« 2015/07/18 Sat *飛んで行こう / Steve Miller Band | トップページ | 2015/07/20 Mon *昨日より今日・・・ / The Byrds »

2015/07/19 Sun *赦せるのは / The Band

20150719musicfrombigpink


赦されるなど。
そもそも。
赦されるとも。
思ってもいない。
考えてもいない。

確かに。
それなりに。
背負ってきた。
それなりに。
歩いてきた。

そいつは。
道理や。倫理とか。
そんなものから。
外れてるかもしれない。
否、外れてるんだろう。

そうしなければ。
歩いてこれなった。
ここまで来れなかった。
いま。
ここに、こうしていなかった。

それを。
今更。いつか。
赦してもうおうなど。
赦してもらえるだろうなどと。
思いもしない。

そもそも。
外れてでも。
背負おうと。歩こうと。
決めたのは。
他ならぬ自分自信なのだから。

『Music From Big Pink』'68年リリース。
言わずと知れたザ・バンドの初めてのアルバム。
ジャケットの画はボブ・ディランによるもので。
ディランの隠遁先だった壁がピンク色に塗られた家、小屋。
そこに呼び集められてセッションに付き合ってたのがザ・バンドの面々で。
アルバム・タイトルもそこからつけられたそうで。
録音もこの小屋で行われたものだと随分長いこと信じてきたのですが。
実はニューヨーク等のスタジオで録音し直しているらしいです。
さてと。リリース当時は商業的には大きな成功を呼んだとは言えなったのですが。
あのサイケの時代が終焉に向かう中、多くのミュージシャンが次を模索する中。
この土の香りも濃厚なアルバムが業界に与えた衝撃は予想以上だったらしくて。
特にサイケ~ハードへの狭間で迷い、疲弊していた英国のミュージシャンは。答えはここにあったと。
一斉に飛びつくことになったと。何でもジョージ・ハリソンが米国から持ち帰って。クラプトン等に配ったとも。
皆、重すぎるものを背負って、歩き続けて。その事に疲弊しきって。癒しを求めてたのかな。
答えは、救いは米国に、南部にあったと。我も彼もと。そしてブリティッシュ・スワンプが誕生したと。
クラプトンのあのアルバムも、ジョージのあのアルバムも、デイヴ・メイソンのあのアルバムも。
このアルバムが無ければ生まれなかったかも。実はそれは(一人を除いて)カナダ人で結成されたザ・バンド。
そのザ・バンドの空想の米国を描いたアルバムだったのですが。救いを、赦しを皆求めてたんだろうな。
素晴らしいアルバムではありますが。結局。救いとか赦しなんて自分で得るものだと思う人間なので。
そこらが。いま一つこのアルバム、ザ・バンドにのめり込めない理由かな。
そして。一貫してザ・バンドを評価しなかったストーンズ、ミックの慧眼を改めて思ったりね。

赦されると言うなら。
悪くは無いが。
赦してくれると言うなら。
拒みもしないが。
スッキリしないんだな。

もう。
背負ってきちまった。
歩いてきちまった。
それなりに。
短くはない。時間を距離を。

その殆どが。
道理や。倫理とか。
そんなものから。
外れてたんだろうし。
これからも。外れたままだろう。

そうでもしなければ。
生きてこれなった。
ここまで来れなかった。
そう。
この先にも、進めなくなってしまう。

それを。
今更。いつか。
赦してもらえるなど。
赦してもらえいたいなどと。
思いもしない。

そもそも。
決めた自分を。
差し置いて。勝手に。
何を赦すと言うのだろう。
何を赦してくれると言うのだろう。

まぁ。
背負うものが。
軽くなるのは。
悪くは無いが。
自分で下すさ。

そう。
歩く道程が。
楽になるのは。
拒みはしないが。
自分で立ち止まるさ。

いつ来るか。
わからない赦される日。
いつ現れるか。
わからない赦してくれる人。
そんなものを信じてる暇は無いな。

ただ。
いつの日にか。
背負わなくてよくなる。
歩かなくてよくなる。闘わなくてよくなる。
そんな日が。

皆の下に。
平等に。
やって来ると言うのなら。
そのいつの日かを。
歓迎してやってもいいけどな。

選んだ。
背負った。
歩いた。
外れていても。
貫く。曲げない。

そんな自分を赦せるのは誰でも無い。自分だけの権利なんじゃないのかな。



web拍手 by FC2

|

« 2015/07/18 Sat *飛んで行こう / Steve Miller Band | トップページ | 2015/07/20 Mon *昨日より今日・・・ / The Byrds »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/61932378

この記事へのトラックバック一覧です: 2015/07/19 Sun *赦せるのは / The Band:

« 2015/07/18 Sat *飛んで行こう / Steve Miller Band | トップページ | 2015/07/20 Mon *昨日より今日・・・ / The Byrds »