« 2016/02/06 Sat *簡単なこと / Linda Ronstadt | トップページ | 2016/02/08 Mon 変拍子 / Talking Heads »

2016/02/07 Sun *いつかの夜、この夜 / Eagles

20160207oneofthesenights


いつかの夜。
この夜。
また。
いつかの夜。
その夜。

その。
繰り返し。
その。
連鎖。
そうである様に。

いつかの夜。
胸に抱いた思い。
熱く燃えたもの。
激しく滾ったもの。
打ち震えたもの。

そんなものに。
出会った夜。
そんなものと。
共にあった夜。
忘れ難き夜。

それが。
この夜。
再び訪れて。
熱く。激しく。
震わされる。

そんな夜が。
また。
いつの日か。
再びと。
早くも願う夜。

『One Of These Nights』'75年リリース。
『呪われた夜』の邦題で知られるイーグルスの4thアルバム。
邦題は多分にこの呪術的とも言えるジャケットのイメージに引っ張られたかな。
エンボス加工の施されたその丁寧な仕事はアナログ盤の大きさでこそ価値があると。
まぁ、そのジャケットが象徴している様に。確かに従来に比較して暗く、重く。
そんなイメージを新たにそのサウンドに得たアルバムではあるのかな。
正式にメンバーとなったドン・フェルダーのギターが全編に渡って活躍していて。
入れ替わる様にバーニー・レドンの出番が激減していると。
そう。イーグルスが完全に生まれ変わって次の段階へと羽ばたいたアルバム。
もっと言ってしまえば。今までとは異なるバンドへと生まれ変わったアルバムかな。
確かに。重厚さを増したそのサウンドと、変わらずに美しいコーラスとの対比。
それが闇も光もよりクッキリとさせ。輪郭が明確になり。実にロックなアルバムだなと。
そのカッコ良さは認めつつも。それ以前のサウンドに対する郷愁も残るかな。
しかし。既に勝手の民主的なバンドでは無く。グレン・フライトドン・ヘンリー。
その2人がリーダーとして実験を握り。より高いところを目指し始めた時点で。
その日は、その夜は、いつか来るべきものであって。それがこのアルバムだったと。
そして。「One Of These Nights」「Lyin' Eyes」「Take It To The Limit」が大ヒットして。
アルバムも全米1位となり。いよいよ米国を代表するバンドになり、目標は達成されたと。
その意味で。ここが、このアルバムがイーグルスのキャリアに於ける頂点だったかなとも。
何故なら。イーグルスには、二度とその夜は訪れなかった。呼び寄せられなかった。
一般的は傑作と称される『Hotel California』はイーグルスそのものが既に。
その活力も、その源泉たる精神をも失ってしまったことの吐露に異ならないと感じられて。
その正直な吐露が故に傑作と呼ぶことも可能なのでしょうけどね・・・

この夜。
いつかの夜。
また。
いつかの夜。
その夜。

その。
巡りあい。
その。
輪廻。
そうである様に。

いつかの夜。
胸に溢れた思い。
熱く焦がれたもの。
激しく昂ったもの。
優しく慰撫されたもの。

そんなものに。
巡り会えた夜。
そんなものと。
共に生きた夜。
忘れ得ぬ夜。

それが。
この夜。
再び訪れて。
熱く。激しく。
慰撫される。

そんな夜が。
また。
いつの日か。
再びと。
早くも願う夜。

この夜も。
あの夜も。
いつかの夜。
だけど。
特別な夜。

この夜も。
その夜も。
いつかの夜。
だけど。
特別な夜。

こんな夜を。
何度か。
何度も。
過ごしてこられた。
幸せを噛みしめ。

そんな夜が。
何度か。
何度も。
これからも過ごしたいと。
強く願う。

いつかの夜。
それが。
あの夜に。
この夜に。
その夜に。

特別な夜に。
変わる。
そんな夜が。
いつかの夜が。
繰り返し、巡りあい。訪れ、巡り会えんことを。



web拍手 by FC2

|

« 2016/02/06 Sat *簡単なこと / Linda Ronstadt | トップページ | 2016/02/08 Mon 変拍子 / Talking Heads »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/63183365

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/02/07 Sun *いつかの夜、この夜 / Eagles:

« 2016/02/06 Sat *簡単なこと / Linda Ronstadt | トップページ | 2016/02/08 Mon 変拍子 / Talking Heads »