« 2015/07/30 Thu *夜に、あの夜に / Wilko Johnson | トップページ | 2015/08/01 Sat *歌え、踊れ / ZZ Top »

2015/07/31 Fri *変調の季節 / Van Morrison

20150731wavelength


敢えて。
変えてみる。
今の気分。
置かれた状況。
そいつは。

ひとまず。
脇へと外しておいて。
真逆・・・
とまでは言わないにしても。
そうだな。

少しばかり。
歩調を変えて。
歩いてみたり。
道順を変えて。
向ってみたり。

何よりも。
己の。
気分を。
その波長を。
少しチューニングして。

いつもとは。
異なる。
受け止め方。
感じ方。
そいつを試してみようかと。

吉と出るか。
凶と出るか。
そんな思いつめたものでもなく。
自然のままに。
受信してみようかと。

『Wavelength』'78年リリース。
数多いヴァン・モリソンのアルバムの中でも異色の一枚。
何が異色かって。取っ付き易い。聴き易いってところがなんですけどね。
どうしても。ヴァンのアルバムって。針を落とそうとすると覚悟がいると言うか。
意を決して向き合わなきゃいけないとか。自分はあまりそう感じませんけど。
(それは恐らく、もう結構な時間、ヴァンを聴いてきたからなのかな)
そんなイメージが一般にはあるみたいで。孤高で気難しい人ではあるんでしょうけど。
そこへいくと。このアルバムは全体的に明るく、軽く、優しく。
恐らくヴァンの中で何か変化があったのか。発せられる波長が以前と異なっていて。
またそのことによって。聴く者もヴァンの懐に入り易いかなと感じられます。
少し(かなり?)肩の力を抜いてマイクに向かったのかな。本当に聴き易いんですよね。
録音は米国でも。参加メンバーがゼムでの盟友、ピーター・バーデンスを始めとして。
久し振りに英国人の多い面子で録音したってのも。ひょっとしたら関消してるのかな。
一部にはシンセの多様とか。今更、売れ線を狙ったのかって批判も強かったみたいで。
故に。ヴァンのアルバムでもあまり語られたりはしないのですが。
言われるほどシンセなんて気にならないし。逆にバーデンスとガース・ハドソンの。
2台のキーボードがいい雰囲気を醸し出してますしね。
売れ線狙いねぇ、まぁ、レコード会社には例によってロッド・スチュワートみたいにと。
そう思ってたかもしれませんが。ヴァンだからなぁ。意にもかいさずに。
逆手にとって。実はやってみたかった波長の変更を試みたのかもしれませんね。
それが次作、『Into The Music』で豊かな実りを生み出すことになった様な気がします。

敢えて。
変えてみる。
今のきぶん調子。
取り巻く状況。
そいつは。

ひとまず。
何処かへ忘れてきて。
正反対・・・
とまではいかないにしても。
そうだな。

少しばかり。
思考を変えて。
模索してみたり。
手順を変えて。
組み立ててみたり。

何よりも。
己の。
気分の。
波長ってやつを。
少し変則的にして。

いつもとは。
異なる。
投げかけ方。
発し方。
そいつを試してみようかと。

吉と出ようと。
凶と出ようと。
それは。どちらでもよくて。
自然のままに。
発信してみようかと。

自由で。
自然に。
そう。
思いながらも。
いつの間にか。

己で。
規制して。
そこから。
外れない様にと。
はみ出さない様にと。

周りを。
勝手に意識して。
そこは。
外さない様にと。
すべらない様にと。

どうしても。
徐々に。
凝り固まって。
いつの間にか。
同じ波長で。淡々と。

だから。
ここで。
一回。
意識的に。
変えて、壊して。

新たに。
受信して。
発信して。
そんな時期に。季節に。
差し掛かってる様な、気配がしたんだ。
匂いが漂っているんだな。



web拍手 by FC2

|

« 2015/07/30 Thu *夜に、あの夜に / Wilko Johnson | トップページ | 2015/08/01 Sat *歌え、踊れ / ZZ Top »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/61996958

この記事へのトラックバック一覧です: 2015/07/31 Fri *変調の季節 / Van Morrison:

« 2015/07/30 Thu *夜に、あの夜に / Wilko Johnson | トップページ | 2015/08/01 Sat *歌え、踊れ / ZZ Top »