« 2015/11/06 Fri *独りなのだから / Ron Wood | トップページ | 2015/11/09 Mon *手綱 / Crazy Horse »

2015/11/07 Sat *絶滅危惧種 / George Thorogood And The Destroyers

20151107georgethorogoodandthedestro


どうやら。
俺だけでなく。
ここに集っている。
連中は皆が。
絶滅危惧種らしい。

未だに。
この時代に。
ロックンロールが。
ブルースが。
大好きで。

しかも。
生の音が。
生の歌が。
その熱気が。
大好きで。

週末の夜だと言うのに。
いつもの様に。
いつもの顔が。
どこからともなく集まって。
バーボンだ、スコッチだ、ビールだと。

飲んで。
騒いで。
汗だくになって。
酸欠になりそうになりながら。
ロックンロールに、ブルースに震えている。

純粋なのだか。
愚直なのだか。
どちらにしろ。
世の流れとやらからは、とり残されているらしい。
そうか。絶滅危惧種なのだな。俺達は。

『George Thorgood And The Destroyers』'77年リリース。
きっと今夜も。この世界の何処かの街角で。御機嫌なライヴをやっている。
そんな気にさせてくれるジョージ・サラグッド・アンド・デストロイヤーズ。
全米一、愚直なロックンローラー、サラグッドが率いるデストロイヤーズの1stアルバムです。
このアルバムにサラグッドとデストロイヤーズの総てがあると言い切って構わないかなと思える程。
この後も、そして今も。基本的に何も変わらない。その頑固一徹なところ、その逞しさ、しぶとさ。
それこそが、サラグッドとデストロイヤーズの真骨頂にして最大の魅力と言えます。
兎に角、ロックンロールとブルースが大好きで。そいつをやることにしか興味が無いと言う潔さ。
この世には素晴らしいロックンロールやブルースがある。だから、オリジナル・ナンバーなんか必要ないと。
そう言い放ったらしいサラグッド。レコード会社に説得されたのかオリジナルが2曲ほど収録されていますが。
ハッキリ言って、どれがオリジナルで、どれがカヴァーか区別がつきません。まぁ、それ程までに。
ロックンロールやブルースが、既にこの段階で血肉になっていたってことの証とも言えるのかな。
特にジョン・リー・フッカーで知られる「One Bourbon, One Scotch, One Beer」のタフで、ラフで、ワイルドな様。
この1曲だけで。奴等、サラグッドとデストロイヤーズが〝本物“であることが明らかなのですよね。
確か、’81年だったか、ストーンズの全米ツアーのオープニング・アクトに選ばれて。
一時は日本でもある程度の人気を博したものの。大きなブレイクには繋がらず。知る人ぞ知る存在のまま。
けれども。たぶん。サラグッドって人は、そんなことは気にも留めて無くて。今夜もどこかでライヴがやれれば。
アルコールと、煙草と、人いきれ。そんな猥雑な空気を切り裂くロックンロールとブルースを。
ビシッと決められれば。それだけでいいと。それだけに総てをかけて生きている様な気がして。
そこが、好きと言うか、信じられると言うか。要は今や貴重なその愚直な様に、自分と同じ匂いを感じて。
勝手に、同じ絶滅危惧種同士としての親近感を抱いているだけなのかもしれませんが。

なんだよ。
俺だけかと思ったら。
ここにいるのは。
一人残らず。
絶滅危惧種らしい。

未だに。
この世界で。
ロックンロールに。
ブルースに。
魅せられて。

しかも。
生の音の。
生の歌の。
その思いが。
大好きで。

土曜の夜だと言うのに。
いつもの様に。
いつもの顔が。
ごく当たり前の様に集まって。
ギネスだ、ジャックだ、ダブルだと。

飲んで。
踊って。
声を枯らして。
頭が真っ白になりそうになりながら。
ロックンロールを、ブルースを感じている。

純粋なのだか。
愚直なのだか。
どちらにしろ。
世界の趨勢とやらからは、とり残されているらしい。
そうさ。絶滅危惧種なのだな。俺達は。

どうやら。
音楽って言うのは。
趣味とやらの一部で。
熱くなるとか、燃えるとか。
そんなものでは無いらしい。

流行りは。
ダウンロードとやらで。
好きな曲だけを。
ヘッドホンで。
一人で楽しむことらしい。

別に。
誰とも。
共有することも。
共感することも。
必要ないらしい。

ましてや。
わざわざ。
部屋から外へ出て。
ライヴなんかに。
行くことなど想像もしないらしい。

酒の匂いも。
煙草の煙も。
人いきれも。
そこに溢れる熱気も。思いも。
そんなものには用は無いらしい。

なるほどね。
俺達は。
確かに。
愚直なまでに。
絶滅への道を歩んでいるらしい。

中でも。
アナログ盤になど。
拘って。
生活も、命も。
賭けている、このロック馬鹿は。

間違いなく。
絶滅への道を。
先頭切って。喜々として。
歩んでいる。
転がっているに違いない。

絶滅危惧種。
まぁ、構わないか。
どうやら人類そのものが。
絶滅の危機に瀕しているのだから。
明るく、楽しく、先頭を切って転がっていってやろう。

ロックンロールと共に。
ブルースと共に。
そいつに憑つかれて。
そいつを愛して。
滅びるなら本望だからな。それでいい。



web拍手 by FC2

|

« 2015/11/06 Fri *独りなのだから / Ron Wood | トップページ | 2015/11/09 Mon *手綱 / Crazy Horse »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/62640354

この記事へのトラックバック一覧です: 2015/11/07 Sat *絶滅危惧種 / George Thorogood And The Destroyers:

« 2015/11/06 Fri *独りなのだから / Ron Wood | トップページ | 2015/11/09 Mon *手綱 / Crazy Horse »