« 2015/06/25 Thu *どんな時代も / 沢田研二 | トップページ | 2015/06/28 Sun *叫べ。叫べ。叫べ。 / Grand Funk Railroad »

2015/06/27 Sat *伝説とは / Lynrd Skynyrd

20150627lynyrdskynyrdtributetour


伝説。
そう呼ばれる。
そう称される。
からには。
当然のことながら。

それなりの。
それだけの。
モノがあったと。
モノを認められたと。
そんな時代があったと。

それは。
簡単なことではなく。
生易しいものでなく。
やはり。
血と涙の。

そんな。
日々の上に。
成立していて。
故に。
親しまれ。

共感を呼び。
賞賛に変わり。
誰もが。
認める。
存在になるのだと。

そして。
ある日。
表舞台から消える。
そのことによって。
伝説がより強固なものになる。

『Southern By The Grace Of God』'88年リリース。
'77年の飛行機事故によるメンバーの死、そして解散。
それから10年を経て一時的に再結成して全米ツアーを行ったレーナード・スキナード。
ロニー・ヴァン・ザントの代わりに弟のジョニー・ヴァン・ザントをヴォーカリストに擁して。
当時、存命だった旧メンバーを中心に再結集して。変わらぬ絆の強さをアピール。
全米各地で熱狂的な歓迎を受けたと言う。そんな熱くも切ないツアー。
ロニーと比較するとやや線の細い声質ながらも熱唱するジョニーの姿。
それを全盛時と変わらぬサウンドで一体となってバックアップするメンバー達。
そこに観衆は伝説の続きを目にし、耳にし。そしてそれが決して感傷だけでは終わるものでは無かった。
そのことは観衆の熱狂ぶり。そして本当に熱いジョニーの歌声と、バンドの熱いサウンド。
そこに如実に表れているかなと。決してお涙頂戴でも無ければ、お遊びでも無い。
名目が何であれ。正面から真摯にロックに立ち向かう姿に。伝説の重み、そしてその継承。
それを感じた観衆も多かったんだろうなと。更には何よりもこのツアーで得た手応え。
それを自信として。この数年後に本格的に再結成を果たしたメンバー達自身が感じていたんだろうなと。
一度は終わった筈の。もう二度と聴くことも、観ることも叶わない筈だった伝説が復活して。
その続きを再びこの世界に蘇らせる。そんな劇的な物語の序章を捉えたアルバムとも言えるのです。
残念ながらその本格的な再結成以降数年は伝説の継承を感じさせてものの。
相次ぐオリジナル・メンバーの死などもあって。今は単なる南部のメタル・バンドに落ち着いてしまった感も・・・
それでも。伝説に。その重み、その凄みに。真正面から立ち向かった姿、心意気がここにはあるのです。
ロニーに敬意を表して。インストで演奏された「Free Bird」を観衆が大合唱する。伝説への最大の賛辞です。

伝説。
そう呼ばれていた。
そう称さされていた。
のであれば。
当然のことながら。

それなりの。
それだけの。
モノを創り上げたと。
モノを持っていたと。
そんな時代があったと。

それは。
容易いことではなく。
半端なものでなく。
やはり。
汗と苦悩の。

そんな。
日々の延長に。
誕生していて。
故に。
親しまれ。

共鳴を起こし。
驚愕に変わり。
誰もが。
愛する。
存在になるのだと。

そして。
ある日。
表舞台から去って。
そのことによって。
伝説が新たな伝説を生む。

血と涙。
汗と苦悩。
その代償として。
獲得した。
伝説と言う賞賛。

それを。
その意味を。
その重さを。
賞賛を寄せる人々の。
想いを。大切だと思うなら。

伝説は。
伝説であり続ける。
その責務がいる。
その覚悟がいる。
それが無いのであれば。

過去の栄光としての。
伝説にしか過ぎないと。
それに縋っているのだと。
自覚があるならば。
封印したままでいい。出てきてはいけない。

伝説とは。
それだけの重みと。
それだけの凄さと。
それだの想いも。
受け止めなければならないのだ。

それを覚悟して。
それでも笑顔をみせながら。
更に先へと。もっと先へと。
伝説を伝える、渡すために。
変わらぬ重みと凄さを示すことができる。

そんなものだけが。
生きる伝説として。
人々の前に現れる。
資格を有するのだと。
そう思う。そう信じる。



web拍手 by FC2

|

« 2015/06/25 Thu *どんな時代も / 沢田研二 | トップページ | 2015/06/28 Sun *叫べ。叫べ。叫べ。 / Grand Funk Railroad »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/61814467

この記事へのトラックバック一覧です: 2015/06/27 Sat *伝説とは / Lynrd Skynyrd:

« 2015/06/25 Thu *どんな時代も / 沢田研二 | トップページ | 2015/06/28 Sun *叫べ。叫べ。叫べ。 / Grand Funk Railroad »