« 2016/01/07 Thu *風の中 / The Byrds | トップページ | 2016/01/09 Sat *土曜の夜 / Lynyrd Skynyrd »

2016/01/08 Fri *パラノイア / Neil Young

20160108zuma


嫉妬。
執着。
失意。
絶望。
屈辱。

そんなものとは。
無縁でいたい。
無縁でいられればいい。
しかし。当然ながら。
そうはいかない。

誰かが羨ましい。
誰かに惹かれて止まない。
誰かに振り向いてもらえない。
誰かに挑んでも敵わない。
誰かに明らかな敗北を喫する。

それがどうしたと。
簡単に割り切って。
直ぐに立ち直れればいいが。
そんなに強くはできてない。
それでも生きていかなければならない。

だから。
思いのたけを。
言葉にする。
吐き出す。
心の底から絶叫する。

そうして。
また。
歩き出す。
生きていく。
繰り返される確かな予感があっても。

『Zuma』'75年リリース。
何とも脱力してしまうジャケットが印象的なニール・ヤングのアルバム。
アルバム・タイトルはアステカの王の名前からとられたとも、単に海岸の名前とも。
兎に角。一筋縄でいかないと言うか。逆にあまりにも正直と言うか。
『Harvest』の成功で名声を手にしたと思ったら。その潮流に流されるのを嫌って。
全曲、新曲のライヴ・アルバムとか、意味不明な映画のサウンドトラック・アルバムとか。
ことごとく。レコード会社やファンの期待を見事に裏切り続けてきたニール。
このアルバムの前年にはCSN&Yの再結成に参加しながら。さっさと離脱してしまい。
更にその前年にはクレイジー・ホースのダニー・ウィットンとCSN&Yのローディー。
2人の友人を亡くしたショックから。泥酔してレコーディングするもお蔵入りになってと。
(結局は『Tonight’s The Night』としてこのアルバムの前にリリースされましたが)
今に至る、我が道を行くが故の波瀾万丈振りを遺憾なく発揮していたニールですが。
新たにフランク・サンドロペをメンバーに迎えたクレイジー・ホースに触発されたか。
久々に真正面からロックしてみせたのが、このアルバムだったと言えるのでしょうか。
ハードなナンバーにしろ、スローなナンバーにしろ。あの、ニールならではの。
必殺の味のある、ヘタウマなギターが炸裂していて。その快感たるや何とも言えません。
また、それをこれでもかと絶妙に煽るクレイジー・ホース。最強の組み合わせです。
それでもって。離婚直後だったニール。前妻への愚痴や罵詈雑言を連発するかと思えば。
俺は寂しいのだ、愛が欲しいのだと。切々と嘆くと。生々しい叫びに満ちています。
西洋人による先住民の虐殺、支配を歌った「Cortez The Killer」に託して。
支配者、権力の横暴を糾弾した後に。何故か「Through My Sails」ではCSNを迎えて。
爽やかなコーラスで幕を下ろすと。情けなく絶望もし、雄々しく怒りを顕わにもし。
そして達観したかの様に去りゆくと。殆どパラノイア状態ですが。それが故に。
そうでもしなきゃ、そうでもしてでも生きるのだとの覚悟に震わされるアルバムなのです。

優越。
愛情。
希望。
絶頂。
高揚。

そんなものには。
踊らされたくない。
冷静でいられればいい。
しかし。当然ながら。
そうはいかない。

誰かを見下ろす。
誰かを縛り付ける。
誰かに過剰な期待を寄せる。
誰よりも優れていると思う。
誰よりも全治万能だと感じる。

そんなことはしない。
簡単にのぼせない。
いつでも周りが見えていればいいが。
そんなに賢くはできてない。
それでも生きていかなければならない。

だから。
思いのたけを。
言葉にして。
吐き出して。
叩かれて悲鳴を上げる。

そうして。
また。
歩き出す。
生きていく。
繰り返される確かな予感があっても。

嫉妬。
執着。
失意。
絶望。
屈辱。

優越。
愛情。
希望。
絶頂。
高揚。
交互に。
綯交ぜに。
繰り返しながら。
歩いている。
生きている。

綺麗ごとじゃ。
済まされない。
無傷でなど。
いられる筈もない。
取り繕ってもいられない。

だから。
心のままに。
感じたままに。
言葉にして。
吐き出して。

傷つけて。
傷つけられて。
愛して。
愛されて。
どこまでも。いつまでも。繰り返しながら。

パラノイアでも、正直に生き続ける。



web拍手 by FC2

|

« 2016/01/07 Thu *風の中 / The Byrds | トップページ | 2016/01/09 Sat *土曜の夜 / Lynyrd Skynyrd »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/63029695

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/01/08 Fri *パラノイア / Neil Young:

« 2016/01/07 Thu *風の中 / The Byrds | トップページ | 2016/01/09 Sat *土曜の夜 / Lynyrd Skynyrd »