »

006 Raggae」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/61667683

この記事へのトラックバック一覧です: 2015/05/27 Wed *感じること、それが総て / Rita Marley:

« 2015/05/26 Tue *泣かない人は・・・ / Bob Marley & The Wailers | トップページ | 2015/05/30 Sat *いつか笑える日まで / 瀬川洋 »