« 2016/02/04 Thu *出逢いと別れ今日も重ねる / Bobby Womack & The Valentinos | トップページ | 2016/02/06 Sat *簡単なこと / Linda Ronstadt »

2016/02/05 Fri *二律背反にして / Sam Cooke With The Soul Stirrers

20160205thebestofsamcookewiththesou


右手を差し出して。
握手をしながら。
左手で匕首を抜いて。
脇腹に突き付けよう。
微笑みながら冷や汗をかかせよう。

追い込むのが。
追いつめるのが。
務めならば。
笑顔で油断させておいて。
断崖に立たせるのだ。

優しい言葉。
美味しい餌。
語り掛け。
見せつけて。
誘いをかけて。

話に乗せよう。
首を突っ込ませよう。
舞台に上げたら。
脚本通りに。
奈落の端に導こう。

後は。
軽く。
背中を。
押してやるだけ。
それだけでいい。

笑顔と。
甘言で。
ひょっとしたら。
落ちる先は。
天国かもと思わせたまま。

『The Best Of Sam Cooke With The Soul Stirrers』'82年リリース。
サム・クック、その若き日、ソウル・スターラーズ時代のベスト・アルバム。
権利関係に問題があったのか。それともこの時代のサムの人気が高かったのか。
当時の日本ではソウル・スターラーズ時代が、ソロ転向後より数多くリリースされていて。
遂には日本独自でベスト・アルバムが編集されたと。それがこのアルバムなのです。
‘51年のサムのソウル・スターラーズでの初めての録音となった4曲を始めとして。
‘57年にソロとして独立し、ソウル・シンガーになるまでに歌い録音されたナンバー。
ゴスペル・シンガーとしてのサムの姿、素晴らしさを見事に浮き上がらせたアルバムです。
その影響力の大きさにおいて、他のソウル・シンガーの追随を許さないサム。
数多の後に続いたソウル・シンガー達の目標であり、憧れであり、アイドルだったサム。
その最大の魅力、その凄味は。優雅さと荒々しさ、温かさと冷たさが共存しているところ。
それを一枚のアルバム、一曲の中にさり気なく同居させて。気づかせないところにあると。
そう思っているのですが。要は天使の様に微笑みながら悪魔の様に冷酷な仕打ちを下す。
そんな二律背反的なものがサムの歌声には潜んでいて。時に背筋が寒くなるのですが。
その天使の側面は、ソウル・スターラーズ時代に培われたもので。
先達から学び、盗みながら。ファルセットや、時にヨーデルをも思わせる唱法を駆使して。
サム独自のスタイルが成立していく過程もこのアルバムには捉えられています。
一方で。やはりゴスペルでは。その楽曲や歌詞には限界があって。
それでも凄いのですが。それを超えようとするのなら、抜けるしか、転向するしか無かった。
それも感じられます。天使としての階段を上り詰めたサムは。いよいよ悪魔としての道へ。
それを選ぶことができたのも。この段階で天使としては極めていたからだと。
そう思わせる甘く美しいサムの歌声。未だ酔っていられる・・・否、既にその中に恐ろしさの片鱗があるかな・・・
もう。この頃からサムの戦いは始まっていた。唯一無比の怪物は産声を上げていたのだな。

右手で肩を抱いて。
抱き寄せながら。
左手で匕首を抜いて。
首筋に突き付けよう。
微笑みながら脂汗を流させよう。

追い込んででも。
追いつめてでも。わからせる。それが。
使命ならば。
笑顔で懐柔しておいて。
断崖絶壁に臨ませるのだ。

美味しい話。
ぶら提げる人参。
耳に入れ。
目に入れ。
惑わせて。

話で持ち上げ。
首根っこを押さえて。
舞台に上げたら。
脚本通りに。
奈落の端に導こう。

後は。
軽く。
背中を。
押してやるだけ。
それだけでいい。

笑顔と。
甘言で。
ひょっとしたら。
落ちる先は。
極楽かもと思わせたまま。

静と濁。
聖と俗。
微笑みと冷笑
抱擁と拒絶。
天使と悪魔。

それらは。
二律背反にして。
表裏一体なのだ。
己が意思を。
己が志向を。

通したいなら。
貫きたいなら。
それで。
動かしいたいなら。
操りたいなら。

飛びっきりの。
親愛の情の裏に。
匕首を隠し持て。
柔らかい表情の裏に。
怜悧な本音を隠し持て。

そこまでして。
初めて。
動かせる。
操れる。
伝えられるものもある。

それを。
成さねばならぬと信じるならば。
己を殺してでも。
天使と悪魔を。
己が内に誕生させるのだ。同居させるのだ。



web拍手 by FC2

|

« 2016/02/04 Thu *出逢いと別れ今日も重ねる / Bobby Womack & The Valentinos | トップページ | 2016/02/06 Sat *簡単なこと / Linda Ronstadt »

004 Soul,Funk,Jazz」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/63173061

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/02/05 Fri *二律背反にして / Sam Cooke With The Soul Stirrers:

« 2016/02/04 Thu *出逢いと別れ今日も重ねる / Bobby Womack & The Valentinos | トップページ | 2016/02/06 Sat *簡単なこと / Linda Ronstadt »