« 2016/02/08 Mon 変拍子 / Talking Heads | トップページ | 2016/02/10 Wed *彼等の未来 / Steve Miller Band »

2016/02/09 Tue *どうにもならない恋の歌 / Nazz

20160209nazz


そうさ。
そうだよ。
いつだって。
君を思っているんだ。
そう。出逢ったあの日から。

あの日。
あの時。
あの瞬間。
僕は。
恋に落ちたんだ。

そうさ。
そうだよ。
いつだって。
君を見ているんだ。
そう。出逢ったあの日から。

あの日。
あの時。
あの瞬間。
僕は。
恋に落ちたのだから。

ひと時も。
君を忘れたことなんか無いんだ。
君を思わなかったことは無いんだ。
そう。きっと。
君は気づいていなかっただろうけど。

あの日から。
あの時から。
あの瞬間から。
僕は。
恋に落ちたままなのだから。

『Nazz』'68年リリース。
奇才にして変人、トッド・ラングレンが結成したナッズ。
その才能を見込んだ人物に依って創立されたレーベルからの1stアルバム。
(その人物はモンキーズを売り出した人物でもあったとか・・・)
トッドの名が世間に知れ渡るのはずっと後の事なのですが。
既にこの頃から、その才能に気付く勘の鋭い人間はいたと言うことなのですね。
何でもブリティッシュ・ビートに対抗するアメリカからの回答として名高い・・・
そんな位置づけをされているアルバムなのですが。ちょっと待てよと。
時代がおかしくないかと。'68年ですからね。フラワー・ムーブメントも始まって。
サイケデリックだ、ハード・ロックだとの時代です。そこにこのポップなサウンド。
そこが如何にもトッドらしいなと。時代に敏感な様でいて。実は自身の嗜好に忠実で。
それに合わないものには見向きもしない。そこがトッドのトッドたる所以ではないかと。
後にプロデューサーとしても引っ張りだこになるトッドですが。必ずしも万能ではなくて。
合う、合わないがハッキリと分れると。そうその場面でも自身の嗜好を優先してしまうと。
ですから。奇才であることは否定しないものの。変人でもあるかなと感じられるのです。
さて。このアルバム。もう前面にトッドの嗜好、趣味が出ていて。所謂パワー・ポップ。
その元祖とも言えるサウンドとメロディー。軽快で、ポップで、キャッチーで、キッチュで。
そして。もうどうしようもないくらいセンチメンタルだったりするのですね。
まぁ、ブリティッシュ・ビートに対抗しているがゆえに(笑)、後のソロやユートピア。
それらと比較するとビートが強調されていて。ガレージな側面も感じられますけどね。
そしてあの名曲「Hello It's Me」が実はこのアルバムで披露されていて。
後年の『Anything / Something?』でのヴァージョンと聴き比べるのも面白いかなと。
このどうしようもなく美しく、でも情けない恋の歌を壮大に展開してみせる、トッドの感性。
ある種のオタク、偏執狂とも言えるのですが。だからこそ、その切なさが胸を打つのかなと。
結局ナッズでは3枚のアルバムを制作するも。商業的な成功には至らずに。そして。
プロデュース稼業も務めながら名を上げて、渾身のアルバム『Anything / Something?』で。
再度採り上げた「Hello It's Me」・・・多彩なトッドの本質が凝縮されたナンバーかなと。

そうさ。
そうだよ。
いつだって。
君を感じているんだ。
そう。出逢ったあの日から。

あの日。
あの時。
あの瞬間。
僕は。
恋の魔法にかかったんだ。

そうさ。
そうだよ。
いつだって。
君を呼んでいるんだ。
そう。出逢ったあの日から。

あの日。
あの時。
あの瞬間。
僕は。
恋の魔法にかかったんだから。

ひと時も。
君を忘れることなんて出来なかったんだ。
君を思わずにはいられなかったんだ。
そう。きっと。
君は今も半信半疑なんだろうけど。

あの日から。
あの時から。
あの瞬間から。
僕は。
魔法にかかったままなのだから。

ねぇ。
今夜も。
君を思っているんだ。
この思いが。
届かなくてもね。

ねぇ。
今夜も。
君を見ているんだ。
視線に。
気づいてくれなくてもね。

ねぇ。
今夜も。
君を感じているんだ。
君は。
感じてくれなくてもね。

ねぇ。
今夜も。
君を呼んでいるんだ。
この声が。
届かなくてもね。

あの日。
あの時。
あの瞬間。
恋に落ちて。
恋の魔法にかかって。

それから。
ずっと。
離れていても。
隣にいても。
僕は君の傍にいるんだ。

それから。
ずっと。
遠くにいても。
近くにいても。
僕は君の心の扉をノックしているんだ。

ほら。
ここだよ。
ここにいるよ。
僕だよ。
僕はここにいるよ・・・

どうにもならない恋の歌。



web拍手 by FC2

|

« 2016/02/08 Mon 変拍子 / Talking Heads | トップページ | 2016/02/10 Wed *彼等の未来 / Steve Miller Band »

002 American Rock」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/188094/63194709

この記事へのトラックバック一覧です: 2016/02/09 Tue *どうにもならない恋の歌 / Nazz:

« 2016/02/08 Mon 変拍子 / Talking Heads | トップページ | 2016/02/10 Wed *彼等の未来 / Steve Miller Band »