« 2015/09/10 Thu *相棒 / Buddy Guy & Junior Wells | トップページ | 2015/09/12 Sat *親父、爺様、曾爺様、大親分 / Muddy Waters »

2015/09/11 Fri *貫禄負け / Koko Taylor

20150911anaudiencewiththequeen


貫禄負け。

まぁ。
その一言。
端から。
勝てるなどとは。
思ってもいないので。

結果について。
文句は無いが。
こうも。
見事に。
やられてしまうと。

そりゃ。
まぁ。
多少なりとも。
悔しくもある。
あるけど。

どうやったって。
逆立ちしたって。
勝てっこ無いのだから。
いいんじゃないのと。
笑ってしまうしかない。

しかし。
同じ人間の筈なのに。
何故に。
かくも。
女性と言う生き物は逞しいのか。

悔しいが。
どうしたところで。
貫禄負けである。

『An Audience With The Queen』'87年リリース。
シカゴ・ブルース界の女王、ココ・テイラーのライヴ・アルバム。
ココと言うと。ウィリー・ディクソンにより見いだされ。
'60年代半ばにチェスからデビューしたことで知られて。
チェスで数多くのアーティストを手掛けた中でも。一番の秘蔵っ子だったと。
そのチェスでのヒット曲「Wang Dang Doodle」が代名詞ともなって。
男勝りのシャウターとして、その名を轟かせたと。
その点ではシカゴに留まらず。ビッグ・ママ・ソーントンに代わる。
ブルース界の女王と言ってもいいのかもしれません。うん、そうかな。
そんなココ。実はチェスよりも。'75年に移籍したアリゲータ時代こそが。
よりその真価を発揮した時代だったかなとも思います。そうだな。
ディクソンの下を離れて独り立ちを果たして。バックのサウンドもモダンになって。
そのモダンに、豪快になっていくブルースの波を上手く捉えて。より深みを増した歌声。
そいつを駆使して、熱く豪快にシャウトし。熱くディープに泣かせてみせる。
ハッキリ言って。チェスには既にココの成長を支えるだけの力が残って無かったと。
故に新興レーベルのアリゲーターの勢いが必要だった、水が合ったのだと思われます。
それにしても。なんと力強く、貫禄に溢れ。そして慈愛まで感じさせる歌声であることか。
やや単調なきらいもありますが。それでも。その歌声には抱きしめられたくなります。
このライヴの翌年ココは大怪我をして九死に一生を得ますが。復帰までに数年間を要しています。
その意味でも。アリゲーター移籍後、脂の乗り切っていたココのライヴ。貴重なのです。

貫禄負け。

まぁ。
一言に尽きる。
一度も。
勝てる気がしたことなど。
ありもしないので。

結果は見えていて。
癖のつけようもないが。
こうも。
見事に。
やられ続けてると。

そりゃ。
まぁ。
多少なりとも。
情けなくもある。
あるけど。

どうやったって。
何をどうしたって。
勝ったことが無いのだから。
もう。いいかなと。
笑っているのが関の山。

しかし。
同じ人間なのは間違いないのに。
何故に。
かくも。
女性と言う生き物は美しいのか。

悔しいが。
どう足掻いたところで。
貫禄負けである。

かしましく。
賑やかで。
笑い飛ばして。
逞しく。
生き抜いている。

か細く。
慎ましやかで。
したたかな笑みを浮かべて。
逞しく。
生き抜いてみせる。

哀しみも。
憎しみも。
怒りも。
魂からの声にして。
下手な同情など寄せ付けない。

それでいて。
いつも。
美しく。
時に妖しく。
歌い、舞い踊ってみせる。

その。
意志の強さ。
懐の深さ。
心根の温かさ。
生命の源として輝きながら。

酒焼けしようが。
千鳥足になろうが。
顔で笑って。
心で泣いて。
それでも大地を踏みしめ前進している。

その逞しさ。
その美しさ。
やはり。
完全に。
貫禄負けである。

でも。
だから。
愛しくて。愛して止まないんだよな。馬鹿だね、男ってのは(苦笑)。



web拍手 by FC2

|

« 2015/09/10 Thu *相棒 / Buddy Guy & Junior Wells | トップページ | 2015/09/12 Sat *親父、爺様、曾爺様、大親分 / Muddy Waters »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/62276782

この記事へのトラックバック一覧です: 2015/09/11 Fri *貫禄負け / Koko Taylor:

« 2015/09/10 Thu *相棒 / Buddy Guy & Junior Wells | トップページ | 2015/09/12 Sat *親父、爺様、曾爺様、大親分 / Muddy Waters »