« 2015/06/02 Tue *部屋に籠って / サンハウス | トップページ | 2015/06/04 Thu *農園の片隅から / ファニー・カンパニー »

2015/06/03 Wed *三歩進んで二歩下がる / The Mods

20150603beatodessey


一歩は。
進んだかな。
否、二歩、三歩。
進めたかな。
でもな。

実は。
下がってるって。
感じるとこもあって。
そっちも。
一歩、二歩、三歩。

まぁ。
そんなもんから。
始まるのも。
いいんだけど。
少しは進みたいかなと。

三歩進めれば。
上等。上等。
一歩下がっても。
二歩進んでるわけだし。
二歩下がっても。
一歩は進んでるわけだし。

なんて。
慎重に。
落ち着いて。
いられれば。
いいんのだけれど。

ついつい。
調子に乗って。
五歩も進んでしまって。
ところが。躓いて。
十歩ほども下がることになると。

膝でも抱えて。
蹲りたくなるわけだ。

『Beat Odyssey』'86年リリース。
モッズの初めてのベスト・アルバム。
苦節十数年にしてブレイクしたモッズの最初の記念碑とも言えるのかな。
「Knife & Pistol」「News Beat」と2曲の未発表曲を含んだ全12曲を収録。
(CDはどうやら14曲収録らしいのですが。そっちは未聴なので・・・)
これもねぇ。本当に一時期、本当に毎日のように針を落としていて。
あまりにも。色んな思いが染みついてしまって。一度は手放したんですよね。
それを昨年だったか、一昨年だったか。偶々レコ屋で再会してしまって。
当然、家に連れて却って。久し振りに針を落としたら。もう、ねぇ。そりゃ・・・
あっという間に当時に引き戻されてしまって。数日間に渡って聴きっぱなしで。
もう。当時の思いが。怒りや、愛情や。苛立ちや、焦燥や、屈折とかね。
怒涛の様に蘇って。それこそ当時と同じ様にジャケットと同じ格好で蹲ってしまったと。
いやぁ、本当に。当時は煮詰まってたし。先は見えないし。まぁ、いいかと。
表面上は開き直ってたんだけど。このアルバムを聴くと本音を隠せなかったんだよな。
まぁ、今ではもう開き直ってしまって。底の底まで下りていって色々と感じてきたので。
覚悟がある程度は決まってるものの。当時は未だ何者かにはなりたかったんだな・・・
それで壁にぶつかったり、叩き潰されるたびに。このアルバムに針を落として。
それでも。前に進まなきゃなと。何とか立ち上がってきたんだな。そうなんだよな。
なんか蒼臭い話で。あれだけど。だからね。今でも針を落とすと。心のどこかに火がつくんだよな・・・

一歩は。
進めるよな。
否、二歩、三歩。
進めるかもな。
でもな。

実は。
下がりたいなって。
思うとこもあって。
そっちも。
一歩、二歩、三歩。

まぁ。
そんなとこから。
始めないと。
ならないんだけど。
少しは進みたいよなと。

三歩は進めるよな。
楽勝。楽勝。
わざと一歩下がっても。
二歩は進めるわけだし。
手抜きして二歩下がっても。
一歩は進めてることになるし。

なんて。
らしくなく。
焦らずに。
いられれば。
いいんのだけれど。

ついつい。
追われる様に。
五歩も進んでしまって。
まんまと。転んで。
十歩ほども下がることになったりすると。

膝でも抱えて。
蹲りたくなるわけだ。

三歩。
進んで。
二歩。
下がる。
それくらいがちょうどいい。

今更。
慌てて。
一気に。
ぶっ飛ばしても。
焦げつくだけだし。

そこで。
更に踏み込めば。
それこそ。
焼き切れて。
一気に後退するだけだし。

そいつは。
重々承知。
だから。
敢えて。
三歩進んで二歩下がる。

それでも。
膝でも抱えて。
蹲りたくなったら。
そうだな。

また。
奴等に。
火でもつけてもらえばいい。
流石に。燃えないまでは。
枯れちゃいないからな。

そんなとこからだな。



web拍手 by FC2

|

« 2015/06/02 Tue *部屋に籠って / サンハウス | トップページ | 2015/06/04 Thu *農園の片隅から / ファニー・カンパニー »

005 Japanese」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2015/06/03 Wed *三歩進んで二歩下がる / The Mods:

« 2015/06/02 Tue *部屋に籠って / サンハウス | トップページ | 2015/06/04 Thu *農園の片隅から / ファニー・カンパニー »