« 2015/07/15 Wed *俺も男だ! / Lightning Hopkins | トップページ | 2015/07/17 Fri *わかりはしない、でも / Janis Joplin »

2015/07/16 Thu *止めないでくれ / Creedence Cleawater Revaival

20160716cosmosfactorygerorg


夏が来たかと。
思ったら。
そう簡単には。
いかないらしく。
雨が降り。湿気が立ち込め。

鶏の蒸し焼きは。
好きだけど。
こっちが。
蒸されるのは。
まっぴら御免だぜと。

洒落にも。
切れが欠けるのも。
この雨と湿気のせいだと。
蒸し風呂も。
毎日じゃ飽きるぜと。

誰か。
雨を止ませてくれないか。
誰か。
湿気を追い払ってくれないか。
そんな事を考えながら。

今日も。
街へ出て。
今日も。
踏ん張る。
闘う。

それでも。
心なしか足取りが軽く。
心なしか気分も明るく。
鼻歌でも口ずさみたくなるのは。
何でだろう。

『Cosmo's Factory』'70年リリース。
クリーデンス・クリアウォーター・リヴァイヴァル(CCR)の5thアルバム。
兎に角。1stからこのアルバムまでのCCRのブッ飛ばし振りは爽快の一言。
1stにこそ。ややサイケの残り香はあるものの。後は南部の匂いがプンプン漂う。
スワンプなロックンロール全開であっという間に世界中のロック・ファンを虜に。
このアルバムも全米、全英とも1位を獲得していたと思います。
日本でも凄い人気だったらしく。それはレコード屋さんのCCRのコーナーの。
その中古のアナログ盤の充実度。それもシングル盤の豊富さからも十分に窺い知れます。
ジョン・フォガティを中心とした4人が叩き出すロックンロールの雨霰。
これほど潔く、同時に懐の深さを感じさせるバンドもそうは無く。その中でも。
「Travellin' Band」「Up Around The Bend」「I Hear It Through The Rain」そして「Who'll Stop The Rain」と。
代表曲揃いで。他の曲も名曲ばかりのこのアルバム。
やはりCCRの代表作、最高傑作と呼ばれるのに相応しいアルバムかなと思います。
しかし。実は全員カリフォルニア出身ながら。この南部の匂い。只者じゃないと。
余程、好きで、好きで、大好きで。精進を続けなけりゃこうはならんだろうと。その一徹さがまたいいかな。
一部ではベトナム戦争の真っ盛りに。能天気なロックンロールばかりやりやがってなんて。
八つ当たり的な批判もあったそうですが。「Who'll Stop The Rain」のレイン、雨が実は北爆の隠喩で。
反戦歌なんじゃないかと言う説もあったみたいです。ジョンは否定してたかな。
真意は兎も角。その「Who'll Stop The Rain」「Up Around The Bend」「Travellin' Band」と。
聴けば体が反応せざるを得ないロックンロールをひたすらやり続けたってのも一つのメッセージだったのかも。
そんな気がしないでもないんですけどね。より楽しく生きることが、最高の抵抗だってね。
A面に針を落とした瞬間に始まる「Ramble Tamble」のイントロだけでゾクゾクする、自分はそう感じもします。

梅雨も明けるかと。
思ったら。
そうは問屋が。
卸さないらしく。
雨は降り。湿度も上がり。

野菜の蒸し鍋は。
健康的だけど。
こっちは。
蒸されても。
汗と油しか無いからなと。

洒落の出来にも。
どうにも納得できないのも。
全く。梅雨のせいだよなと。
蒸し風呂ってのは。
毎日入るもんじゃないぜと。

誰か。
雨を止ませてくれないか。
誰か。
梅雨を開けさせてくれないか。
そんな事を考えながら。

今日も。
街へ出る。
今日も。
闘う。
生き抜く。

それでも。
一昨日までよりは確かに。
足取りも軽く。気分も明るく。
自然と鼻歌を口座右さんでいるのは。
何でだろう。

まぁ。
そいつは。
その理由は。
ハッキリと。
わかってる。

昨日が。
あったから。
昨日の夜が。
あったから。
それだけなんだけど。

それが。
それだけが。
どれだけ。
自分に。
力を与えてくれるか。

その。
瞬間が。時間が。
どれだけ。
自分を。
支ええてくれてるか。

その。
空気が。匂いが。
どれだけ。
自分を。
再生してくれるか。

誰か。
雨を止めてくれ。
梅雨を開けさせてくれ。
でも。
その時間は、空気は、匂いは。止めないでくれ。奪わないでくれ。



web拍手 by FC2

|

« 2015/07/15 Wed *俺も男だ! / Lightning Hopkins | トップページ | 2015/07/17 Fri *わかりはしない、でも / Janis Joplin »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

はろ~TAC.こちらは梅雨もなくうっとおしい天気もない。
毎日が素晴らしくからっとしているよ。
それでもやっぱりココロは同じようにはいかない・・・。
勿論、毎日の天候が良ければ数センチは気分があがるのだろうけど。
だからやっぱりアルコールもたまには必要でどーーーんと飲みたくなる。
そしてお伴は素敵な音楽が必須。生きていくにはね~。
どこでも地球の上では一緒よ~天気は違うけどね。

投稿: Yaco | 2015-07-19 17:20

Hello!
そうかアメリカには梅雨は無いんですね。
いいなぁ、毎日晴れてるってのは。
まぁ、心模様はそうですね。世界中、どこでも人間である以上は。
そうだな、酒と音楽と愛はどこでも必須ですな!

投稿: TAC | 2015-07-19 21:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/61912637

この記事へのトラックバック一覧です: 2015/07/16 Thu *止めないでくれ / Creedence Cleawater Revaival:

« 2015/07/15 Wed *俺も男だ! / Lightning Hopkins | トップページ | 2015/07/17 Fri *わかりはしない、でも / Janis Joplin »