« 2016/01/30 Sat *面白いんじゃないの / The Rolling Stones | トップページ | 2016/02/01 Mon *誘惑との・・・ / The Temptations »

2016/01/31 Sun *面倒な奴等 / Paul Jones

20160131lovemelovemyfriends


全く。
自分でも。
困ったものだと。
思うと言うか。
扱いかねると言うか。

頑固で。
我侭で。
癖が強くて。
天邪鬼で。
持て余すと言うか。

付き合いたくない。
付き合いきれない。
こんな面倒くさい奴は。
友達になんかしたくない。
自分なんて人間はね。

でも。
まぁ。
それが。
それら総てが。
自分だからね。

付き合うと言うか。
扱うと言うか。
受け容れると言うか。
自分で自分を。
好きになるしかない。

先ずは。
そこから。
そいつから。
この世界と。
向き合おうと思うならね。

『Love Me Love My Friends』'67年リリース。
マンフレッド・マンの初代ヴォーカリストだったポール・ジョーンズ。
そのポールの恐らく2枚目のソロ・アルバム・・・だったと思います。
このジャケットがポールと、そのフレンズなのでしょうかね。
可愛いと言うか、不気味と言うか・・・不気味ですよね。やっぱり。
さてと。マンフレッド・マン時代はそのソウルフルなヴォーカルが。
ブルージーでジャージーなサウンドとの絶妙なアンサンブルを生んでいたポール。
確か。もともと。R&B志向が強くて。そんなポールが。
ジャズ志向のバンドに加わったことによってマンフレッド・マンの個性が生まれたと。
そうなのですが。独立してソロになってからは。相変わらずソウルフルでありながら。
R&Bだけに拘らずより幅広いジャンルの楽曲に挑む様になっていって。
それは、まぁトラッドだったり、ポップスだったり、ヴォードヴィルだったりと。
ちょいとばかり手を広げ過ぎて。焦点がぼやけてしまったかなと。感じもしますが。
このアルバムでは。それらを組み合わせることによって。一編の物語に仕立てている。
そう思わせるところもあって。改めてポールの幅広い表現力に感心したりして。
どうも。過小評価されがちなポールのヴォーカリスト、アーティストとしての実力。
それがより幅広い世界で開花している様に思われて。何だか嬉しくなってしまいます。
英国固有の芸能の世界で活躍することができるだけの表現力の持ち主だったのだとね。
それでも「Bony Moronie」とか「Charlie Brown」辺りの“黒さ”が一番らしくて。
ポールの歌声にも一際張りがあるのは。まぁ、三つ子の魂百までもってとこですかね。
何にしろ。異彩のヴォーカリストによる愛すべきアルバムではありますね。

全く。
自分でも。
厄介なものだと。
思うと言うか。
取扱注意と言うか。

曲者で。
気儘で。
よそ見ばかりで。
言うこときかなくで。
手に余ると言うか。

付き合いたいかと訊かれたら。
付き合いたくないと答える。
こんな面倒くさい奴とは。
友達になんかなりたくない。
自分なんて人間とはね。

でも。
まぁ。
それでも。
それらひっくるめての。
自分でしかないからね。

付き合うと言うか。
手懐けると言うか。
受け容れると言うか。
自分は自分を。
好きになるしかない。

先ずは。
そこから。
そいつから。
この世界と。
闘おうと思うならね。

そもそも。
この世界と。
意識して向き合おう。
闘おう。
その発想からして。

何と言うか。
困ったもので。
手におえなくて。
厄介で。
面倒なのだけど。

何も。
考えずに。
何も。
感じずに。
生きていられればいいのに。

それが。
楽で。
一般的で。
困らなくて。
いいのだろうけど。

感じちゃって。
考えちゃって。
そうしたら。
隠しておけない。
言わずにはいられない。動かずにはいらえない。

納得いかねぇ。
腑に落ちねぇ。
腹が収まらねぇ。
そいつを。
そのままにしてはおけねぇ。

面倒くさいね。
うざったいね。
でも。
そんな奴が。そんな奴等が。
いないと。誰かのいいようにされるかもな。

だから。
面倒くさくても。
自分を。
仲間達を。
好きになろう。信じよう。愛しよう。

一緒にしないでくれって、か(笑)。



web拍手 by FC2

|

« 2016/01/30 Sat *面白いんじゃないの / The Rolling Stones | トップページ | 2016/02/01 Mon *誘惑との・・・ / The Temptations »

001 British Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/63153861

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/01/31 Sun *面倒な奴等 / Paul Jones:

« 2016/01/30 Sat *面白いんじゃないの / The Rolling Stones | トップページ | 2016/02/01 Mon *誘惑との・・・ / The Temptations »