« 2015/11/25 Wed *駄目だと、いけないと / Suzi Quatro | トップページ | 2015/11/27 Fri *先達 / Jimi Hendrix Experience »

2015/11/26 Thu *老兵は / Ian Hunter

20151126shortbacknsides


どうも。
この時代とか。
この風潮とか。
そんなものは。
好きになれない。

たぶん。
そいつはこっちが。
時代に。
流行に。
追いついていけてない。

そんな部分も。
あるのだろうが。
知ったことではない。
それが流行だから。
そんな時代だから。

それが。
どうした。
そんなもの。
関係ない。
恐れもしない。

流行にも。
時代にも。
変えられない。変わってはいけない。
焦ることのない。
そんなものもあるのだぞと。

老兵は。
ただ。
死には。
しないぞと。
心、静かに決意する。

『Short Back N’ Size』'81年リリース。
『双璧のアウトサイダー』なる邦題が冠されていたイアン・ハンターのアルバム。
双璧ねぇ。おそらくはハンターとミック・ロンンソンを指しているのかな。
確かに一連のハンターのアルバムは、ハンター・ロンソン・バンドのアルバムとも言えますからね。
(原題は、トレードマークだった長髪を切り落としたハンターの姿を意味するのかな・・・)
このアルバムでは、そのロンソンに加えてミック・ジョーンズ、トッパー・ヒードンが参加していて。
ジョーンズに至ってはロンソンと共にプロデュースも担当していて。
ご存じの様にモット・ザ・フープルの大ファンだったジョーンズは夢見心地だったのだろうなと。
他に、ハンターとロンソンが世に出して、当時はミックの彼女だったエレン・フォーリーも参加していて。
1曲のみですが。トッド・ラングレンも参加しています。尤もハンターは気に入らなかったみたいですが。
そんな豪華メンバーを従えて、如何にも'80年代なサウンドをバックに歌うハンター。
このサウンドが曲者で。ミックスがボブ・クリアマウンテンで。豪華な様で安っぽいと。
まさにバブルなサウンドなのですが。我、関せずと己のスタイルを貫くハンターの歌声、その姿勢。
それがアルバム全体を引き締め、地に足をつけ、血の通ったものにしていると。
流石は根っからの反逆者、アウトサイダー足るハンターの真骨頂がここにあると。
ボブ・ディランに憧れて歌い始めたハンターです。浮かれることも流されることもなく、時代と対峙しています。
その最たるものが「Old Records Never Die」で。昔のレコードは決して死にはしない。
音楽は絶えることなく生き続けるのだと。そう歌われるこのナンバーにハンターの思い、心意気を感じるのです。
実はキース・リチャーズやミック・ジャガーよりも年長なハンター。
今も現役で歌い続ける背景には、そんなハンターの筋金入りの反骨精神があるのではないかと。
相棒であるロンソンを失っても尚、闘い続ける老兵の意地、矜持。好きなのですよねぇ。

そうよ。
どの時代でも。
どんな風潮でも。
そんなものとは。
関わりなく。

たぶん。
こっちがそいつに。
時代に。
流行に。
盾突いてでも貫く。

そんなことも。
必要なのだろう。
知らないでは済まされないのだろう。
これが流行だから。
こんな時代だから。

それが。
どうした。
そんなもの。
関係ない。
恐れもしない。

流行にも。
時代にも。
変わらない。変えてはいけない。
燃え尽きることのない。
そんなものもあるのだぞと。

老兵は。
未だ。
死には。
しないぞと。
心、密かに決意する。

老兵は。
死なず。
ただ。
去るのみ。
だとしても。
いつかは。
去るにしても。
残すものは。
遺していくぞと。

この時代にあっても。
この風潮にあっても。
変わらないもの。
忘れてはならないもの。
そいつは刻んでやるぞと。

流行りも。
廃りも。
関係なく。
変えてはならないもの。
そいつは染み込ませてやるぞと。

どうせ。
異端だ。
アウトローだ。
アウトサイダーだ。
今更、恐れるものなどなし。

大切なものは。
絶えることなく。
生き続けるのだと。
老兵は。
最後の闘いに挑むのみなのだ。



web拍手 by FC2

|

« 2015/11/25 Wed *駄目だと、いけないと / Suzi Quatro | トップページ | 2015/11/27 Fri *先達 / Jimi Hendrix Experience »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/62766390

この記事へのトラックバック一覧です: 2015/11/26 Thu *老兵は / Ian Hunter:

« 2015/11/25 Wed *駄目だと、いけないと / Suzi Quatro | トップページ | 2015/11/27 Fri *先達 / Jimi Hendrix Experience »