« 2015/08/12 Wed *覚醒させて / Sonny Boy Willliamson | トップページ | 2015/08/17 Mon *誰も知ったことじゃない / Jimmy Witherspoon »

2015/08/16 Sun *ホーム・タウン / Various Artists

20150816sweethomechicagodel


深夜。
ホームに降り立ち。
漂う。
匂いに。空気に。
帰ってきたことを実感する。

蒸し暑く。
湿った空気の中。
猥雑さとよそよそしさが入り混じる。
誰かが。誰もが。
通り過ぎていく。

エスカレーターに乗り。
改札を出て。
出口へ向かう。
素っ気無い街の気配。
そいつが懐かしい。

誰もが。
誰かに。
無関心。
本当は横目で。
気にしていながら。

自分も。
誰にも。
無関心。
本当は無意識に。
誰かを意識している。

誰もが。
他人で。
似た者同士。
少し急ぎ足で。
目を伏せながら。歩いている。

『Sweet Home Chicago』’69年リリース。
シカゴの新興ブルース・レーベルだったデルマーク・レコード。
ブルースを非黒人に広く知らしめた功績は高く評価されるものですが。
例えば’60年代後半のシカゴのゲットーのサウス、ウェスト・サイドの常連たち。
彼等を。その臨場感もそのままに。収めたこのオムニバス・アルバム。
これにより。同時代の生のブルースが。その街のブルースの息遣いが。
ゲットーの外にまで伝わり。世に知れ渡り。世に出る切っ掛けを作りと。
この功績なども実に。地味ながらも。素晴らしいものだと感じるのです。
ルーサー・アリソンの初録音とか。エイシズのルイス・マイヤーズの’60年代の姿とか。
貴重な録音が収められているのです。マジック・サムの後継者とも言われたルーサー。
その。力の入りまくったギターとヴォーカル。その蒼くもある若き炎の熱さを感じさせ。
リトル・ウォルターやジュニア・ウェルズと共に活動したつわものマイヤーズ。
ウォルターに無理やり進められて(脅されて?)始めたブルース・ハープの。
その年輪を重ねた味わいのある音色。堂々の正統シカゴ・ブルースの血脈を感じさせ。
他にも2人のブルース・マンが収録されていますが。
そして何と言ってもマジック・サム。一度はブルースから足を洗いかけた。
その苦しみ、その不運。それを振り払うが如くの入魂のギターとヴォーカル。
これらの録音は’66年~’67年にかけて行われた様ですが。サムの録音は'66年で。
これが評価されて。ソロ・アルバムの録音へと繋がったのかな。
とにかく。ここで聴かれるサムのブルース。その入魂の鬼気迫る迫力と生々しさ。
改めて。つくづく。サムの夭折が惜しまれてならないのです。
それにしても。アルバム全編に。総ての録音に漂う濃厚で、甘いブルースの匂い。
やっぱり。シカゴってのはブルースのホーム・タウン、特別な街なんでしょうね。

深夜。
交差点で立ち止まり。
覆う。
光と。闇に。
帰ってきたなと実感する。

蒸し暑く。
湿った空気の中。
よそよそしさと懐かしさが交差する。
誰かが。誰もが。
知らぬ様で。知っている様で。

横断歩道を渡り。
坂を上って。
角を曲がって。
変わらない街の気配。
そいつが落ち着かせる。

誰もが。
誰かに。
素っ気無く。
本当はさり気無く。
気遣いながら。

自分も。
誰にも。
素っ気無く。
本当はさっきから。
誰かに会いたくて。

誰もが。
他人で。
でも。袖振りあいながら。
駆け出しそうになるのを抑えながら。
目を伏せて。歩いている。

そう。
そんな。
奇妙な。
この街が。
ホーム・タウン。

猥雑で。
素っ気無く。
知らん振りで。
寄り合って。
そんな街が。

その匂いが。
その空気が。
その気配が。
染みついて。
消えなくて。

ふと。
ここじゃない。
どこかへと。
足を運んでも。
結局、帰ってくるところ。

自分で。
選んだ。
何かが。
選ばせた。
この街が。

もう。
そうさ。
俺の。
唯一の。
ホーム・タウン。



web拍手 by FC2

|

« 2015/08/12 Wed *覚醒させて / Sonny Boy Willliamson | トップページ | 2015/08/17 Mon *誰も知ったことじゃない / Jimmy Witherspoon »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/62104794

この記事へのトラックバック一覧です: 2015/08/16 Sun *ホーム・タウン / Various Artists:

« 2015/08/12 Wed *覚醒させて / Sonny Boy Willliamson | トップページ | 2015/08/17 Mon *誰も知ったことじゃない / Jimmy Witherspoon »