« 2015/10/20 Tue *切り札になり得るのか / Steve Miller Band | トップページ | 2015/10/22 Thu *原点と原典 / Big Maceo »

2015/10/21 Wed *それだけ、それだけ / Little Walter

20151021bossbluesharmonica


前例は無い。
それはそうだろう。
誰も思いつきもしなかった。
気づきながら放置していた。
そんなところだろう。

だからこそ。
思いついてしまったら。
放置できないなと感じたら。
虎の尾を踏む危険性も。
貧乏くじを引く可能性も。

承知の上で。
未開の道へ。
初めての一歩を。
自ら踏み出す。
選択をしないと、気が済まない。

何を好んでと。
火中の栗を拾いにいかなくても。
飛んで火にいる夏の虫になりかねないのにと。
頭では解っていながら。
心が反応してしまったら。

止められない。
止まらない。
まったくもって。
因果な性分だと。
自分でも重々承知はしていても。

前例がない。
誰も前にいない。
そんな道を行くのが。
そんなところに飛び込むのが。
好きなのだから致し方が無い。

『Boss Blues Harmonica』'72年リリース。
リトル・ウォルターの2枚組編集アルバム。
チェスが自社の所有する音源を2枚組で再発売したシリーズ。
その中には当然、ウォルターも含まれていたと。
このシリーズ、ジャケットは総てイラストになっているのですが。
似てないとか、イメージと異なるとか。評判は散々だった模様で。
このウォルターも、額に傷らしきものはあるものの。
あの鋭くて、危うい感じは確かに微塵も無いかなと。
チェスってのは時々、この手の雑な仕事をしてファンの顰蹙を買うんですよね。
中身はウォルターの全盛期のナンバーが24曲。悪い筈も無いってところで。
A面頭の「My Baby」に針を落とした瞬間から。一気にもっていかれる。それだけです。
勿論、「Juke」も収録されていますし、「Mean Old World」とか「Off The Wall」なんかもあって。
ブルース・ハープの革命児にして異能の人だった、ウォルターの魅力は十二分に感じられるかな。
アンプ・りファイド・ハープの創始者がウォルターだったjか、どうかには異論もある様で様ですが。
そのアンプに繋いで歪ませたハープの音を、最初に最も魅力的に響かせたのはウォルターだと。
それは、ウォルターならではの鋭さと、危うさがあったからで。それが増幅されることによって。
より研ぎ澄まされて聴く者の胸を抉り、より危険な香りが濃厚になって聴く者の胸を震わせたと。
それが。如何に革新的で、如何に魅力的だったかは。そのヒット曲の多さからも窺えるかなと。
『キャデラック・レコード』での描かれ方は極端に過ぎるにしても。
独立心旺盛で、新しいもの好きで、負けず嫌いで、喧嘩早かったのは確かだと思われるウォルター。
そのあまりにも刹那的な生き方が、そのままそのハープのサウンドに表れていて。
それが電気的に歪み、増幅されて。他に類を見ない危険で魅力的なものになったと。
恐らくは。多分に自分の気の弱さとか、自分の小ささを十二分に承知していて。
それを見抜かれない為に、虚勢を張ることでしか、張り続けることでしか生きられなかったのかなと。
だからこそ、人と違うこと、誰もやったことの無いこと。その道を選ばざるを得なかったんじゃないかなと。
そして。それが。当たる度に。受け容れられる度に。麻薬の様になっていったんだろうなと。
ウォルターには。これしかなかったと。それだけ、それだけだったと。感傷的に過ぎるかな。

前代未聞。
それはそうだろう。
誰も考えなかった。
聞こえながら耳を塞いでいた。
そんなところだろう。

だからこそ。
考えてしまったら。
聞こうと決めてしまったら。
墓穴を掘る危険性も。
進退窮まる可能性も。

百も承知で。
未知の世界の。
創造の最初の杭を。
この手で打ち込む。
選択をしないと、気が済まない。

何を好んでと。
地雷原に飛び込んでいかなくても。
別の道、迂回路があることを知っているのにと。
頭では解っていながら。
体が反応してしまったら。

危険であればあるほど。
刺激を求めてしまう。
まったくもって。
面倒な性分だと。
自分でも重々承知はしていても。

前代未聞。
誰も取組んでいない。
そんな事に挑むのが。
そんなところに突っ込むのが。
好きなのだから致し方が無い。

そう。
別に。
苦労とか。
困難だとかを。
率先して引き受けている訳じゃない。

好きだから。
楽しそうだから。
そう感じたら。
感じたままに。
動くだけ。

前例があろうと。無かろうと。
前代未聞であろうと。無かろうと。
それは。どうでもいい事で。
好きになれるか。楽しめるか。
それだけが問題で。

好きならば。楽しければ。
苦労とか。困難とか。
そんなものと。
対峙して。どう潰してやろうかと。
それもまた、感じたままに。動くだけ。

要は。
誰かの後を追うとか。
誰かが創ったものを真似るとか。
それが。どうにも。
好きになれない。楽しめない。

そんな。
因果で。厄介な。
自分の性分を。
曲げられないので。
押し通しているだけなのだ。

墓穴を掘ったら。
掘った時。
進退窮まったら。
窮まった時。
その時に、また。反応するままに。感じるままに。

そうでも。
思わなければ。
しなければ。
面白楽しくなんか生きられない。
面白楽しくなければ、生きていても味気ない。

それだけ。それだけ。



web拍手 by FC2

|

« 2015/10/20 Tue *切り札になり得るのか / Steve Miller Band | トップページ | 2015/10/22 Thu *原点と原典 / Big Maceo »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/62529277

この記事へのトラックバック一覧です: 2015/10/21 Wed *それだけ、それだけ / Little Walter:

« 2015/10/20 Tue *切り札になり得るのか / Steve Miller Band | トップページ | 2015/10/22 Thu *原点と原典 / Big Maceo »