« 2016/01/19 Tue *いつの日か / Phillip Walker | トップページ | 2016/01/21 Thu *名優たれ / Son House »

2016/01/20 Wed *君の名を呼ぶ / Buster Brown

20160120thenewkingoftheblues


君の名を呼ぶ。
それで。
どうにかなるとは。
思わない。
応えてもくれないだろう。

それでも。
君の名を呼ぶ。
呼び続ける。
その行為そのもので。
己が平衡を保つ。

いま。
ここで。
この。
追い込まれたかの。
状況で。

それでも。
未だ野望は捨てきれない。
新たな力と。
新たな手法で。
生き残らなきゃならない。

その為には。
権力とやらを。
利用することも。
獲ることも。
必要となってくる。

意にそぐわなくても。
疑いを抱いていても。
手段として。
割り切るしかない。
それは百も承知でも。

平衡が崩れそうになる。
己を見失いそうになる。
だから。
応えが無かろうと。
君の名を呼ぶ。

『The New King Of The Blues』'60年リリース。
ジョージア出身のブルース・シンガーにしてハーピスト、バスター・ブラウン。
'40年代から録音の機会に恵まれながら。なかなか陽の目を見なかったブラウン。
'59年に意を決してニュー・ヨークヘと進出。幸運にもレコード会社の目に留まり。
吹き込まれ、シングルとして発売したら大ヒットとなったり、一世一代の大傑作となったと。
そのナンバーが「Fannie Mae」で。愛しの可愛いメイに、切々と訴える内容なのですが。
それを何とも、乗りのよいビートに乗って陽気に歌って。ストーンズがまんまパクってオリジナルとして発表したと。
(「The Under Assistant West Coast Promotion Man」を聴いてみれば、まぁ言い訳できないかな)
それくらいにその爆発的な影響力は凄まじくてR&Bチャートのみならず。
ポップ・チャートのTOP50位圏内にもチャート・インして。その後も同様のナンバーを連発。
そこそこの成績を残して。一気にニューヨーク・ブルース・シーンの新たな王様になったと。
そんな昇り調子の、イケイケの、躁状態のブラウンの姿を捉えたアルバム。御機嫌なんですよね。
この徹底した、陽気でジャンプする感覚。行ける時に行けるところまで行ってしまえと。
そんな腹の括り方。それがちっとも悲壮感を漂わせずに、ひたすら陽気に謳い上げているとろがね。
幾らなんでも調子に乗りすぎ、緩くないか、ワン・パターンだろうと感じさせながらも。
その豪気な陽気さ、楽しさに乗せられてしまうとね。はいはい。もう言ううことはありませんよと。
只管に、何も考えずに一緒にドンチャン騒ぎして楽しもうと、そう感じざるを得ないのです。
しかしながら。そんな絶頂期にあっても一抹の不安はあったらしく。
ブルースのナンバーではよく使われるメイという女性の固有名詞を使って語りかける「Fanny Mae」が。
既に。歌詞としては。思えの名を呼んでも返答も無い。頼むから帰って来てくれよなんてもので。
そこに一抹の不安を既に感じていたのだろうなと感じざるを得ないのです。
実際に、絶頂期は続かず。このアルバムを制作したファイアとの契約が切れてからは凋落の一途。
何度か。再起を図るも。再び陽の目を見ることは無く。'76年に亡くなる頃には忘れ去られていたと。
それを思うと。愛しきメイ嬢に呼びかけた。その時から不退転の決意と覚悟があったのだろうなとね。

君の名を呼ぶ。
それで。
どうになるとも。
思わない。
応えてくれなくて当然。

それでも。
君の名を呼ぶ。
呼び続ける。
その心の叫びそのもので。
己が覚悟を確かめる。

いま。
ここで。
この。
退路を断たれつある。
状況で。

それでも。
未だ希望は捨てきれない。
新たな術とと。
新たな策略で。
生き伸びなきゃ/ならない。

その為には。
権威とやらを。
楯にすることも。
示すことも。
必要となってくる。

意に反していようが.。
疑いが確信に限ろうが。
利用させて貰って。
割り切るしかない。
それは百も承知でも。

平衡が崩れそうになる。
己を見失いそうになる。
だから。
応えが無かろうと。
君の名を呼ぶ。

君の名を呼べば。
その名を口にすれば。
それだけで。
己が中の。
何かが緩む。

君の名を呼べば。
その名を思い浮かべれば。
しれだけで。
己が中の。
何かが氷解する。

君の名を呼べば。
その一音、一音が。
その響きが。
己の中の。
何かを引き戻してくれる。

君の名を呼べば。
そこに漂う匂いを思えば。
その引力が。
己を基の世界で。
包んでくれる。

君の名を呼ぶ。
それで。
どうにかなるとは。
思わない。
応えてくれなくてもいい。

君の名を呼ぶ。
己が平衡が保たれる。
それだけでいい。
だから。お願いだ。許して欲しい。
君の名を呼ぶ。



web拍手 by FC2

|

« 2016/01/19 Tue *いつの日か / Phillip Walker | トップページ | 2016/01/21 Thu *名優たれ / Son House »

003 Blues,Rhythm & Blues」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/63105167

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/01/20 Wed *君の名を呼ぶ / Buster Brown:

« 2016/01/19 Tue *いつの日か / Phillip Walker | トップページ | 2016/01/21 Thu *名優たれ / Son House »