« 2015/06/16 Tue *魔女になりたい / Bessie Smith | トップページ | 2015/06/18 Thu *疲れ果てて / T-Bone Walker »

2015/06/17 Wed *かったるい / Slim Harpo

20150617thebestofslimharpo


毒気に中てられたか。
魔力に惑わされたか。
ただの飲み過ぎか。
要は。
今日は。どうにも。かったるい。

力を入れても。
入れた端から。
抜けていく。
どうにも。こうにも。
踏んばりなんかききやしない。

まぁ、そんな日もあるさと。
ちょうど。そう。
諸事用により。
疲れも出てくるころだしさ。
窓の外が雨ならば。我が心にも雨ぞ降る。

諦めて。
逆らのは止めて。
緩やかな。
流れに身も心も任せて。
漂っていようかなと。

腹を決めたら。
もう。弾き返さずに。
心の中から聴こえてくる。
リズムに合わせて。
緩やかに漂泊の一日を決め込む。

だるく。
脱力して。
任せて。
漂って。
ブギウギと。

『The Best Of Slim Harpo』'68年リリース。
緩く、かったるく、流れゆくままに。そんなルイジアナ・ブルース。
そのルイジアナ・ブルースの代名詞とも言われたエクセロ・レコード。
そのエクセロ四天王の中でもやはり筆頭はこの人、スリム・ハーポかなと。
ハーポって言うのはハープのルイジアナ訛りらしいのですが。
そのハープ、そのギター、その鼻に掛った様な歌声。総てがレイジーなのです。
これが。この緩さ、レイジーなとこがね。癖になっちゃうんですよねぇ。
ストーンズの連中もきっと同じだったんだろうなぁ。丁度いいかったるさなので。
最初は「Rainin’ In My Heart」なんてバラードで人気を博したハーポ。
やがてどくどくのビートに乗ったブギをその武器としてヒットを連発します。
「Baby, Scratch My Back」とか「Shake Your Hips」とか「I’m A King Bee」とか。
くどくど説明するまでもなく。歌詞の内容は想像がおつきかと思いますが。
そんな歌を、3連ビートの真ん中を抜く荒業の成果であるズッコ、ズッコと言う。
独特のブギに乗せて責めたててくる訳ですからね。そりゃぁ、堪りませんぜと。
ズッコ、ズッコというブギが連発される様は、まさに“アレ”そのものですから。
そりゃ、皆、喜んで聴いて、そして踊ったんだろうなと容易に想像できるってもので。
だけど。全体には。やはり。どこまでも緩く、レイジーに。かったるくって。
その緩やかな様がまた。辛い日々を忘れさせるブルースとしては効き目があったのかな。
シカゴ・ブルースと比較すると陽の当たりにくいルイジアナ・ブルースですが。好きなのです。

毒気に中てられたんでも。
魔力に惑わされたんでも。
ただの飲み過ぎでも。
何でもいいけど。
今日は。どうしても。かったるい。

力の入れ方を。
忘れたらしい。
抜き方だけは。
何があっても。忘れないけど。
踏んばりなんかする気も出ない。

まぁ、そんな日も偶にはあるさと。
前にもあったかな。まぁ、いいさ。
諸事用が重なって。
疲れが出てきたのは事実だし。
窓の外は雨だしさ。我が心にも雨を降らせよう。

諦めた。
逆らのは止めた。
緩やかな。
流れに身も心も任せたから。
後は漂っていよう。

腹が決まれば。
もう。弾き返さずない。
心の中から響いてくる。
リズムに合わせて。
緩やかに漂泊の一日を過ごす。

だるく。
脱力して。
任せて。
漂って。
ブギウギと。

週の半ば。
月の半ば。
ただでさえ。
かったるくなる。
無理がきかなくなる。

ましてや。
毒気と。
魔力と。
二日酔い。
これじゃ力も入らない。

無理せず。
焦らず。
明日の為に。
今日は。
かったるいなと。

だるく。
脱力して。
任せて。
漂って。
ブギウギと。



web拍手 by FC2

|

« 2015/06/16 Tue *魔女になりたい / Bessie Smith | トップページ | 2015/06/18 Thu *疲れ果てて / T-Bone Walker »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/61760849

この記事へのトラックバック一覧です: 2015/06/17 Wed *かったるい / Slim Harpo:

« 2015/06/16 Tue *魔女になりたい / Bessie Smith | トップページ | 2015/06/18 Thu *疲れ果てて / T-Bone Walker »