« 2015/09/15 Tue *化粧と素顔と / Flower Travellin' Band | トップページ | 2015/09/17 Thu *この日、この夜 / Neil Young »

2015/09/16 Wed *二人。だけでなく / Hot Tuna

20150916finalvinyl


再会。
懐かしく。
しかし。
壁などなく。
昔のままに。

話し始めれば。
互いの。
言葉の。
その行間まで。
読めてしまい。

時のたつのも忘れ。
語り。
聞き。
語り合い。
笑い合い。

変わらぬ。
信頼と親愛。
それが。
一人ではないと。
確認させてくれる。

それだけで。
また。
止まりかけていた。
針が時を刻みだす。
まだ行ける筈だよと。

ここに。
いるのは。
二人。
でも。
それだけではないのだから。

『Final Vinyl』’79年リリース。
ジェファーソン・エアプレインから派生したホット・ツナ。
ヨーマ・コウコネンとジャック・キャサディの2人がブルースを演奏する為にと。
別ユニットとして活動を始めて。’70年代中頃には本家から分離独立して。
ホット・ツナに専念する様になったのでした。兎に角、ブルースへの愛に溢れてて。
この初めてのベスト・アルバムはA面がアコースティック、B面がエレクトリックで。
これでもかと愛情のこもったブルースを聴かせてくれています。
‘70年~’77年の間にリリースした8枚のアルバムからバランスよく選曲されていて。
ライヴならではの“ホット”な演奏も楽しめるので。入門版としても最適かも。
アルバム・タイトルが意味深なのですが。この時期に一度解散でもしたのかな。
その辺りの事情は不勉強にして疎いのですが。いま現在も活動していて。
確か、’14年には来日もしてたと記憶しています。さてと。一聴すると地味ですが。
聴けば聴くほど味が出てくるのが。ホット・ツナならではの魅力で。
コウコネンとキャサディのコンビネーションも。初めは少し手探り。やがて火花散らして。
そして。実に息の合ったいい塩梅になっていくと。そこらの変遷と言うか。
2人のコンビネーション、その時々の練れ具合とか、絡み具合も楽しめるのがいいかな。
米国のホワイト・ブルースと言うと。どうしてもポール・バターフィールドとか。
マイケル・ブルームフィールドとか。キャンド・ヒートとの名前が先に挙がりますが。
どうして。どうして。コウコネンとキャサディの信頼と親愛。その強固で柔軟な関係。
そこから生み出されるブルースの行間まで楽しませてくれるホット・ツナの存在も。
忘れてもらっちゃこまいますぜと。そしてそんな2人を生み出した。
ジェファーソン・プレインも含むシスコのシーンや、独立後も支援し続けたファンの存在。
2人でありながら。2人だけじゃない。そんな力強さを感じさせてもくれたりするのです。

出会い。
ぎこちなく。
しかし。
徐々に解れて。
新鮮に。

話し始めれば。
お互いの。
言葉の。
その行間まで。
読み取りたくて。

ふと気がつけば。
語り。
聞き。
語り合っている。
笑い合いっている。

生まれる。
信頼と親愛。
それが。
一人ではないと。
認識させてくれる。

それだけで。
また。
錆びかけていた。
螺子が時を刻みだす。
まだ先もある筈だと。

ここに。
いるのは。
二人。
でも。
それだけとは限らないのだから。

再会。
旧知。
そこには。
懐かしさがあり。
安心して行けよと見守ってくれる。

出会い。
知り合い。
そこには。
新鮮さがあり。
刺激と共に行きましょうよと見詰めてくれる。

一人では。
動かせなかった針が動きだし。
巻く気も無かった螺子も巻き戻し。
新たな時を刻もうと。
そんな気持ちにさせてくれる。

その。
顔合わせが。
取り合せが。
奇妙でも。
新奇でも。

それだからこそ。
力が。思いが。
何倍にもなる。
予想もしないものを生み出す。
そいつが面白い。

それが。
より広い世界を呼び起こしもするし。
元の世界の変化を引き起こしもする。
そいつがある筈だと知っているから。
生きることをなかなか止められないでいるのかな。



web拍手 by FC2

|

« 2015/09/15 Tue *化粧と素顔と / Flower Travellin' Band | トップページ | 2015/09/17 Thu *この日、この夜 / Neil Young »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/62310765

この記事へのトラックバック一覧です: 2015/09/16 Wed *二人。だけでなく / Hot Tuna:

« 2015/09/15 Tue *化粧と素顔と / Flower Travellin' Band | トップページ | 2015/09/17 Thu *この日、この夜 / Neil Young »