« 2015/07/08 Wed *街は今日も雨だ / Irma Thomas | トップページ | 2015/07/10 Fri *明けた / It's A Beautiful Day »

2015/07/09 Thu *夕暮れ時、独り言 / JB's

20150709foodforthethought


乗れないのは。
進まない。弾まない。
それには。
やっぱり。
訳がある。

雨。
眠気。
空腹。
刺激が足りない。
いい女がいない。

まぁ。
そもそも。
先天的に。
勤労意欲なんてものに。
縁がない。

それや。
これやが。
重なって。
二重苦。
三重苦。

だけど。
決定的なのは。
そう。
聴こえない。
感じられない。

弾むものが。
弾けるものが。
ビートが。
どうにも。
生まれてこないのだ。

『Food For Thought』'72年リリース。
ファンクの帝王ジェームス・ブラウンを支えたJBズ。
単独でもヒット曲を放っていて。それも含んだ記念すべき1stアルバム。
まぁ、サウンド面で支ええていたとしてもそれもブラウンの指示のもとにですし。
当然の様に、このアルバムにも声(顔?)を出してますから。
総てはブラウンのお気に召すままにだったのだろうと容易に想像できますが。
そのお気に召すサウンドを、ファンキーさを奏でられる、叩き出せるのが凄いなと。
この頃にコリンズ兄弟は既に脱退してしまっているのですが。
そのコリンズ兄弟在籍時のオリジナルJBズの音源も2曲だけですが含まれていて。
やはりブーツィってのは超人だったなと改めて思わされるアルバムでもあります。
ブーツィがいなくてもとてつもなくファンキーなJBズですが、いると一体何倍増みたいな。
ブーツィ、コリンズ兄弟が抜けてからはやっぱりジャズの影響が少し色濃くなるのかな。
それがブラウンの好みだったのか。そして恐らくブーツィはそれが意にそぐわなかったのかな。
故に純粋な弾け具合、ファンキーさではやっぱりオリジナルJBズに軍配が上がるのだけど。
クールに弾ける、クールで抑制されたファンクってのもあるんだぜと聴かせてみせる。
その点では残されたフレッド・ウェズリーを中心としたJBズも大したもんだと思うのです。
いずれにせよ。ブラウンと言う帝王、絶対的な支配者の指揮下で統制されながら。
此処の個性を殺されること無く、弾けてあらゆる障壁を軽々と乗り越えていく。
こうでなきゃいけないよなと。夕暮れ時、頭の中で再生しながら我が身とその環境を振り返ったりして。
それにしてもブーツィは。やっぱりファンキー・モンスターだなぁ・・・

乗り切れないのは。
登らない。弾けない。
それには。
きちんと。
訳がある。

梅雨。
湿気。
満腹。
騒ぎが足りない。
いい女が見当たらない。

まぁ。
そもそも。
後天的にも。
勤労なんてものに。
興味がない。

それや。
これやが。
重なって。
四十苦。
五十苦。

だけど。
決定的なのは。
そう。
響いてこない。
気配もない。

弾むものが。
弾けるものが。
ビートが。
どうにも。
育っていないのだ。
生まれないのは。
育ってないのは。
そいつが。
誰にも。
必要とされてないからか。

やれやれ。
何にも変わってない。
おまえさん方は。
それでいいかもしれないが。
味も素っ気もありゃしない。

何事も。
乗らなきゃ。
乗りに乗って。
乗り切らなきゃ。
面白くもないし。

そもそも。
やる気になんか。
なりゃしない。
弾まなきゃ。
弾けなきゃ。

仕方ない。
俺には必要なのだから。
生んじゃおう。育てちゃおう。
自分で刻んで。
密かに。弾んでいよう。

そいつが。
所謂一般的な。
勤労意欲なんてものに。
繋がるか、どうか。
そいつは・・・まぁ、知ったことじゃないかな(笑)。



web拍手 by FC2

|

« 2015/07/08 Wed *街は今日も雨だ / Irma Thomas | トップページ | 2015/07/10 Fri *明けた / It's A Beautiful Day »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/61871241

この記事へのトラックバック一覧です: 2015/07/09 Thu *夕暮れ時、独り言 / JB's:

« 2015/07/08 Wed *街は今日も雨だ / Irma Thomas | トップページ | 2015/07/10 Fri *明けた / It's A Beautiful Day »