« 2016/01/28 Thu *ここは / Thin Lizzy | トップページ | 2016/01/30 Sat *面白いんじゃないの / The Rolling Stones »

2016/01/29 Fri *穴があったら、風が吹いたら / The Searchers

20160129itsthesearchers


穴があったら。
入りたい。
なんてことに成らぬ様に。
穴があったら。
入れたい。

兎に角。
穴があったら。
穴が空いていたら。
何が何でも。
入れなきゃならない。

入れて。
埋めて。
総てが円滑に。
動きが潤滑に。
誰もが幸せに。

そいつを。
成し遂げることが。
その為に。
知恵を絞って。
動かすことが。

与えられた。
使命なのだ。
突然、空く。
思わぬところで、空く。
見逃してはならない。

だから。
穴があったら。
入れたい。
その心意気で。
挑むのだ。

『It's The Searchers』'64年リリース。
ビートルズと同郷、リヴァプール出身のサーチャーズの英国での3rdアルバム。
デビュー直後からシングル・ヒットを放ち、アルバムもチャートの上位に進出と。
リヴァプール出身のバンドとしては珍しく、ビートルズに続くことが出来たと言う。
ビートルズや、ストーンズほどには黒くもなく。さりとて。
ジェリー&ペースメイカーズやハーマンズ・ハーミッツほどには真っ白でもない。
その程よさ加減が受けたのでしょうかね。デイヴ・クラーク・ファイヴと似た位置づけかな。
このアルバムにも「Needles And Pins」「Don't Throw Your Love Away」と。
2曲の全英チャートのトップに入ったナンバーが収められていて。
このアルバム自体も全英4位にまでチャートを駆け昇っています。なかなかのものです。
面白いのは。当時、英国ではシングル・ヒット曲はオリジナル・アルバムには収録しない・・・
それが普通だったのですが。それとは異なる戦略を採っていることで。
この辺りは、正直に言えばサーチャーズの実力、魅力がどう評価されていたかがわかるかな。
さて。デル・シャノンが手掛けた「Needles And Pins」、サーチャーズを代表するナンバー。
ところが、このナンバーを巡っては実は一悶着があった模様で。
それまで主にリード・ヴォーカルを担っていたのはトニー・ジャクソンだったのですが。
「Needles And Pins」はレコード会社の判断で声質が合うマイク・ベンダーが歌ったと。
これに対してジャクソンが臍を曲げたらしく。アルバム全体でも1曲しか歌っていないと。
結果、このアルバムを最後にジャクソンが脱退。以後はベンダーがリード・ヴォーカルにと。
適材適所と人は簡単に言うけれど。組織の思惑と個人の思い、意向は必ずしも一致しない。
それでも、穴を空けるとか、風に飛ばされるとかは許されない。音楽業界も例外ではないと。

風が吹いたら。
飛ばされる。
なんてことに成らぬ様に。
針でもピンでもあったら。
挿したい。

兎に角。
風が吹いても。
飛んでいかない様に。
何が何でも。
挿さなきゃならない。

挿して。
留めて。
総てが円満に。
動きが心地よく。
誰もが気持ちよく。

そいつを。
果たすことが。
その為に。
策略を練って。
動いてもらうことが。

課せられた。
任務なのだ。
突然、飛ぶ。
思わぬところで、飛ぶ。
手をこまねいていてはならない。

だから。
針でもピンでもあったら。
挿したい。
その心意気で。
臨むのだ。

一丸となって。
団結して。
協力し合って。
譲り合って。
そうは言っても。

実のところは。
一人、一人。
思惑も。
意向も。
十人十色。

百人ともなれば。
百人百色。
一人一人に配慮しながら。
決める時には。
遠慮はなしで決めきるのみ。

あの子がほしい。
あの子じゃわからん。
相談しましょう。
そうしましょう。
それで八方丸く収まればいいけれど。

そうはいかない。
そうなれば。
相談が依頼になり。
依頼が指示になる。
入れなきゃ、挿さなきゃしかたない。

穴があったら。
入れたい。
挿したい。
まぁ、別の話では。
まさしく望むところなのだけど(笑)



web拍手 by FC2

|

« 2016/01/28 Thu *ここは / Thin Lizzy | トップページ | 2016/01/30 Sat *面白いんじゃないの / The Rolling Stones »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/63146172

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/01/29 Fri *穴があったら、風が吹いたら / The Searchers:

« 2016/01/28 Thu *ここは / Thin Lizzy | トップページ | 2016/01/30 Sat *面白いんじゃないの / The Rolling Stones »