« 2015/11/19 Thu *多義性 / Clarence Gatemouth Brown | トップページ | 2015/11/21 Sat *皿回し稼業も / Them »

2015/11/20 Fri *いつまでも、どこまでも / Stevie Winwood

20151120thebestofsteviewinwood


誰にも。
何かを。
求めはしない。
強いもしない。
何故ならば。

自分も。
何かを。
求められたくはない。
強いられたくもない。
それだけだ。

元より。
怠け者で。
努力とか。
克己とかとは。
無縁だし。

ましてや。
人から。
何かを。
押しつけられるなど。
性に合わないこと、このうえない。

だから。
怠けはするし。
努力はしないし。
克己心など持ちあわせないが。
それだから。

自分の。
歩き方は。
自分の。
行く先は。
自分で決める。その結果は受け入れる。それだけだ。

『The Best Of Stevie Winwood』'67年リリース。
独自の選曲、編集によるオランダ盤のスティーヴ・ウィンウッドのベスト・アルバム。
副題に(With The Spencer Davis Group)とある様に。
実際はスペンサー・デイヴィス・グループのベスト・アルバムなのですが。
ご存じの様に、スペンサー・デイヴィス・グループの売り、人気の源泉は。
天才少年と謳われたウィンウッドの才能、特にその優れた歌唱力によるものだったので。
このアルバム・タイトルは実に的を獲ていると言わざるを得ませんね。
全12曲、総てウィンウッドのリード・ヴォーカルと言う選曲の潔さが清々しくあります。
「Keep On Running」「I’m A Man」「Gimme Some Lovin’」「Somebody Help me」と。
オリジナル・ナンバーでの黒さ、弾け方は最早、語るまでも無いくらい素晴らしく。
「When A Man Loves A Woman」「Georgia On My Mind」と言った超有名曲のカヴァーも臆することなく。
真正面から挑んで。見事に咀嚼して自分の歌として聴かせてしまうウィンウッド。やはり恐るべき、です。
どうにも、時に生真面目が過ぎるのではないかと感じるところもあるウィンウッドなのですが。
この時代は、その生真面目さ故の蒼く、そして黒い疾走感に溢れた精気漲る歌声の素晴らしさが。
そんな些細なことなど問題にならないとばかりに、こちらも巻き込んで熱くさせてくれる。
そこに。不変の魅力があるなと。いつ針を落としても。瑞々しさを失わない。永遠の輝きがあるかなと。
だからなのか。トラフィック以降のウィンウッドも素晴らしいと思うし、好きなのですが。
どうも。あまりにもその才能が早くに開花して、一気に上り詰めてしまったからなのか。
どこか。早くして悟りを開いて老成してしまった様な、その落ち着き方が物足りなかったりもするのかな。
まぁ、いつまでも。どこまでも。駆け抜ける、走り続けるのは無理だとしてもね。
どうしても。この時代のウィンウッドの輝きを求めてしまうのですね。勝手な願いとは重々承知ですけどね。

誰かに。
何かを。
求めるつもりはない。
強いるつもりもない。
何故ならば。

自分も。
誰かに。
求められても知ったことではない。
強いられても知ったことではない。
それだけだ。

元より。
飽き性で。
根性とか。
精神論とかとは。
無縁だし。

ましてや。
人から。
何かを。
期待されるなど。
面倒なこと、このうえない。

だから。
放り出すし。
根性は見せないし。
精神論など聞く耳も持たないが。
それだから。

自分の。
やり方は。
自分の。
闘う場所は。
自分で決める。その結果は受け入れる。それだけだ。

誰が。
何を言おうと。
誰に。
どう見えようと。
知ったことではない。

自分は。
自分の。
歩き方で。
やり方で。
進み続ける。

誰が。
先に行こうと。
誰に。
おいていかれようと。
関するところではない。

自分は。
自分の。
歩き方で。
やり方で。
自分であり続ける。

いつまでも。
どこまでも。
自分なりに。
駆け抜ける。
走り続ける。

落ち着いてたまるか。
物分りなぞよくなってたまるか。
老成なぞしてたまるか。
人格者になぞなってたまるか。
いつまでも。どこまでも。

這い蹲ってでも。
噛みついてやる。
吠えてやる。
天邪鬼のままで。
自分であり続けてやるのだ。



web拍手 by FC2

|

« 2015/11/19 Thu *多義性 / Clarence Gatemouth Brown | トップページ | 2015/11/21 Sat *皿回し稼業も / Them »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/62742994

この記事へのトラックバック一覧です: 2015/11/20 Fri *いつまでも、どこまでも / Stevie Winwood:

« 2015/11/19 Thu *多義性 / Clarence Gatemouth Brown | トップページ | 2015/11/21 Sat *皿回し稼業も / Them »